最新記事
教育

学校の宿題が多い日本と少ないフランス......教育にはどちらがいいのか?

2023年11月22日(水)12時00分
舞田敏彦(教育社会学者)
宿題をやらない子

主要国では日本、ドイツ、アメリカで宿題の出る回数が多い Brian A Jackson/Shutterstock

<毎日宿題が出るクラスは主要国では日本が最も多いが、宿題にかかる時間を見ると日本より多い国もかなりある>

学校の長期休暇中は、宿題が出される。そのねらいは、前学期に習ったことの定着、または生活のリズムを整える、というものだろう。休みとはいえ、勉強の習慣が崩れてしまうのは困る。毎日、一定時間は机に向かってほしい。こういう思いから、長期休暇には宿題が出されている。

ただ宿題は学習指導要領で規定されているものではなく、出すか出さないかは各学校、あるいは担任教師の任意だ。休み中は色々な体験をしてほしいという願いから、宿題は最小限、いや撤廃している学校もあるだろう。バカンスの国フランスでは宿題など出ない、という話も聞く。


国際教育到達度評価学会(IEA)の理数系の国際学力調査「TIMSS 2019」では、小学校4年生の担当教員に対し「週当たり、算数の宿題をどれくらいの頻度で出すか」たずねている。日本の教員の回答を見ると、「毎日」という回答が59%と最も多い。「そうだろう」という印象だが、他国の教員の回答は違っている。<図1>は、日韓と欧米諸国の結果をグラフにしたものだ。

data231122-chart01.png

どの回答が最も多いかは、国によって異なる。日本と同じく「毎日」が最多なのはドイツで、宿題を重視しているようだ。

フランスは、「出さない」という回答が35%と最も多いが、他の選択肢にも回答が分散していて、出す教員もいれば出さない教員もいる。子どもによかれと思うなら出す、そうでないなら出さない。教員の裁量に幅があり、お国柄を感じさせる。

階級値(出さない=0、週1回未満=0.5、週1、2回=1.5、週3、4回=3.5、毎日=5)を使って、週に宿題を出す回数の平均値を計算すると、日本が3.9回、韓国が1.1回、アメリカが2.7回、ドイツが3.7回、フランスが1.5回、スウェーデンが0.6回、スペインが2.3回となる。主要国の中では、日本が最も多い。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中