最新記事

汚職

ブラジル、ルラ前大統領が入閣し資金洗浄疑惑の追及かわす

疑惑の人物をかくまう組閣に、各地でルセフ大統領への抗議デモ

2016年3月17日(木)18時10分

3月16日、ブラジルの内閣改造で、ルセフ大統領はマネーロンダリングなどの容疑で訴追されたルラ前大統領(写真)を官房長官に任命した。ルラ氏が入閣することになったことに対し、各都市で抗議デモが発生している。サンパウロで4日撮影(2016年 ロイター/Paulo Whitaker)

 ブラジルの内閣改造で、ルセフ大統領はマネーロンダリング(資金洗浄)などの容疑で訴追されたルラ前大統領を官房長官に任命した。ルラ氏が入閣することになったことに対し、各都市で抗議デモが発生している。

 首都ブラジリアでは大統領府や議会前で5000人以上が抗議デモを行い、警察が催涙スプレーで応酬する騒ぎとなった。サンパウロでも大規模なデモが発生している。

 ルラ前大統領はマネーロンダリングと汚職容疑で訴追されたが、入閣により今後は、ルラ氏に対する捜査や起訴には最高裁の承認が必要になり、捜査はより困難になる。

 財政支出拡大を訴えるルラ氏の入閣で、野党などからは政府の財政再建が頓挫する可能性を憂慮する声が出ている。また野党は、自身への弾劾とルラ氏の逮捕を回避しようと、ルセフ大統領がなりふり構わぬ行動に出ていると批判している。

 一方、汚職事件を担当する連邦判事は、録音されているルラ氏とルセフ氏の電話での会話から、ルラ氏に有利になるよう検察や裁判所に働きかけようとする様子がうがかえるとの見解を示した。

 16日の裁判所への提出書類で明らかになったものだが、実際に働きかけた証拠はないという。公表された会話の一部によると、ルセフ氏は「必要な場合」に閣僚に任命する文書の写しをルラ氏に送ることを申し出ていた。

 ルセフ大統領は、内閣改造でバルボザ財務相とブラジル中央銀行のトンビニ総裁は現職にとどまると明らかにした。またルラ氏については、財政状況の安定とインフレ抑制に注力すると述べた。

  

[ブラジリア/サンパウロ 16日 ロイター] -


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

オバマケア暫定措置、廃止・縮小への方策盛り込む必要

ビジネス

神戸鋼に原因究明・再発防止で1カ月内の報告を指示=

ビジネス

米下院の共和党保守派議員、イエレンFRB議長の再任

ビジネス

米国がFTAに強い関心示した記憶はない=経済対話で

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月