最新記事

欧州銀行

ドイツ銀行に黄色信号?迫る不安定化の恐怖

Nervous About German's Biggest Bank

過去最大の赤字決算で利払い停止の可能性も。金融システムを脅かす新たな懸念とは

2016年2月19日(金)17時00分
ジョーダン・ワイスマン(スレート誌ビジネス・経済担当)

影響は世界に 名門ドイツ銀行の先行きは暗い?(フランクフルトの本店) Kai Pffaffenbach-REUTERS

 財務健全性は高い──大手銀行がそう主張すれば、かえって疑わしい目で見られるもの。今のドイツ銀行がそうだ。

ドイツ銀行は最近、市場の猛攻撃にさらされている。年初からの株価の下落率は40%を超え、デフォルト(債務不履行)懸念の高まりで債務保証コストが急上昇。おかげでジョン・クライアンCEOは先週、同行の「基盤は相変わらず盤石だ」との声明を従業員向けに発表する羽目になった。

 各国市場に脆弱性がうかがえる今、ドイツ最大手の同行にわずかでも問題があれば、影響は世界に広がりかねない。

 問題とは何か。その一部分は、ヨーロッパのすべての銀行が直面する問題にほかならない。

【参考記事】2016年の世界経済のカギを握るのはやはり原油価格

 グローバル経済の成長鈍化と低金利のせいで、各行は融資で利益を出せなくなっている。原油安でエネルギー企業の債務返済が滞る一方で、規制強化によって投資銀行部門は儲けが薄いビジネスになった。欧州の銀行は「慢性的な収益性危機」にあると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は指摘する。

 ドイツ銀行の場合、事態はとりわけ悪い。先月発表した15年決算は、過去最大の68億ユーロの赤字を計上。大きな理由は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作事件などで罰金支払い義務を抱え、規定違反をめぐる訴訟費用もかさんでいることにある。

 ドイツ銀行に絡む法的問題は今後も浮上しそうで、巨額の制裁金を科されることにもなりかねないと投資家は懸念する。一部債券の利払いを停止する可能性も否定できなくなった。

【参考記事】AIG「強欲復活」は米景気回復のサイン?

 ここで少し、問題の背景を確認しよう。新たな自己資本規制「バーゼルⅢ」の適用に伴い、銀行は自己資本比率を高めようとしている。自己資本の中には「ティア1」と呼ばれるものがあり、これがドイツ銀行の問題と関係する。

「CoCo債」という爆弾

 ティア1はいわば、返済義務がないカネ。株式発行で調達した資金や利益余剰金がこれに相当する。だが、銀行が自己資本比率を膨らます目的で発行する「偶発転換社債(CoCo債)」もここに入る。

 ブルームバーグの記事によれば、CoCo債は「手榴弾付きのハイリターン投資」だ。株式と債券を合わせたような存在で、通常の債券と同様に利子を支払う。ただし、利払いを繰り越したり、自己資本が低下した場合は株式に転換して利子を払わないようにすることも可能だ。

ニュース速報

ビジネス

資産価格過大評価か、世界成長は来年加速へ=PIMC

ビジネス

米FRB議長がストレステスト変更検討、大手行の資本

ワールド

原油相場引き締まり、18年以前想定せず=世界最大の

ビジネス

長期間の低金利維持可能、インフレ圧力兆候無く=米地

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 2

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 3

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 4

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 10

    フランス警官、イスラム女性にブルキニを「脱げ」

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月