最新記事

アメリカ政治

トランプ支持率最低、白人男性が逃げ出して

As White Men Flee, Trump's Approval Rating Dips Again

2017年4月5日(水)20時40分
ティム・マーシン

ロシアとの接触疑惑報道がトランプに大ダメージを与えている Kevin Lamarque-REUTERS

<オバマケア代替案は失敗に終わり、ロシア疑惑も深まるばかり。さすがの共和党員や白人男性などコアな支持者も離れ始めた>

最新の世論調査から、ドナルド・トランプ米大統領の支持率が今週さらに低下したことが明らかになった。

インベスターズ・ビジネス・デイリー(IBD)とテクノメトリカ・マーケット・インテリジェンス(TIPP)が今週行った最新の調査によると、トランプ大統領の支持率は34%で、3月の44.1%から10.1ポイント落ちた。大統領の仕事ぶりを支持しない回答者は56%で過半数を超えた。

【参考記事】トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

トランプの主要な支持者たちはトランプ離れを始めており、なかでも、共和党員、無党派層、白人男性が顕著だ。

IBD / TIPPによれば、共和党員でトランプを支持する人は、先月比14ポイント減の74%まで落ち込んだ。無党派層は29%で、11ポイントの減少。トランプにとって最も重要な支持層とされる白人男性からの支持は58%から49%に低下した。

クイニピーアク大学の研究チームが今週発表した調査でも、IBD / TIPPと同様の結果が得られた。トランプ大統領の仕事ぶりを認めるのは、回答者のわずか35%。また、男性の過半数と白人の多くがトランプを支持しないとした。

ロシア疑惑も顕在

目玉政策の頓挫と疑惑が、大統領の仕事ぶりに対する国民の見方に影響を及ぼしている。オバマケアの廃止・代替案は採決直前に撤回に追い込まれ、トランプ選対幹部とロシアの接触疑惑が調査されるなど、問題は山積みだ。

テクノメトリカ、IBD / TIPPのディレクター、ラグハバン・マユールは「トランプの野心的な公約が議会とぶつかると、大統領の支持率は低下する」とし、特に「捜査が進むロシア問題についての否定的な報道は、支持率に大きな打撃を与えている」と語った。

他社の調査結果もトランプにとって悲惨なものだった。ギャラップの調査では、支持が39%、不支持は55%だった。

【参考記事】米世論はトランプ政権とロシア関与疑惑に特別検察官の任命望む

【参考記事】フリン補佐官失脚が意味する、トランプ政権の抱える脆さ

4月の支持率減少ポイントに誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。

ニュース速報

ビジネス

ドル111円半ばへ小幅反発、勢いなし

ワールド

北朝鮮、板門店の警備兵を交代=聯合ニュース

ビジネス

日経平均は3日続伸、物色意欲が強く安寄り後切り返す

ワールド

アイルランド、政権崩壊の危機 12月のEUサミット

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月