最新記事

プロダクツ

カヌーやディンギーが、簡単にジェットエンジンで動かせる

2016年8月23日(火)16時50分
ギアード

<簡単にカヌーやディンギーに取り付け可能な携帯ジェット推進機が、クラウドファンディングサイトに登場している。>

 SCUBAJET は、ほとんどすべてのスタンドアップパドルボード(SUP) はもちろん、ディンギー、カヌーなどにも取り付けが可能なジェットエンジン。手持ちの SUP がたちまち最高時速11キロで動くようになります。

Scubajet2.jpg


 SUP への取り付けはとても簡単。ボード裏側のフィンを装着するボックスに10秒もかからず取り付け可能。20メーカー以上の標準的なフィンプラグに対応しています。

【参考記事】水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影
【参考記事】日本の折り紙をヒントにした組み立て式カヤックに入門モデル誕生

 電動モーターでジェット水流を噴き出すことで最大で時速11キロほどの速力が出せるので、SUP フィッシングで遠くに魚の反応を見つけていち早く移動したい時、向かい風や潮流に流されて思うように進めないとき、2人乗りなどを楽しんでいるときには心強い存在となりそうです。モードによって差はあるものの内蔵のバッテリーは90分ほどもちます。

Scubajet3.jpg


 ディンギーの場合は、専用のアダプタを使って船外機のように取り付けます。SCUBAJET の向きを変えることで操舵も可能です。

giphy1.gif


 大きさは約80cm、重さは2.4kg、専用のリモコンでオンオフ、スピード調節を行います。スクリューが露出しないデザインなので、落水した場合なども安全。自動停止機能を備えているので、操縦者が水に落ちたり、距離が離れてしまった場合には、自動的に停止します。

 さらにSCUBAJETの名前の通り、ダイビングでも使えるようにダイビング・アダプターを開発中とのこと。

 SCUBAJET は現在 Kickstarter にて出資を募っており、日本からでも本体価格990ユーロ+送料50ユーロでプレッジ可能です(2016年8月22日現在)。出荷は2016年12月以降に予定されています。2016年8月22日現在でまだ目標額には届いていない模様ですが、目標額達成が期待されます。




執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
パドルボードなのに漕がずに楽しめる Sipaboard

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月