最新記事

生理学

「人間の性フェロモン」候補2物質、効果がないことが明らかに:豪研究

2017年3月14日(火)11時50分
高森郁哉

iStock

人間の性的な興奮を誘発する化学物質、いわゆる「ヒトの性フェロモン」と目されてきた2種類の物質が、実際にはそうした効果がないことが、オーストラリアの研究者らによる調査で明らかになった。

アンドロスタディエノンとエストラテトラエノール

西オーストラリア大学の研究チームが英国王立協会のオープンアクセス誌『Royal Society Open Science』に論文を発表し、『エコノミスト』などが報じている。

動物界では、性フェロモンをはじめとするさまざまなフェロモンの存在が確認されており、害虫の性フェロモンを合成して害虫防除に利用する研究なども進んでいる(参照:岐阜大学応用生物科学部「性フェロモンとその防除への応用」)。

一方、人間の性フェロモンはこれまで科学的に同定されていない。しかし長年の研究から、男性の汗と精液に含まれるアンドロスタディエノン(AND)と、女性の尿に含まれるエストラテトラエノール(EST)という2種類の化学物質が、性フェロモンの有力候補と見なされてきた。実際、これらの化学物質を含む香水が「フェロモン香水」として市販されている。

【参考記事】「脳に作用するバイアグラ」が開発? 英研究者が効果を確認

西オーストラリア大の調査

西オーストラリア大学動物生物学部のリー・シモンズ教授らは、異性愛者の白人94人(男性43人、女性51人)を対象に、ANDとESTを用いた実験を実施。この実験では、被験者にも試験者にも実験の仕組みを知らせない「二重盲検法」という手法が採用された。

1回目の実験では、中性的に見える5人の顔写真をコンピュータの画面上に表示し、各写真の人物がどちらの性別に見えるか、また異性だと思った人物がどの程度魅力的かを答えてもらった。この際、被験者は鼻の下に、対照群の香りを含ませた綿の玉をテープ止めされていた。

F1.large.jpg


研究チームは別の日に、同じ内容で2回目の実験を行った。ただし、被験者の鼻の下にはANDまたはESTを含む綿の玉が貼られた。

仮説と結果

もし2つの物質が性フェロモンの働きをするなら、ANDをかいだ女性の被験者は、2日目の実験で写真の人物を男性と判断する率が高くなり、男性と思った人物をより魅力的に感じるはずだ。また、ESTをかいだ男性の被験者の回答にも、同様の変化が起きると考えられる。

だが実際には、ANDもESTも、被験者の回答には一切影響を及ぼさなかったという。シモンズ教授は、こうした結果を受け、「人間にフェロモンがあること自体は確信しているが、これら2種類の化学物質ではないということだ」と述べている。

エコノミストの記事も、「フェロモン香水を買っている人は、お金を無駄にしていることになる」とコメントしている。

ニュース速報

ビジネス

独ダイムラー、メルセデス好調で増益 企業構造を見直

ビジネス

英政府が正式発表、2040年からガソリン・ディーゼ

ワールド

米大統領がレバノンの国境警備を賞賛、支援継続を約束

ワールド

トランプ氏「時がたてば分かる」、セッションズ司法長

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀

  • 4

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 5

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 6

    株価はいつ暴落するのか

  • 7

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫…

  • 8

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 9

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月