最新記事

東アジア

中韓の笑顔に隠された複雑な事情

首脳会談では良好な関係を取り繕うだろうが「反日」だけでは手を組めない問題が山積する

2014年7月8日(火)14時54分
ロバート・E・ケリー(釜山大学准教授)

もみ手? 笑顔の習主席(右)と朴大統領の本当の思いは Reuters

 中国の国家主席が今月初めに訪韓する。中国のメディアも韓国のメディアも徹底して愛国的だから、どちらも自己満足と虚栄に満ちた報道に終始し、どちらも真の問題には触れないだろう。どちらの国の政府も反日感情を利用するのは得意だから、たぶん「日本の軍国主義化」の話も蒸し返される。そうして巧みに、中韓関係における真の問題点は隠蔽される。以下では、おそらく語られることのない真の問題を検証したい。

韓国は経済面で中国に、軍事面でアメリカに依存し過ぎている

 中国が世界第2位の経済大国となった今、韓国の輸出産業は中国の8兆㌦市場なしに生きていけない。日本もそうだが、韓国も輸出で稼ぐことを成長戦略の要としてきた。だから新たな輸出先の開拓は、政治の重要な使命となっている。
 中国の成長率はまだ高いから、今後も韓国の経済ナショナリズムを支える役を果たせるだろう。なんといっても中国は隣人だし、その市場は巨大だ。この20年で、中国は韓国にとって最大の輸出先となっている。
 一方で韓国は軍事面でアメリカに頼り切っており、国防支出はGDPの2・5〜3%程度にすぎない。もちろん、単独で北朝鮮の侵攻をはね返すには不十分だ。アメリカは韓国に国防費の増額を求めているが、簡単に応じれば左派系の野党から猛反発を食うのは必至だ。

対北朝鮮でも韓国は中国への依存を深めている

 東西冷戦の時代、北朝鮮をめぐる状況はかなり複雑だった。しかし今は、わりとシンプルだ。
 現在のロシアは、北朝鮮の問題に距離を置きたがっている。北朝鮮に接近する姿勢を見せたとしても、それはアメリカを牽制する目的に限られるだろう。
 日米韓の3カ国は、とりあえず対話の窓口は開けておくが、基本的には強硬な姿勢を維持することで一致している。こうなると、不敵な挑発で周辺諸国を翻弄する北朝鮮の作戦も、なかなか効かない。
 北が日米韓の民主主義陣営の圧力をかわし、国連の制裁を避けたければ、とりあえず中国の機嫌を取るしかない。ロシアを当てにできない以上、今の北朝鮮にとって唯一の命綱は中国だ。
 もしも中国が北朝鮮に対する経済的・外交的な支援を断つなら、北朝鮮は大きな打撃を受ける。韓国の大統領としても、中国の影響力行使に期待して、中国に寄り添うしかない。将来的な南北統一も、中国の協力なしには不可能だ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日本郵船、通期予想を上方修正 紅海情勢でコンテナ運

ワールド

ハリス氏、民主党の団結へ意欲 「トランプ打ち負かす

ビジネス

6月コンビニ既存店売上高は前年比1.1%増、7カ月

ビジネス

米デルタ、21日も3割欠航 システム障害後の復旧難
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中