最新記事

新素材

「光学迷彩」も実現できる? レーダーから見えなくなる新素材

Meta-skin technology

アイオワ州立大学の研究チームが「メタスキン」を発表

2016年3月29日(火)16時00分
山路達也

メタスキン 直径5mmほどのリング状の共振器がマイクロ波を捉え周波数を変化させる  Credit: Iowa State University

 SFやファンタジーで定番のアイテム「透明マント」(最近だと「光学迷彩」といった方が通りがよいかもしれない)は、世界各地の機関で大まじめに研究が進められている。

 透明マントを実現するための方法はいくつかあり、1つは映像を投影するというもの。例えば、電気通信大学の稲見昌彦教授の透明マントでは、ビデオカメラで撮影した背景をプロジェクターによってマントに投影し、マントの装着者がまるで透明になったかのような効果を実現している。

 もう1つの代表的なアプローチが「メタマテリアル」を使う方法だ。メタマテリアルというのは、電磁波に対して自然界にはない振る舞いをする人工物質の総称である。メタマテリアルの内部には光の波長よりも小さな構造が無数に配置されており、それによって光の屈折方向を変更するといったことが可能になる。

 私たちの目は、あるモノが光を遮ったり、光を反射したりといった作用をとらえて、モノを「見る」。メタマテリアルによって、光がモノを迂回すると、そのモノは私たちには見えなくなるわけだ。

 2006年に、インペリアル・カレッジ・ロンドンのジョン・ペンドリー教授が、メタマテリアルを使った透明マントの理論を発表して以来、この分野の研究に火が点いた。米国防高等研究計画局(DARPA)でも、メタマテリアルで兵士の透明化に取り組んでいるらしい。レーダーや電子レンジなどで使われるマイクロ波などについていえば、メタマテリアルはかなり実用に近づいている。

 2016年3月に、アイオワ州立大学の研究チームが発表したのは、柔軟で伸縮性のある「メタスキン」という素材だ。このメタスキンは、シリコンシート層の内部に直径5mmほどのリング状の共振器が並んだ構造をしている。このリングがマイクロ波を捉えるのだ。メタスキンを伸び縮みさせると、対応する周波数を変化させられる。

 従来のステルス技術と異なり、メタスキンで覆われた物体はあらゆる角度からのレーダー探査に対して対象の物体を「見えづらく」できる。8〜10GHzのレーダー波の場合、75%の反射を抑えることができたという。

 研究チームの当面の目標は軍用機へのステルス技術だが、将来的な目標はやはり可視光で対象の物体を見えなくする「透明マント」だ。可視光はマイクロ波に比べて、波長が短いため、はるかに微細な構造を持ったメタマテリアルが必要になる。

 ちなみに、メタマテリアルの応用範囲は、ステルス技術や透明マントだけではない。電磁波の干渉を抑えた超高感度アンテナ、従来よりもはるかに屈折率が高く分子や原子を直接観察できる光学顕微鏡などの実現が期待されている。

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」…

  • 6

    このクジラの写真は、最大公約数的な海洋写真とは違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 10

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 8

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月