最新記事

暗殺事件

マレーシア・北朝鮮が互いに相手国民の出国禁止 実質人質へ

2017年3月7日(火)17時00分

マレーシアが閉鎖を検討しているクアランプールの北朝鮮大使館 Athit Perawongmetha-REUTERS

<金正男暗殺事件をめぐり、北朝鮮は6日夜、平壌駐在のマレーシア大使を外交上望ましくない人物として国外退去を命じたが、さらに7日自国内にいるマレーシア国民の出国禁止を命じる措置を発表。これにマレーシア側も自国内の北朝鮮外交官の出国を禁じ、北朝鮮大使館閉鎖も検討。両国の対立は頂点に達している>

金正男暗殺事件の発生以来、時間が経つにつれ対立が目立つようになってきたマレーシアと北朝鮮の関係が、国交断絶寸前まで悪化した。聯合ニュースなど韓国メディアが伝えた。

北朝鮮は7日、自国内のマレーシア国民の出国を一時禁じると発表した。朝鮮中央通信によると、「朝鮮民主主義人民共和国外務省は7日、当該機関の要請に応じて、朝鮮(北朝鮮)の国内にいるマレーシア国民の出国を一時的に許可することができないことを駐在マレーシア大使館に通報した」と報道した。

朝鮮中央通信によれば、今回の措置は「マレーシアで起きた事件が公正に解決されてマレーシアにある朝鮮民主主義人民共和国外交官と国民の安全担保が完全に行われるまで」と説明した。また、「この期間、北朝鮮駐在マレーシア大使館の外交官と国民は、以前のような条件や環境の中で、正常にビジネスをして生活することになるだろう」と付け加えた。

朝鮮中央通信はまた、「(外務省は)朝鮮駐在マレーシア大使館とマレーシア外務省が二国間関係を大切に発展させていこうとする善意の立場から、今回の事件を早急に公正に解決することを希望した」と伝えた。

これに対して、マレーシア側も北朝鮮への対抗措置を発表した。マレーシア国内にいる北朝鮮外交官に対し出国を禁止することにした。APなどが報じた。

アフマド・ザヒド・ハミディ・マレーシア副首相は今回の措置について「一連の北朝鮮側の動きへの対応」と説明。さらに、「明日(8日)閣議で、クアラルンプール駐在の北朝鮮大使館閉鎖を議論する」と述べ「マレーシアの北朝鮮外交官たちは、どのような方法でも出国することができない」と明らかにした。

また、7日午後にはマレーシアのナジブ首相が、北朝鮮によるマレーシア人の出国禁止措置を非難する声明を出し、対抗措置として、警察に「北朝鮮内のすべてのマレーシア人の安全が確保されるまで、すべての北朝鮮国籍の者の出国を阻止するように命令した」と明らかにした。

これと関連し、カリド・アブ・バカル・マレーシア警察庁長は、クアラルンプールの北朝鮮大使館に潜んでいるとされる金正男暗殺事件の容疑者たちについて「5年かかっても(大使館)の外で待ちたい」と語った。事実、現在マレーシア警察当局は、北朝鮮大使館の周辺を封鎖して、大使館にいる北朝鮮従業員の人数把握に乗り出したもようだ。

さらにマレーシアの中国メディアが報じるところでは、平壌駐在のマレーシア大使館が6日夕方から公文書を焼却、7日朝にマレーシア国旗とASEAN旗を下ろして3台の自動車が大使館を出て行ったという。

金正男暗殺事件に端を発した両国関係の緊張は、ここにきて国交断絶に向け加速している。

ニュース速報

ビジネス

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を

ビジネス

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8

ワールド

インタビュー:トランプ氏、北朝鮮と「大きな紛争」の

ビジネス

東電、16年度は経常利益2276億円 4年連続黒字

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月