最新記事

事件

MITメディアラボの伊藤穣一所長辞任、そしてビル・ゲイツにも飛び火? 

2019年9月9日(月)18時30分
坂和敏

Photograph of Joichi Ito by Mizuka. Wikicomons

<獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの資金提供を受けたことで批判されていた伊藤穣一氏が、メディアラボ所長を辞任した......>

性的虐待疑惑で逮捕され、先月獄中で自殺した米富豪のジェフリー・エプスタイン氏からの資金提供を受けたことで批判を受けていたMITメディアラボ所長の伊藤穣一氏が、9月7日、メディアラボ所長を辞任した

ネグロポンテ氏「もらえる金はもらえ」

その前日6日夜、エプスタイン氏との繋がりの深さや、メディアラボ上層部による寄付を匿名化しようとした隠蔽工作の証拠を示した内容の記事がNew Yorkerで公開され、これを受けて、翌7日に伊藤氏は辞任を決めたようだ。伊藤氏は今回、メディアラボ所長の辞職に加えて他の要職──マッカーサー財団、ナイト財団、それにNew York Timesのボードメンバー(社外取締役)も辞任した。また、先日お伝えした伊藤氏を支援するサイト「In Support of Joi Ito」も閉鎖されている。

この動向についてはMIT Technology Reviewだけでなく、BloombergCNETでも報じられており、この騒動に対して徐々に注目が集まっている。

前述のNew Yorkerの記事では、伊藤氏ともう一人のメディアラボ幹部ピーター・コーエン氏は、MITの大学当局には内緒でエプスタインから金を受け取っていたとある。「MITのデータベースでエプスタインは不適格者とされているのを知りながら」「小口に分けて、匿名で処理すれば大学側には知られずに済む」などともあり、さらに伊藤氏とエプスタイン氏が相談しながら資金集めのプロジェクトを進めていたともある。

また、この少し前には、メディアラボ初代所長のニコラス・ネグロポンテ氏が、「エプスタインのような怪しい輩からでも、もらえる金はもらえ("Take it")」と伊藤氏に助言したとされている。

ビル・ゲイツも関わっていた?

ちなみに、今回のNew Yorker記事を書いたのは、一昨年世界的に大きな注目を集めたハーベイ・ワインスタインのセクハラスキャンダルを報じ、それでピュリッツァー賞をとった新進気鋭ジャーナリストのロナン・ファロー氏(ミア・ファローとウディ・アレンの息子)だ。

そして、この記事で新たに関与の可能性が浮上したのがビル・ゲイツ氏で、同記事では「エプスタインの斡旋で、ゲイツ氏の基金からMITメディアラボに200万ドルが流れた」としている。

ただし、ゲイツ側の広報担当者からはさっそくこれを否定するコメントが出された。もし本当であれば、ゲイツ氏も不注意を咎められることになりそうで、いずれにしてもエプスタインをめぐる騒動は今後もしばらく続きそうな気配だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で底堅い、対ドル以外で

ワールド

エクアドルが中国人ビザ免除停止、昨年来3万人超不明

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏再任の賛成票比率は71.93

ワールド

米有力議員ら、インドでダライ・ラマに面会 今週渡米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中