最新記事

欧州銀行

ドイツ銀行に黄色信号?迫る不安定化の恐怖

Nervous About German's Biggest Bank

過去最大の赤字決算で利払い停止の可能性も。金融システムを脅かす新たな懸念とは

2016年2月19日(金)17時00分
ジョーダン・ワイスマン(スレート誌ビジネス・経済担当)

影響は世界に 名門ドイツ銀行の先行きは暗い?(フランクフルトの本店) Kai Pffaffenbach-REUTERS

 財務健全性は高い──大手銀行がそう主張すれば、かえって疑わしい目で見られるもの。今のドイツ銀行がそうだ。

ドイツ銀行は最近、市場の猛攻撃にさらされている。年初からの株価の下落率は40%を超え、デフォルト(債務不履行)懸念の高まりで債務保証コストが急上昇。おかげでジョン・クライアンCEOは先週、同行の「基盤は相変わらず盤石だ」との声明を従業員向けに発表する羽目になった。

 各国市場に脆弱性がうかがえる今、ドイツ最大手の同行にわずかでも問題があれば、影響は世界に広がりかねない。

 問題とは何か。その一部分は、ヨーロッパのすべての銀行が直面する問題にほかならない。

【参考記事】2016年の世界経済のカギを握るのはやはり原油価格

 グローバル経済の成長鈍化と低金利のせいで、各行は融資で利益を出せなくなっている。原油安でエネルギー企業の債務返済が滞る一方で、規制強化によって投資銀行部門は儲けが薄いビジネスになった。欧州の銀行は「慢性的な収益性危機」にあると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は指摘する。

 ドイツ銀行の場合、事態はとりわけ悪い。先月発表した15年決算は、過去最大の68億ユーロの赤字を計上。大きな理由は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作事件などで罰金支払い義務を抱え、規定違反をめぐる訴訟費用もかさんでいることにある。

 ドイツ銀行に絡む法的問題は今後も浮上しそうで、巨額の制裁金を科されることにもなりかねないと投資家は懸念する。一部債券の利払いを停止する可能性も否定できなくなった。

【参考記事】AIG「強欲復活」は米景気回復のサイン?

 ここで少し、問題の背景を確認しよう。新たな自己資本規制「バーゼルⅢ」の適用に伴い、銀行は自己資本比率を高めようとしている。自己資本の中には「ティア1」と呼ばれるものがあり、これがドイツ銀行の問題と関係する。

「CoCo債」という爆弾

 ティア1はいわば、返済義務がないカネ。株式発行で調達した資金や利益余剰金がこれに相当する。だが、銀行が自己資本比率を膨らます目的で発行する「偶発転換社債(CoCo債)」もここに入る。

 ブルームバーグの記事によれば、CoCo債は「手榴弾付きのハイリターン投資」だ。株式と債券を合わせたような存在で、通常の債券と同様に利子を支払う。ただし、利払いを繰り越したり、自己資本が低下した場合は株式に転換して利子を払わないようにすることも可能だ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:米銀、預金金利引き上げはいつか 融資金利

ビジネス

ドル110円後半、米予算措置巡る警戒感で上値が重い

ワールド

米SF連銀のウィリアムズ総裁、FRB副議長候補に浮

ビジネス

日経平均は3日ぶり小反発、利益確定売りで伸び悩む

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 6

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 9

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 10

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 5

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 1

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 2

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 3

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 4

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月