最新記事

日本

『ザ・コーヴ』主演のイルカ保護活動家、入国できず強制退去へ

入国管理局が「観光目的の来日と証明できない」と入国させず

2016年1月27日(水)12時32分

来日のため成田空港に到着した米国人イルカ保護活動家、リチャード・オバリー氏が、法務省入国管理局によって入国を許可されず、空港近くの施設に収容、そのまま強制退去させられることになった。写真は同氏が主演した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した際の様子。 Gary Hershorn-REUTERS

 法務省入国管理局が入国を許可せず、18日から成田空港近くの施設に収容されている米国人イルカ保護活動家、リチャード・オバリー氏(76)は26日、ロイターとの電話インタビューに応じ、日本で違法なことはしていないと述べた。

 そのうえで入国拒否は、反イルカ漁活動家に対する圧力だと主張した。同氏は数日中に強制退去処分になる見通し。

 オバリー氏はロイターとの電話インタビューで「日本の法律に違反することは何もしていない。この13年間、年数回は日本に来ている」と語った。

 また、自身のイルカ漁への反対行動に関連し「私は政治犯だ。イルカ漁に反対する声に対して、(日本)政府の中に取り締まろうという動きがあるのではないか」と述べた。

 同氏の代理人である高野隆弁護士によると、オバリー氏は成田空港で入国を不許可とされ、法務大臣宛てに異議申し立てを行ったが、却下された。

 その後、21日に任意の出国には応じないことを宣言したという。

 同弁護士によると、入管はオリバー氏の入国を許可しなかった理由として、2015年に同氏が来日した際、取り調べでイルカ保護関連の集会に出席しないと言ったにもかかわらず、実際には出席しており、同氏の申告は信頼性が疑われ、今回の来日の目的が「観光」であるとは証明できない、としているという。

 オバリー氏に対しては、数日内に退去強制令書が出される見通しで、その場合、76歳という年齢に伴う健康問題などもあり、帰国する予定だという。

 高野弁護士は、今回の入管の措置について「イルカ漁の反対運動に反感を持つ人が日本にいるのは事実だが、こういう人を日本から閉め出すことは、日本がとても不自由な国であると世界中にアピールすること。法務省の対応はとても残念」と語った。

 法務省入国管理局は、今回の対応について「個別の事案に関するものであり、関係者のプライバシーにかかわることから、回答は差し控える」とコメントした。

 (宮崎亜巳、エレイン・リーズ 編集:田巻一彦)

[東京 26日 ロイター]

120x28 Reuters.gif
Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

ワールド

スウェーデン中銀、当面は現行政策を維持=議事要旨

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ワールド

独連邦議会選、与党連合の支持率が依然トップ=世論調

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 5

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 6

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 7

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月