最新記事

旧ソ連圏

モルドバが第2のクリミア半島に?

Could Moldova Be The Next Crimea?

ロシア編入を果たしたクリミアに刺激され、モルドバでも分離・独立運動が加速

2014年3月20日(木)16時13分
デービッド・カシ

 ロシアのプーチン大統領は3月18日、ロシア系住民が多いウクライナ南部のクリミア半島を独立国家として認め、ロシアに編入すると宣言した。クリミア情勢を受けて旧ソ連圏各地でロシア系住民による分離・独立熱が強まるなか、ウクライナの隣国モルドバが「第2のクリミア」になる可能性が高まっている。

 人口400万人のモルドバでは、国民の大半は文化的、人種的にルーマニア系のルーツをもつ。だがモルドバ東部の沿ドニエストル地域にはロシア国籍をもつ20万人のロシア系住民が暮らしており、1990年にモルドバからの独立を宣言。国際的には「沿ドニエストル・モルドバ共和国」の主権は認められていないものの、事実上の自治を確立している。

 クリミアの分離・独立を受けて、沿ドニエストルでもロシア編入を求める動きが再び活発化。3月17日には、沿ドニエストル議会が同共和国のロシア連邦への編入を認めるようロシア下院に求める決議を採択した。

 沿ドニエストルの分離・独立運動の歴史は長い。1992年には分離・独立を求める沿ドニエストルとモルドバが衝突し、300人の死者が出た。その後、停戦が成立して非武装地帯が設定され、今も2000人のロシア兵が駐留を続けている。

 ロシア政府はこれまでも、同胞を守るためなら他国に軍事介入する権利があると明言してきた。沿ドニエストルについても、クリミアと同じように同胞を守るという名目があるわけだ。「クリミア問題で、ウクライナは20年前のモルドバと同じ問題に直面している」と、モルドバのイウリエ・レアンカ首相は語っている。

 沿ドニエストルがロシアへの編入を要求したのは今回が初めてではない。2006年に実施された住民投票でも、モルドバからの独立とロシアへの編入が圧倒的多数で可決された。賛成票の割合はなんと、クリミアで16日に行われた住民投票における「ロシア編入賛成」の割合と同じ97%だった。

ニュース速報

ワールド

パリ地域の観光客、今年は過去最大の勢い=観光局

ワールド

トランプ氏、人種差別で有罪宣告を受けた元保安官の恩

ワールド

仏大統領が週内に中東欧歴訪へ、労働ルール強化への支

ビジネス

ドル109円半ばで小動き、ジャクソンホール会合待ち

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    2050年の日本文化はサブカルから生まれ、オタクに支…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月