最新記事

試写会

リア充を追求しSNSに私生活をさらす末路は? 映画「ザ・サークル」試写会ご招待

2017年9月20日(水)08時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「ザ・サークル」© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

<テレビの世界でヒットしたリアリティーショー、そしてFacebookやTwitter、InstagramなどのSNS......。今や世界中の人びとは自らの私生活を他人に見せることに熱中している。こういったトレンドの行き着く先は? 映画「ザ・サークル」はそんな未来を予感させる作品だ>

映画「ザ・サークル」に登場する世界最大のSNSは、全人類がすべてを隠すことなくオープンにする完全な社会を目指す。誰もがいつでもつながり、お互いの体験をシェアしあい、最高に刺激的で、ハートウォームなイベントを共有する──。「すべてを隠さず」なんてあり得ない、と思う人も多いだろうが、FacebookやTwitterを利用している人の中には、自らのプライベートを知人に共有し、それが見ず知らずの人へと拡散されてしまった経験をもっている人もいるのではないだろうか? 映画「ザ・サークル」はそんな現代人のプライベートを見られることの快感と恐怖を描く。

地味で真面目な田舎の優等生から、SNS企業の社員としてエキセントリックなインフルエンサーへ変貌していく主人公を演じるのはエマ・ワトソン。『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーや『美女と野獣』のベルと、誰からも愛されるキャラクターを演じてきた彼女は、Twitterで2500万人を超えるフォロワーを持ち、自らの信条を発信するという点で、まさにうってつけのキャスティングだろう。そして、SNSによって犯罪やテロを根絶し、世界を改革しようとするカリスマ経営者を演じるのはトム・ハンクス。いつもの愛嬌たっぷりのトム・ハンクスとはひと味違う、影のある演技が印象的だ。

社会学者の古市憲寿はこの映画のために寄せたコメントの中で、SNS全盛の現代を「人々は、誰に強制されたわけでもないのに、進んで誰かの監視対象になろうとしているのだ。まるで映画『ザ・サークル』に登場する人々のように」と見通す一方で、これが決して目新しいことではないとも指摘。「劇中のサークル社が実現させようとしているのも、インターネットを使った新しいムラ社会だ。特にサークル社の企業風土はムラそのものである。興味深いのは、このようなムラ社会と、日本の相性が非常に良いことだ。なぜなら、日本の大企業は少し前まで、サークル社のようなムラ組織だった。時代が変わり、テクノロジーが進化しても、人間の行動原理はなかなか変わらない。一見すると新しい時代を描いた『ザ・サークル』であるが、実は、普遍的な人間の愚かさや、コミュニティが暴走する怖さを突きつけている」と語っている。

超巨大SNSが掲げる理想は人びとのすべてをさらすこと

newsweek_20170920_022756.JPG

エマ・ワトソン演じる主人公はエキセントリックなインフルエンサーへ変貌する © 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

[ストーリー] 世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業〈サークル〉。創始者でありカリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)が掲げる理想は、全人類がすべてを隠すことなくオープンにする"完全な"社会である。
 憧れの最先端企業〈サークル〉社に採用され、日々奮闘する新人メイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけにベイリーの目に留まり、新サービス〈シーチェンジ〉の実験モデルに大抜擢される。
 自らの24時間をカメラの前に公開したメイは、またたく間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的存在になるのだが、その先には思わぬ悲劇が待ち受けていた......。

[監督・脚本]:ジェームズ・ポンソルト
[出演]エマ・ワトソン(『美女と野獣』)、トム・ハンクス(『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ)、ジョン・ボイエガ(『スター・ウォーズ』シリーズ)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、エラー・コルトレーン(『6才のボクが、大人になるまで。』)、パットマン・オズワルド(『LIFE!/ライフ』)、グレン・ヘドリー(『ドン・ジョン』)、ビル・パクストン(『タイタニック』)ほか
[配給]ギャガ
【オフィシャルサイト】gaga.ne.jp/circle
11月10日(金) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー

今回、本作品の試写会に読者の方80組160名様をご招待します。


『ザ・サークル』試写会
日時:2017年10月30日(月)18:00開場/18:30開映(上映時間:110分)
会場:よみうりホール 千代田区有楽町1-11-1 読売会館7Fビル

応募締切:2017年10月6日(金)12:00


submit.png


※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

ニュース速報

ビジネス

日産全6工場で国内向け出荷停止、国の指摘後も無資格

ビジネス

米失業保険申請が44年ぶりの低水準、労働市場回復示

ビジネス

焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家

ビジネス

三井生命、オープン外債1000億円以上増加=17年

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月