最新記事

暗殺事件

マレーシア・北朝鮮が互いに相手国民の出国禁止 実質人質へ

2017年3月7日(火)17時00分

マレーシアが閉鎖を検討しているクアランプールの北朝鮮大使館 Athit Perawongmetha-REUTERS

<金正男暗殺事件をめぐり、北朝鮮は6日夜、平壌駐在のマレーシア大使を外交上望ましくない人物として国外退去を命じたが、さらに7日自国内にいるマレーシア国民の出国禁止を命じる措置を発表。これにマレーシア側も自国内の北朝鮮外交官の出国を禁じ、北朝鮮大使館閉鎖も検討。両国の対立は頂点に達している>

金正男暗殺事件の発生以来、時間が経つにつれ対立が目立つようになってきたマレーシアと北朝鮮の関係が、国交断絶寸前まで悪化した。聯合ニュースなど韓国メディアが伝えた。

北朝鮮は7日、自国内のマレーシア国民の出国を一時禁じると発表した。朝鮮中央通信によると、「朝鮮民主主義人民共和国外務省は7日、当該機関の要請に応じて、朝鮮(北朝鮮)の国内にいるマレーシア国民の出国を一時的に許可することができないことを駐在マレーシア大使館に通報した」と報道した。

朝鮮中央通信によれば、今回の措置は「マレーシアで起きた事件が公正に解決されてマレーシアにある朝鮮民主主義人民共和国外交官と国民の安全担保が完全に行われるまで」と説明した。また、「この期間、北朝鮮駐在マレーシア大使館の外交官と国民は、以前のような条件や環境の中で、正常にビジネスをして生活することになるだろう」と付け加えた。

朝鮮中央通信はまた、「(外務省は)朝鮮駐在マレーシア大使館とマレーシア外務省が二国間関係を大切に発展させていこうとする善意の立場から、今回の事件を早急に公正に解決することを希望した」と伝えた。

これに対して、マレーシア側も北朝鮮への対抗措置を発表した。マレーシア国内にいる北朝鮮外交官に対し出国を禁止することにした。APなどが報じた。

アフマド・ザヒド・ハミディ・マレーシア副首相は今回の措置について「一連の北朝鮮側の動きへの対応」と説明。さらに、「明日(8日)閣議で、クアラルンプール駐在の北朝鮮大使館閉鎖を議論する」と述べ「マレーシアの北朝鮮外交官たちは、どのような方法でも出国することができない」と明らかにした。

また、7日午後にはマレーシアのナジブ首相が、北朝鮮によるマレーシア人の出国禁止措置を非難する声明を出し、対抗措置として、警察に「北朝鮮内のすべてのマレーシア人の安全が確保されるまで、すべての北朝鮮国籍の者の出国を阻止するように命令した」と明らかにした。

これと関連し、カリド・アブ・バカル・マレーシア警察庁長は、クアラルンプールの北朝鮮大使館に潜んでいるとされる金正男暗殺事件の容疑者たちについて「5年かかっても(大使館)の外で待ちたい」と語った。事実、現在マレーシア警察当局は、北朝鮮大使館の周辺を封鎖して、大使館にいる北朝鮮従業員の人数把握に乗り出したもようだ。

さらにマレーシアの中国メディアが報じるところでは、平壌駐在のマレーシア大使館が6日夕方から公文書を焼却、7日朝にマレーシア国旗とASEAN旗を下ろして3台の自動車が大使館を出て行ったという。

金正男暗殺事件に端を発した両国関係の緊張は、ここにきて国交断絶に向け加速している。

ニュース速報

ビジネス

NAFTA再交渉、来年まで妥結持ち越し 基本問題で

ワールド

北朝鮮、中国共産党大会に祝賀メッセージ

ビジネス

英首相がEU閣僚と夕食会、EUは一段の譲歩要求

ワールド

米政府、最終的な米朝直接対話の可能性を排除せず=国

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 7

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 8

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月