最新記事

暗殺事件

マレーシア・北朝鮮が互いに相手国民の出国禁止 実質人質へ

2017年3月7日(火)17時00分

マレーシアが閉鎖を検討しているクアランプールの北朝鮮大使館 Athit Perawongmetha-REUTERS

<金正男暗殺事件をめぐり、北朝鮮は6日夜、平壌駐在のマレーシア大使を外交上望ましくない人物として国外退去を命じたが、さらに7日自国内にいるマレーシア国民の出国禁止を命じる措置を発表。これにマレーシア側も自国内の北朝鮮外交官の出国を禁じ、北朝鮮大使館閉鎖も検討。両国の対立は頂点に達している>

金正男暗殺事件の発生以来、時間が経つにつれ対立が目立つようになってきたマレーシアと北朝鮮の関係が、国交断絶寸前まで悪化した。聯合ニュースなど韓国メディアが伝えた。

北朝鮮は7日、自国内のマレーシア国民の出国を一時禁じると発表した。朝鮮中央通信によると、「朝鮮民主主義人民共和国外務省は7日、当該機関の要請に応じて、朝鮮(北朝鮮)の国内にいるマレーシア国民の出国を一時的に許可することができないことを駐在マレーシア大使館に通報した」と報道した。

朝鮮中央通信によれば、今回の措置は「マレーシアで起きた事件が公正に解決されてマレーシアにある朝鮮民主主義人民共和国外交官と国民の安全担保が完全に行われるまで」と説明した。また、「この期間、北朝鮮駐在マレーシア大使館の外交官と国民は、以前のような条件や環境の中で、正常にビジネスをして生活することになるだろう」と付け加えた。

朝鮮中央通信はまた、「(外務省は)朝鮮駐在マレーシア大使館とマレーシア外務省が二国間関係を大切に発展させていこうとする善意の立場から、今回の事件を早急に公正に解決することを希望した」と伝えた。

これに対して、マレーシア側も北朝鮮への対抗措置を発表した。マレーシア国内にいる北朝鮮外交官に対し出国を禁止することにした。APなどが報じた。

アフマド・ザヒド・ハミディ・マレーシア副首相は今回の措置について「一連の北朝鮮側の動きへの対応」と説明。さらに、「明日(8日)閣議で、クアラルンプール駐在の北朝鮮大使館閉鎖を議論する」と述べ「マレーシアの北朝鮮外交官たちは、どのような方法でも出国することができない」と明らかにした。

また、7日午後にはマレーシアのナジブ首相が、北朝鮮によるマレーシア人の出国禁止措置を非難する声明を出し、対抗措置として、警察に「北朝鮮内のすべてのマレーシア人の安全が確保されるまで、すべての北朝鮮国籍の者の出国を阻止するように命令した」と明らかにした。

これと関連し、カリド・アブ・バカル・マレーシア警察庁長は、クアラルンプールの北朝鮮大使館に潜んでいるとされる金正男暗殺事件の容疑者たちについて「5年かかっても(大使館)の外で待ちたい」と語った。事実、現在マレーシア警察当局は、北朝鮮大使館の周辺を封鎖して、大使館にいる北朝鮮従業員の人数把握に乗り出したもようだ。

さらにマレーシアの中国メディアが報じるところでは、平壌駐在のマレーシア大使館が6日夕方から公文書を焼却、7日朝にマレーシア国旗とASEAN旗を下ろして3台の自動車が大使館を出て行ったという。

金正男暗殺事件に端を発した両国関係の緊張は、ここにきて国交断絶に向け加速している。

ニュース速報

ビジネス

ドル109円前半で上値重い、米政治リスクを警戒

ワールド

豪地域開発相、二重国籍保有と発表 議員で6人目

ワールド

中国華信能源、ロスネフチ株取得で協議=関係筋

ビジネス

ドル安の物価押し上げ効果は小幅にとどまる=ゴールド

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出がバレてきた

  • 4

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月