最新記事

マレーシア航空

失踪機の大事な情報を公表しなかったタイ政府の言い分

It Took Thailand a Week to Share MH370 Radar Data

タイ空軍のレーダーはMH370便の針路変更を10日前に捉えていた

2014年3月19日(水)14時58分
ジョシュ・ブアヒーズ

 消息不明になっているマレーシア航空370便との通信が途絶えた数分後に、タイ空軍のレーダーが同機のものと思われる機影を捉えていたことが分かった。タイ政府が18日に発表した。

 タイ空軍のレーダーがとらえた機影がマレーシア航空370便かどうかはまだ定かではない。だが、そのレーダーに記録された飛行経路はマレーシア半島とマラッカ海峡上空を通過しており、針路を西方向に変えてインド洋に向かったといわれる現在の仮設と一致している。

 この新情報自体は、現在の捜索活動に大きな変更をおよぼすものではないが、これまでの捜索活動の大きな障害となってきた問題をあらためて浮き彫りにしたといえる。つまり、捜索に加わる国々がお互いにうまく協力できていないという点だ。

 タイ政府はなぜ人命に関わる情報を1週間以上も明かさなかったのか。AP通信の記事を要約すれば、理屈のとおらないその言い分はこうだ。「誰にも聞かれなかったから」

 ちなみにAPの記事は以下のとおり。


 なぜもっと早く情報を公開しなかったのかと問われた空軍の司令官は、「タイ空軍はわが国への脅威に対してのみ対応する。そのためわれわれへの脅威と思われない事象については、何の行動も起こさない」と語った。

 問題のマレーシア航空機はタイ領空に入ってこなかったし、マレーシア政府が捜索開始直後に情報を求めてきたときは、具体性に欠けていたと、この司令官は言う。「彼らが再び情報を求めてきたときは、マレーシア首相から(西に針路変更した可能性があるとの)新しい仮設を伝えられたので、われわれは手元にある情報を見直した」


 マレーシア当局は同機が方向転換してマラッカ海峡に向かった可能性を認めるまでに1週間を要したが、これは自分たちのレーダーだけでは確信が持てなかったからだろう。もっと早くにタイ空軍の情報が共有されていれば、状況は違っていたはずだ。南シナ海で行われていた捜索活動を、マラッカ海峡やインド洋、さらにその先まで拡大することになった、極めて重要な情報だったのだが。

© 2014, Slate

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNATO演説

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 5

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 8

    イランはトランプが言うほど敵ではない

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 10

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月