最新記事

感染症

ジカ熱、米ダラスで人から人への感染例を確認、経路は性的接触か

WHOが感染経路などを確認しているものの、感染症の流行は次のステージへ突入したのか

2016年2月3日(水)10時37分

2月2日、米テキサス州ダラス郡で、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。写真はジカウイルス。提供写真(2016年 ロイター/CDC/Cynthia Goldsmith/Handout via Reuters)

 米テキサス州ダラス郡で2日、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。ダラス郡の衛生当局者は、感染は蚊に刺されたためではなく、性的な接触が原因の可能性がある、との見方を示している。

 ジカ熱をめぐっては、世界保健機関(WHO)が前日、緊急事態を宣言している。

 ジカ熱は中南米で急速に広がっており、WHOは、アフリカやアジアにも感染が拡大する可能性を懸念。ジカ熱は蚊が媒介するとされているが、性感染が確認されれば、問題が一段と深刻化することは必至だ。

 ダラス郡の衛生当局者によると、ベネズエラに渡航した人との性的交渉を通じて感染。感染者は、ベネズエラへの渡航歴はない、という。

 テキサス州衛生当局は、声明で「事例の詳細については現在調査中だ。ただ感染者から非感染者への性感染の可能性はある」としている。

 一方、米疾病管理センター(CDC)は、感染の事実自体は確認したが、感染経路についてはダラス郡当局が調査した結果だとしている。

 ジカ熱が人から人に性感染した可能性は、これまでに世界で1件報告されている。ただWHOの米地域事務局である汎米保健機構(PAHO)は、ジカ熱が性感染することを確認するには、一段の事例が必要、としている。また、ウイルスが精液から検出されたケースが1件ある。

  

[オースティン(米テキサス州) 2日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

ブラジルのルセフ大統領、上院弾劾裁判で罷免 最高裁

ワールド

英労働党党首にコービン氏再選の見込み=世論調査

ビジネス

米7月中古住宅仮契約指数1.3%上昇、3カ月ぶりプ

ビジネス

米経済は完全雇用に極めて近い=ムーディーズのザンデ

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 6

    人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記

  • 7

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    中国、杭州G20会議の脱線を警戒 経済大国としての立場確立狙う

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 4

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 5

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 9

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 10

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月