最新記事

テロ組織

ISISの終わりが見えた

ISIS Is Losing Ground in Iraq and Syria

2017年4月19日(水)17時20分
トム・オコーナー

モスルの南で、逆さまにしたISISの旗を掲げるイラク連邦警察 Zohra Bensemra-Reuters

<3年前にイラクの40%を支配していたISISが、今はわずか7%未満。撤退先のシリアに残る2拠点も、落ちるのは時間の問題だ>

テロ組織ISIS(自称イスラム国)の「最後の日」が、かつてなく近づいたかもしれない。カリフ制国家の樹立を宣言してから3年近くが経ち、ISISはいまや、イラクから完全に排除される瀬戸際だ。まだ支配権を保っているシリアの2つの主要拠点でも、アメリカとロシアの支援を受けた軍隊を相手に、厳しい決戦を迎えようとしている。

【参考記事】ISISが中国にテロ予告

戦乱のイラクでISISが拠点としてきた都市モスルでは、ISISの敗北が間近に迫っている。ISIS打倒のために手を結んだイラク軍、クルド人部隊、イランの支援するイスラム教シーア派民兵組織、そしてアメリカ主導の有志連合は、モスル西部のはずれまでISISを追いつめている。そこに残っているISIS戦闘員は、おそらくは隣国シリアへの退却を余儀なくされるだろう。

【参考記事】モスル奪還作戦、死体安置所からあふれ返る死体

アルカイダのイラク支部組織として生まれたISISは、2014年にはイラクの40%を支配していた。だが、2014年に主要都市を手中に収めたあと、イラク全土で敗北が続いた。2017年3月末には、ISISの支配地域はイラクの7%未満にまで縮小したと、統合作戦軍の司令部報道官を務めるヤーヤ・ラスール准将は述べている。

奪還寸前、バグダディのモスル

つまり、イラクにおけるISISの支配地域は、モスルの一部に絞られているということだ。モスルは、ISISの支配下では群を抜いて人口の多い都市だ。2014年には、指導者のアブ・バクル・アル・バグダディが、モスルからすべてのイスラム教徒に向けて、世界規模の聖戦ネットワークに参加するよう呼びかけた。

知られている限りでは、バグダディが公に姿を見せたのは、それが唯一の例だ。だが、イラク軍とその同盟軍は、ここ数カ月の戦闘により、モスル東部からISIS戦闘員を駆逐した。さらに今週には、バグダディがカリフ制国家の樹立を宣言したヌーリ・モスクの奪還も目前に迫った。このモスクの奪還はISISにとって、象徴的にも戦略的にもさらなる大きな打撃となるはずだ。

【参考記事】ISISは壊滅する

ISISは、イラクからの撤退計画を立てている。アメリカ当局の推定によれば、モスルにはおよそ2000人のISIS戦闘員が残っているものの、バグダディを含めた多数の構成員が隣国シリアへ逃亡したとの報告が多数寄せられている。シリアでは、まだ残っている9000~1万2000人のISIS戦闘員が集結していると見られる。

国境を越えたシリアでは、ISISの展望はイラクよりは明るい。ISISは現在でも、シリア中部と東部の広い地域を支配している。政府軍側の防御拠点がある都市デリゾールも、ISISが包囲している。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月