最新記事

銃社会

銃撃事件に遭った米共和党議員「銃のおかげで助かった」

Republican Praises Guns, Saying They Helped Save Lives, Just Moments After Virginia Shooting

2017年6月15日(木)18時00分
クリス・リオッタ

銃撃事件の現場を調べる警察官 Joshua Roberts- REUTERS

<野球の練習をしていた共和党議員らが銃撃された事件。現場にいた共和党議員は銃社会を嘆くどころか、警護の警官が銃を持っていたことに感謝した>

米共和党議員らが野球の練習中に銃撃された事件で辛くも難を逃れたマイク・ビショップ米下院議員(共和党、ミシガン州選出)が、命が助かったのは銃のおかげだと語った。

米バージニア州アレクサンドリアで14日朝、共和党下院ナンバー3のスティーブ・スカリス下院院内幹事と議員スタッフ、議会警察の警官2人の計4人が撃たれて負傷した。容疑者の男は警官との銃撃戦で死亡した。

【参考記事】共和党議員銃撃、「左派」支持者の凶行に衝撃

ビショップは米ラジオ局WWJニュースラジオ950の番組に出演し、犯人が野球場に到着したとき、野球チームに参加した共和党議員とスタッフは「無防備だった」と語った。報道によれば、犯人は銃撃前に、共和党と民主党のどちらのチームが練習しているのかを尋ね、共和党だと確認したうえで犯行に及んだという。

【参考記事】米共和党、精神疾患のある元軍人にも銃購入解禁目指す

「今回の銃撃から生き延びることができたのは、神の庇護によって、我々の1人(スカリスの警護をしていた警官)が銃を持っていて応戦し、隠れる時間を稼いでくれたからだ」とビショップは言った。「もしあの勇敢な警官が撃っている間に隠れなかったら、恐らくみんな死んでいた。1人残らず、全員が撃たれただろう」

(銃撃を受けたときの模様をテレビで話すビショップ議員)


全員が至近距離で撃たれていた

臀部を撃たれたスカリスは、ヘリコプターで病院に搬送された。銃撃直後は容体が安定していたが、その後、悪化した。別の議員スタッフの1人は胸部を撃たれる重傷を負った。

米CBSニュースが伝えた目撃者の証言によれば、犯人はライフル銃とそれより小型の銃を携え、数分間にわたり発砲を続けたという。

ビショップは事件後の数時間後、現場にいた自分たちは銃のおかげで命拾いしたと言った。

「犯人はフェンス沿いに近づき、散り散りになって隠れた我々全員を探し出そうとした」とビショップは言う。「こちらが応戦しなければ、犯人は1人1人を至近距離で撃っただろう」

【参考記事】レイプ犯と銃乱射犯に共通する「本物の男」信仰

ビショップの反応は、ドナルド・トランプ米大統領が過去の銃乱射事件後に示した反応に通じるところがある。被害者も銃を所持していれば犯人に反撃できて、結果的に犠牲者は少なくてすむ、というのだ。

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月