最新記事

トラベル

バンコクの個性派ホテルで、リゾート気分を満喫。

ザ・サイアム バンコク/タイランド

2016年12月27日(火)15時50分
せきねきょうこ ※madame FIGARO.jpより転載

ザ・サイアム バンコク/川に面して建つレストラン棟。60年前のジム・トンプソンの家をアユタヤから移築した貴重な建物。

 アジア屈指の観光国タイのバンコクに、2012年6月、大きな話題を呼んだ豪華ブティックホテル「ザ・サイアム(The Siam)」が誕生しました。以来、数々の煌びやかなストーリーが世界を駆け巡り、バンコクでは、他のホテルと一線を画したザ・サイアム流のバトラーサービスに、世界のホテル愛好家やセレブリティから熱い支持を受けています。

01-bonvoyage-16122.jpg

美しい夕暮れ時、チャオプラヤ川に造られたホテルのピア、到着も出発も、そしてアクティビティのサンセット・クルーズもここから。

 観光客にとっては決して便利な場所とはいえないですが、王宮近くのロイヤル・ドゥシットエリアの一画にあることが功を奏し、チャオプラヤ川に面したホテルでは落ち着いた滞在が約束されています。伝統と革新の入り交じったホテル内は、アーバンリゾートとしての充分贅沢なスペースと、アールデコを感じさせるタイのアンティークに溢れることができ、まるで美術館に泊まっているような雰囲気を醸し出しています。

(参考記事)志摩に国内2軒目のアマンが誕生!

 客室数は39室、3エーカーの敷地に客室スィートとヴィラが用意されています。世界的な建築デザイナー、ビル・ベンズレーが、クリエイティブディレクターでオーナーファミリーの息子であるクリサダ・クラップ氏と共に手がけたホテルは、ビジネス界で名門一家と言われるオーナーのスコルソ・ファミリーの、文化的でアカデミックな思考をうまく表現しているといわれています。また、このプロジェクトのリーダーであり、一家の長であるカマラ・スコルソ氏(女性)は、2009年のフォーブス誌で「アジアの慈善活動のヒーロー」に選出され、現役のジャズシンガーとしても活躍。クリエイティブディレクターを務めた息子は、著名なロックスターにして映画俳優、家族で才能溢れる一家なのです。

03-bonvoyage-16122.jpg

川沿いにあるプールバーとプール。サンセットカクテルを楽しみながらゆったりと食事の前の時間を過ごすに最適。

 他の施設は、自然派プロダクツ"ソダシ"を用いる「オピウム・スパ」、ムエタイ専用の本格的なリングが備わるスポーツジム、川沿いのレストラン、バーなどの他、ライブラリー、ギャラリー、アンティークショップも贅沢に造られています。豊富なアクティビティも人気ですが、バトラーの贅沢なサービスが滞在をより快適にしてくれています。1泊ではもったいない、ぜひ、3泊以上の滞在で、ひと味違うバンコクを探索するのも素敵です。

04-bonvoyage-16122.jpg

一番多いタイプの客室。奥がリビングエリア、さすがに個性的なラグジュアリー空間。

05-bonvoyage-16122.jpg

シックな色調の中国風ヴィラ、プライベートプール付。

06-bonvoyage-16122.jpg

プライベートなプランジプールと中庭を俯瞰で見た中国風ヴィラ。

07-bonvoyage-16122.jpg

スパ内に造られたバスハウスではハマムが楽しめる。

(参考記事)古都に佇むブティックホテル伝統と新しさが舞う快適空間:パーク ハイアット シェムリアップ


The Siam
3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit,
Bangkok 10300, Thailand
Tel: +66 2 206 6999 Fax: +66 2 206 6998
www.thesiamhotel.com
部屋数:39室(スィート28、ヴィラ10、コテージ1)
料金:THB17,971〜 (税・サ別、朝食込み)
施設:プール、アトリウム、レストラン、バー、ライブラリィ、スパ、バスハウス、ミーティングルーム、ピア〈チャオプラヤ川〉、他
アクセス:スワン名プー無国際空港から車で45分、
リムジンサービスはリクエスト〈有料〉、
日本での連絡先:info@kentosnetwork.com

※無断転載禁止

<プロフィール>
せきねきょうこ Kyoko Sekine
ホテルジャーナリスト
スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。 世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。 スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。 ホテルのコンサルタント、アドバイザーも。著書多数。
http://www.kyokosekine.com

※当記事は「mademe FIGARO.jp」からの転載記事です。

Figarojp_logo200.jpg

ニュース速報

ビジネス

ECB緩和策巡り内部の亀裂鮮明、独出身者は出口戦略

ビジネス

米インフレ率、2%の目標に向かって上昇=シカゴ連銀

ワールド

トランプ米大統領、連邦政府改革の責任者にクシュナー

ビジネス

インタビュー:ECBの金融スタンス、これまでの決定

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 9

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 10

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月