最新記事

脳の「忘れる」はたらきを模倣する量子物質、米研究者が発見

2017年10月20日(金)17時00分
高森郁哉

脳の「忘れる」はたらきを模倣するペロブスカイト物質 A Material That Mimics the Brain-Youtube

人間を含む動物の脳は、記憶容量に限りがあるため、重要度の低い情報を忘れることによって情報処理を効率化する。こうしたはたらきを、特殊な結晶構造を持つ物質で模倣することに成功した、と米国の研究者チームが発表した。

量子レベルでのシミュレーション

米アルゴンヌ国立研究所のナノ科学チームが実施した研究で、英学術誌「ネイチャー」系のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・コミュニケーションズ」に論文が掲載された。同チームが研究に用いたサマリウムニッケル酸塩(SmNiO3)は、量子ペロブスカイトと呼ばれる特殊な原子結晶構造を持つ。この物質に陽子1個を加えたり取り除いたりすると、ペロブスカイト構造が膨張したり収縮したりする、いわゆる「格子呼吸」という現象が起きる。

ところが、この格子呼吸を起こすプロセスを継続していると、ペロブスカイト物質が順応して電子的な特性が変化し始める。やがて、陽子を加えたり取り除いたりしても、格子呼吸が起きにくくなっていったという。研究チームはこのような変化が、「ウォータースライダー(絶叫マシンの一種)を最初に滑り降りるときはひどくおそろしく感じるが、繰り返し滑っているうちに恐怖が薄れていく」という状況に似ていると説明する。

チームは、「忘却に似たパターンを示す非生命体の物質を作ることは難しいが、われわれが研究した特殊な物質は忘却の挙動を模倣することができた」と述べている。

応用の可能性は

研究者らは、ペロブスカイト物質のこうした特性が、脳の複雑な学習経路を単純化したモデルに利用できるのではないかと期待する。また、ニューラルネットワーク向けの新しいアルゴリズムの開発につながり、人工知能や機械学習の改良に役立つ可能性があるとしている。


ニュース速報

ビジネス

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=

ワールド

北朝鮮、平昌冬季五輪の開幕前日に軍事パレードの可能

ワールド

アブダビ沖日の丸油田の権益更新、「競争率高い」=経

ワールド

メキシコ、世界一危険な国とのトランプ氏ツイートを一

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 2

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 3

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    北朝鮮にらみ米空軍の戦略爆撃機3種がグアムに集結

  • 9

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 10

    トランプは金正恩の「便器」を爆撃せよ

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月