最新記事

北朝鮮

北の「ドローン部隊」「サイバー部隊」が韓国を襲う可能性

韓国へのサイバー攻撃もドローンによる物体投下もすでに実施しており、米韓合同軍事演習への反発から、何らかの本格的な攻撃を仕掛けてこないとも限らない

2016年3月10日(木)15時48分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

実戦に投入されるのか 昨年10月に平壌で行われた朝鮮労働党創建70周年記念の軍事パレードで披露された無人航空機(ドローン) James Pearson-REUTERS

 北朝鮮の権力機関やメディアが連日、「総攻勢」「先制攻撃」など過激な表現で米韓合同軍事演習への反発を強めている。だが実際のところ、北朝鮮はそのような"勇ましい"行動に出ることができるのだろうか。

 その答えは「ノー」とすべきだろう。ただでさえ米韓連合には劣勢である上、演習のため朝鮮半島に米軍の戦力が集結している条件下で手を出すのは愚の骨頂である。

 だからといって、北朝鮮が何ら手出しをしないとも限らない。

 韓国政府ではいま、北朝鮮による大規模サイバーテロの脅威が増大しているとして緊張感が高まっている。国家情報院によれば、北朝鮮は4回目の核実験以降、すでに重要施設のウェブサイトや重要人物のスマートフォンなどへのサイバー攻撃を繰り返しているという。そうした任務を担うのはゲーム会社などのITエンジニアとして海外に派遣された秀才たちであり、その行動は完璧には把握されていない。

 北朝鮮によるサイバー攻撃と言えば、「金正恩氏暗殺映画」を制作したソニーの映画子会社、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)への大規模なハッキングが思い出される。

 もっとも、この事件については北朝鮮犯行説に一部で疑問符が付けられているのも事実だ。

(参考記事:サイバー攻撃「真犯人を知っているが北朝鮮も気に入らないから教えない」とマカフィー創業者

 一方、当の北朝鮮は「犯人」として断定されたことに猛反発したが、その後は少し開き直ったのか、「絶妙無双のサイバー戦で米国の滅亡を早めてやる」などとする声明も発表している。もしかしたら金正恩第一書記は、外国から「北のサイバー戦能力はヤバい」と言われることに、世界の先端を走っているようで悪い気がしていないのかもしれない。

 もうひとつ、北朝鮮による嫌がらせの手段になりそうなのが、無人航空機(ドローン)部隊による「爆撃」である。これは、すでに韓国に対して行われているものだ。

(参考記事:北朝鮮のドローン部隊が韓国を「爆撃」している

 もちろん、韓国の領土に本物の爆弾を落とそうものなら、米韓軍から数百、数千倍の報復を受けるのは避けられない。だが、普通の感覚では思いつかない、何か意外なものを落として韓国国民の不安感を誘う、というような心理戦ぐらいならやるかもしれない。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ――中朝国境滞在記』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)がある。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 4

      世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 8

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 9

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 10

      猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 3

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 4

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 5

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月