最新記事

シリア内戦

複数の学校や病院にミサイル、民間人ら50人死亡 16日に安保理開催へ

トルコはミサイル攻撃はクルド人民兵組織を支援するロシア軍によるものと非難

2016年2月16日(火)10時45分

2月16日、国連は、シリアで複数の学校と病院がミサイル攻撃を受け、民間人ら50人近くが死亡したと発表、明白な国際法違反として非難した。写真はアザズの攻撃を受けたとみられる病院。ソーシャルメディアの映像から(2016年 ロイター)

 国連は15日、シリアで複数の学校と病院がミサイル攻撃を受け、民間人ら50人近くが死亡したと発表、明白な国際法違反として非難した。国連安全保障理事会はこれについて16日に協議する見通しだ。

 トルコ国境に近いシリア北部アザズでは、小児病院と難民を収容している学校にミサイルが着弾、少なくとも14人が死亡したもようだ。

 アザズでは、掌握を目指すシリアのクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」と、これを阻止しようとするトルコとの対立が激化。トルコ軍は15日で3日連日、YPGの拠点に対する砲撃を行っている。

 トルコは、YPGがアザズを掌握しようとすれば「最も激しい反撃にあう」と警告。トルコのダウトオール首相は、アザズへのミサイル攻撃について、YPGを支援するロシア軍によるものだとして非難した。

 また、国際医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」は、北部イドリブでMSFが運営する病院などが爆撃を受け、少なくとも7人が死亡し、スタッフ8人が不明になっていると明らかにした。

 MSFの責任者は、シリア政府軍かロシアによる攻撃との見方を示したが、ロシアのスクボルツォワ保健相は空爆対象を「イスラム国」の施設に限定しているとし、MSFの見方を否定した。

 米国やロシア、欧州など関係国は先週末、ドイツ南部ミュンヘンで開いた国際シリア支援グループの会合で「1週間以内の停戦」を呼び掛けることで合意しているが、停戦の先行きに早くも暗雲が漂っている。

 ロシア国連大使は、ロイターが入手した安保理関係者の電子メールで、「トルコのシリア領への武力行使に深い懸念」を表明し、安保理会合の開催を呼びかけた。

 安保理会合は現地時間16日の早い時間に開催される予定で、国連高官がシリア情勢について説明するという。

 

[キエフ/ベイルート/国連 15日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米自動車各社、カリフォルニア州に自動運転車規制案の

ビジネス

伊アリタリア航空、再建か清算か 管財人による判断手

ワールド

米議会、つなぎ予算案が浮上 政府機関閉鎖回避へ与野

ワールド

EU加盟交渉難航は宗教が一因、断念もあり得る=トル

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜山入港し牽制

  • 4

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 5

    トランプ「現状維持容認できず」 安保理の北朝鮮への…

  • 6

    知っておきたい、インサイダー取引になる場合・なら…

  • 7

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 8

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    ISISの終わりが見えた

  • 7

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 8

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 9

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月