最新記事

英王室

女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

Why Prince Harry Did Not Salute Queen Elizabeth's Coffin During Procession

2022年9月16日(金)17時26分
キャサリン・アルメシン

女王の棺の前に並ぶ王室メンバー(9月14日) Dan Kitwood/Pool via REUTERS

<女王の葬儀にまつわる一連の行事では父や兄とは違って軍服の着用を認められず、「敬礼」ではなく「お辞儀」しかできない>

9月9日の英エリザベス女王の死去後、その孫にあたるサセックス公ヘンリー王子とメーガン夫人が様々なニュースで世間を騒がせている。10日にウィンザー城で弔問客の前に姿を現したときには、メーガン妃の喪服に不自然なふくらみがあるとして「番組で使うために録音機を隠し持っている」との疑惑が浮上した。

■【写真】メーガン妃が「隠しマイク」を持っている証拠とされる写真

また14日に、女王の棺がバッキンガム宮殿から王室のメンバーに付き添われてウェストミンスターホールへと運ばれた後、短い礼拝を終えてホールを退出する際にヘンリー王子が女王の棺に敬礼しなかったことも注目を集めた。その時の服装も、軍服姿だったチャールズ国王やウィリアム皇太子とは違い、ヘンリー王子とヨーク公アンドルー王子は、モーニングスーツを着用していた。

■【動画】父や兄とは違って軍服を着ず敬礼もしなかったヘンリー

これには理由があり、USウィークリー誌はヘンリー王子らは「プロトコル(儀礼)」に従っただけだと報じている。すでに公務を退いている2人の王子には軍服の着用が認められないため、モーニングスーツを着用し、女王の棺に対しては頭を下げるジェスチャーのみが許されると決定されたということだ。

新国王チャールズ3世やアン王女、エドワード王子やウィリアム皇太子を含むその他の王室メンバーは、いずれも軍服姿でバッキンガム宮殿からウェストミンスターホールへの行進に参加し、女王の棺に敬礼のポーズを取った。

軍服の着用はなしと声明を発表

ヘンリー王子は女王の国葬に伴う全ての儀式において、軍服の着用を許可されなかった。一方のアンドルー王子については、ウェストミンスターホールで通夜の儀式が行われる際のみ、「特別な経緯の印として」軍服の着用を許可すると、バッキンガム宮殿が確認している。

ある情報筋(匿名)は米ニュースサイト「ページ・シックス」に対して、ヘンリー王子は「軍服を着用できず悲しんでいた」と語った。ヘンリー王子は声明を発表し、軍服を着用しないことを認めている。

ヘンリー王子の広報担当者は、王子とメーガン妃の評伝『自由を求めて』の共著者であるオミッド・スコビーに対して、次のように述べた。「ヘンリー王子は、祖母を称える一連の行事ではモーニングスーツを着用する。王子の10年間の軍務は、彼が身に着ける制服によって決まるものではない。女王陛下の人生とレガシーに焦点を当てるようお願いしたい」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア軍に「脆弱性」、突如崩壊はない=英軍トップ

ビジネス

中銀介入は「信頼でも、協調的でもない」=BofA

ビジネス

ECB、インフレ抑制に強固な対応必要=シュナーベル

ワールド

G7外相「ロシアに一段の経済的代償」、4州併合受け

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月