最新記事

感染症

ジカ熱、米ダラスで人から人への感染例を確認、経路は性的接触か

WHOが感染経路などを確認しているものの、感染症の流行は次のステージへ突入したのか

2016年2月3日(水)10時37分

2月2日、米テキサス州ダラス郡で、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。写真はジカウイルス。提供写真(2016年 ロイター/CDC/Cynthia Goldsmith/Handout via Reuters)

 米テキサス州ダラス郡で2日、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。ダラス郡の衛生当局者は、感染は蚊に刺されたためではなく、性的な接触が原因の可能性がある、との見方を示している。

 ジカ熱をめぐっては、世界保健機関(WHO)が前日、緊急事態を宣言している。

 ジカ熱は中南米で急速に広がっており、WHOは、アフリカやアジアにも感染が拡大する可能性を懸念。ジカ熱は蚊が媒介するとされているが、性感染が確認されれば、問題が一段と深刻化することは必至だ。

 ダラス郡の衛生当局者によると、ベネズエラに渡航した人との性的交渉を通じて感染。感染者は、ベネズエラへの渡航歴はない、という。

 テキサス州衛生当局は、声明で「事例の詳細については現在調査中だ。ただ感染者から非感染者への性感染の可能性はある」としている。

 一方、米疾病管理センター(CDC)は、感染の事実自体は確認したが、感染経路についてはダラス郡当局が調査した結果だとしている。

 ジカ熱が人から人に性感染した可能性は、これまでに世界で1件報告されている。ただWHOの米地域事務局である汎米保健機構(PAHO)は、ジカ熱が性感染することを確認するには、一段の事例が必要、としている。また、ウイルスが精液から検出されたケースが1件ある。

  

[オースティン(米テキサス州) 2日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏6カ国、来年EU財政基準に抵触する可能性=

ワールド

北朝鮮、米国のテロ支援国家指定に「重大な挑発」と反

ワールド

レバノン首相が帰国、大統領と会談 辞任はいったん保

ビジネス

認可外無償化、全国平均で 「人づくり革命」へ自民提

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣…

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 7

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 8

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 9

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 10

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月