最新記事

中東

パレスチナを襲う新たな混乱

An Intifada Frame of Mind

報復の連鎖でインティファーダ再来がささやかれるなか住民は危機感を募らせる 

2015年10月22日(木)15時47分
ローラ・ディーン

暴力の応酬 イスラエルの治安部隊に投石するパレスチナ人(ヨルダン川西岸地区ヘブロン) Mussa Qawasma-REUTERS

 果たしてこれは第3次インティファーダ(パレスチナ人の抵抗運動)の始まりなのか。その答えがどうあれ、イスラエルとパレスチナの間で相次ぐ衝突はここ数カ月で激化し、住民を緊張状態に陥れている。

 7月末に起こったユダヤ人入植者によるパレスチナ人への放火・殺害事件以降くすぶりだした暴力の応酬は、先月から急拡大した。きっかけは、ユダヤ暦の新年を前にイスラエル治安当局がエルサレム旧市街にあるモスク、アル・アクサーの周辺を封鎖したことだ。

 同地域はイスラム教で3番目に重要な聖地であると同時に「神殿の丘」と呼ばれるユダヤ教聖地でもあり、参拝をめぐって衝突が絶えない場所。現在はユダヤ人による礼拝が禁じられているこの地でイスラエルが「現状を変更しようとしている」とパレスチナ人が懸念し、治安部隊との衝突に発展した。

 それ以降、双方の暴力事件はパレスチナ全土に広がった。先週には、ガザ地区にあるイスラム過激派組織ハマスの武器庫を狙ったとされるイスラエルの空爆で、妊娠中の母親と3歳の娘が死亡した。

 また、パレスチナ人の男3人がイスラエル人3人を殺害する事件も発生。翌日イスラエル警察が彼らの住む地区を封鎖すると、別のパレスチナ人の男がエルサレムのバス停で女性を刃物で刺して警察に射殺されるなど、連日のように襲撃が続く。

 報復が報復を呼び、もはやどの暴力事件がどれをきっかけに引き起こされたのかも分からない状況だ。今月以降の衝突による死者は先週末時点でイスラエル人が7人、パレスチナ人は30人に達した。負傷者数はイスラエル側が20人前後、パレスチナ人は500人以上とされている。

 イスラエルの治安当局による行き過ぎた武力行使も続く。攻撃される人の多くがデモ参加者で、13歳のパレスチナ人少年が射殺される事件も発生した。

治安部隊は以前より強硬

 この状況に特に危機感を募らせているのは子供を持つ親たちだ。旧市街の入り口ダマスカス門の近くで香辛料店を営むユセフ・スレイマには、8歳から32歳まで7人の子がいる。先週彼は、パレスチナ人少年が警察官に銃撃されるのを目撃した。

「子供たちが仕事や学校に行く日には、彼らに100回も電話をかける」と彼は言う。「くれぐれも気を付けろと言い聞かせている。長く外出するな。遅くまで外を歩くな、と」

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、円安が支援 全業種が値上

ワールド

米上院情報委、フリン前大統領補佐官の会社に召喚状 

ワールド

英が治安強化で軍動員へ、警戒レベル最高に 自爆攻撃

ビジネス

米FRB、必要に応じ保有債券の縮小過程に介入できる

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

  • 4

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 5

    アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆攻撃か、1…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 8

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 9

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 10

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 5

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 6

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 7

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 10

    トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 9

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月