最新記事

ロボット

人はロボットともセックスしたい──報告書

People Want to Have Sex With Robots

2017年10月23日(月)18時43分
ジェシカ・ファーガー

いずれこんな時代がくることは、もはや驚きではない Independent Man / YouTube

<セックスロボットといたす予感を抱いている男女は意外に多い>

人はそれが可能になればロボットとでもセックスをするのだろうか。人とロボットはどんな関係を持つのだろうか。売春婦や売春宿も、働いているのがロボットなら合法化されるのか。性的な癒しや治療には役立つのか。性犯罪は減少するのだろうか。

──オランダの非営利団体リスポンシブル・ロボティクス財団(FRR)がこの夏発表した報告書の問いかけだ。それによれば、現代の成人は、AI(人工知能)と親密かつ人とそっくりの関係を築く心の準備ができているようだ。

「性的欲求を満たすセックスドールこそが、ロボットが未来のセックスで担う新しい役割だ」と報告書の著者は書く。「最高にリアルで親密に感じられるセックスロボットを開発し、それを適正な価格で提供できる企業こそ、最大のシェアを手にするだろう」

現在市販されている人型のセックスロボットの一部は動けるが、セックスのパートナーとしては基本的に受け身。だが報告書は、ロボットはこれから「双方向型」へと進化し、まるで生身の人間のように人の手や声に反応できるようになると結論付ける。

大人の玩具市場は、すでに急ピッチでAIを取り込んでいる。人類はそう遠くない未来に「ディルドニクス(セックス玩具)とロボティクスの融合」を目の当たりにすることになると、報告書は予測する。それは、セックス玩具の目覚ましい進歩ぶりを見ればわかる。米人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティー」で紹介されて大ヒットしたバイブレーター「ラビット」も今は時代遅れ。空気で膨らませるセックスドールにいたっては、今やジョークでしかない。

相手がR2D2でも驚かない?

さらに報告書は、今後セックスロボットが、遠距離恋愛で重宝されるようになると言う。すでに多くの企業は遠隔操作ができる大人の玩具を開発し、遠距離恋愛中のカップルでもちょっとした変態プレイを楽しめるようになっている。いずれは数百キロ離れた場所からでも遠隔操作できるようになるだろう。

たとえば、『スター・ウォーズ』に登場するロボットR2D2と人がセックスすることを想像すると、身の毛がよだつと言う人もいる。だが多数の研究や調査によれば、多くの現代人はそういう展開もありと予期しているようだ。

2016年に発表されたある研究は、21~61歳までの男女100人を対象に調査を行った。男性の3分の2、女性の3分の1が、ロボットとセックスするという考えに抵抗はないと回答した。全体の86%は、ロボットには人の性的欲求を満たす能力があると信じると答えた。

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 5

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 8

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 9

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 10

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 8

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 9

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 10

    子供の運動能力から超常現象好きまで 指の長さで分…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月