最新記事

セックス

コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

Male Birth Control Without Condoms by 2017

注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なときに生殖機能を回復できる新技術

2014年9月11日(木)16時21分
マリア・カーン

 コンドーム不要の男性向け避妊法「ベイサルジェル」が2016年〜17年に実用化にこぎつける見込みだ。この技術の普及を支援しているパーセマス財団によると、ヒヒを使った実験では有効性が確認されている。

 パーセマス財団は製薬業界が取り上げない「埋もれた先進的医学研究」を支援し、低所得層や途上国の人々が利用できる低価格帯の医薬品を開発する目的で設立された。

 ベイサルジェルはホルモン剤を使用せず、効果が長続きする避妊法として注目されている。パイプカット(精管切除)と同様の永続的な避妊法だが、画期的な利点がある。生殖機能を簡単に回復できることだ。

「メスを使わないパイプカットのようなものだが、精管を切断するのではなく、精管にゲル状ポリマーを注入する」と、パーセマス財団は説明している。精管内のポリマーを通過すると、精子が破壊される仕組みで、「何カ月、あるいは何年か後に子供が欲しくなったら、再び注射してポリマーを流し出せばいい」という。

 ヒヒを使った実験では、ベイサルジェルを注入した3頭のヒヒをそれぞれ10〜15頭の雌と一緒にして6カ月間観察したが、今のところ妊娠した雌は1頭も確認されていない。

 次の段階として、ヒヒの精管からポリマーを流し出し、生殖機能が回復することを確かめる実験が近々実施される。

 ヒヒを使った実験が順調に進み、デービッド・アンド・ルシール・パッカード財団から助成金が下りたおかげで、来年初めまでには人間の男性を対象に臨床試験を実施できる見通しになった。

 ベイサルジェルの価格は、途上国でパイプカットなどの避妊法を受ける場合とほぼ同じレベルに設定し、アメリカでの相場より安くしたいと、パーセマス財団は述べている。

ニュース速報

ビジネス

国際通貨研究所理事長にJBIC前総裁の渡辺博史氏

ビジネス

アングル:経済要職に対金融業界タカ派を、クリントン

ワールド

アングル:北朝鮮の新たな資本主義者育てる「秘密地下

ビジネス

米国株は反発、ドイツ銀持ち直し金融株に買い

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 3

    『ハドソン川の奇跡』 英雄は過ちを犯したのか

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    警備ロボは人を守ってくれる? 突き飛ばし事故から懸念される安全性

  • 6

    アメリカ大統領選、クリントンがトランプを5%リード=ロイター最新世論調査

  • 7

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 8

    オーストラリア南部の州全土が停電、再生エネルギーに過度の依存へ疑問符

  • 9

    NY郊外でラッシュ時に列車衝突、少なくとも1人死亡100人超負傷

  • 10

    ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 7

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 8

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 9

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 10

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 5

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

STORIES ARCHIVE

  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月