最新記事

PR

人気ドラマ『SUITS/スーツ』に学ぶ、「デキる男」の仕事術

米国エグゼクティブの仕事風景を覗いてみる

PR

2016年2月24日(水)11時30分
高森郁哉

ニューヨークの法律事務所を舞台に、敏腕弁護士と天才青年のコンビが活躍するサクセスストーリー『SUITS/スーツ』。シーズン4のDVD発売とレンタルが始まった

 仕事で順調にキャリアアップしたいが、話題のドラマも楽しみたい。せっかくなら物語の興奮や感動を味わいつつ、ビジネスのスキルやスタイルのヒントも得られるとなお良い。そんな欲張りなビジネスパーソンにオススメなのが、アメリカで2011年に放送開始され、日本ではこのたびシーズン4のDVDがリリースされた傑作ドラマ『SUITS/スーツ』だ。

 熱心な海外ドラマファンにとっては、もはや説明不要の名作。でも、まだ観たことがないという人にその魅力をわかりやすく伝えるなら、国内ドラマの『HERO』や『リーガルハイ』の型破りな法律家モノに、『半沢直樹』の組織内外のパワーゲームを足して、さらに海外ドラマ『アリー my Love』や『セックス・アンド・ザ・シティ』のファッションと恋愛要素も絡めた感じ、といったところか。

シーズンを重ねるごとに面白さが増す『SUITS/スーツ』

 舞台は、世界のビジネス中心地ニューヨークで大企業顧客を数多く抱える、トップクラスの法律事務所。シーズン1は、所長ジェシカの右腕として頼られる一匹狼の凄腕弁護士ハーヴィーが、昇進の条件でしぶしぶアソシエイトを雇うことになり、面接会場に偶然飛び込んだ天才青年マイクを採用するエピソードから始まる。

 この事務所は、法科大学院の名門ハーバード・ロースクールの修了生しか採らない伝統があるが、マイクは同校を出ていないどころか弁護士の資格もない。それでもハーヴィーは、卓越した頭脳と人一倍の情熱を持つマイクに若き日の自分を重ね、経歴を詐称させて雇うことにしたのだ。

 ハーヴィーの仕事ぶりから学び、みるみる有能な弁護士へと成長し、欠かせない相棒として訴訟や交渉で活躍するマイク。だが、かつてジェシカとハーヴィーが横領を理由に追い出した事務所の共同創設者ハードマンの代表復帰(シーズン2)や、他の大手法律事務所との合併(シーズン3)といった問題に対処する過程で、マイクの秘密を知る人物が1人、また1人と増えていき、雇ったハーヴィーの立場も一層危うくなってゆく。

ここがスゴイ! 熱い支持を集める理由

 何よりもまず、クールな仕事ぶりとオーダーメイドのスーツが様になる中堅世代のハーヴィーと、持ち前の情熱で難題を解決する若手のマイクという、主役2人の好対照なバディっぷりがいい。彼らは決して優等生の弁護士ではない。あらゆる手を尽くし、時には違法スレスレの裏技まで繰り出して依頼人のために戦い、半沢直樹ばりに「やられたらやり返す」姿がカッコいいのだ。秘密を共有しながら、互いに信頼と友情を築いていく展開にも胸がアツくなる。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 8

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 9

    EUの新著作権法がもたらす「閉じたインターネット」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 8

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月