最新記事
パレスチナ

イスラエルにも受け入れ可能な「ガザ戦争」の和平のシナリオ...水面下で動き出した「希望」への道筋

Reason for Hope in Gaza

2024年2月22日(木)17時21分
ダン・ペリー(ジャーナリスト)、ギレアド・シェール(1999年の和平交渉のイスラエル代表)
サウジアラビアを訪問したジョー・バイデン米大統領

ジョー・バイデン米大統領は中東の安定化を目指し、2022年7月にサウジアラビアを訪問した AP/AFLO

<イスラエルとパレスチナ双方が受け入れ可能な「2国家共存」に向けた具体的プロセスがひそかに策定されている>

イスラエルは昨年10月7日に起きた虐殺のショックで今も大揺れに揺れ、パレスチナ自治区ガザは瓦礫の街と化し、この地を実効支配するイスラム組織ハマスは人質の解放を拒み続けている。この状況では中東の明るい未来など描けそうにない。

しかしメディアは伝えていないものの、水面下では和平への道筋を探る動きがあり、希望を持っていい理由がある。

ここで紹介したいのは、イスラエルとパレスチナ、西側の専門家がこの数週間協議を重ねて策定した和平の枠組みだ。協議に参加した人たちは全員ではないが大半が元官僚で、過去の和平交渉に関わった顔触れもいる。非常に繊細なプロセスの進行を妨げないよう協議に加わった人たちの実名は伏せるが、策定された枠組みは早晩何らかの形で公式に受け入れられると私たちは確信している。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相率いるイスラエルの現政権はこの枠組みを突っぱねるだろうが、政権が交代すればイスラエルにとっても十分に受け入れ可能な内容になっている。現在、欧州各国の政府と米議会が中身を精査中で、近く米政府高官にも詳細が提示される予定だ。

ネタニヤフはハマスの奇襲を防げなかったばかりか、過去1年にわたってはプーチン式の強権支配を固めようとして失敗し、狂信的な極右頼みの政権運営も災いして、その政治生命は風前の灯火となっている。今のところネタニヤフが和平プロセスの進展を妨げているが、失脚は時間の問題だろう。

慎重ながらも今後を楽観視できる大きな理由は、穏健なアラブ諸国が以前からイスラエルとの和解の可能性を探っていたことだ。イスラム教スンニ派諸国の支配層の間では「中東の未来はイスラエルを組み込んだ地政学的構造の構築にある」との見方がコンセンサスになりつつある。

テロの脅威をなくす

このコンセンサスは何年も前から形成されつつあったが、ガザ戦争をきっかけに明確な輪郭を持った。2020年の「アブラハム合意」では、米政府の仲介でアラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンがイスラエルと国交を回復した。サウジアラビアはパレスチナ国家の樹立が先決だとして、これに加わらなかったが、その立ち位置は変わったようだ。

専門家チームが策定した和平の枠組みは、交渉の前提としてサウジアラビアなどアブラハム合意に加わらなかったアラブ諸国にイスラエルとの国交正常化に合意することを求めている。一方でイスラエルにも国交正常化と引き換えに、パレスチナ国家の樹立を認めるよう要求している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中