最新記事

中国社会

少林寺本家が拝金主義で大儲け!

Mr. Buddhism Inc.

武術の元祖・少林寺は今や一大ブランド。だが仕掛け人の住職には悪い噂が付きまとう

2012年10月16日(火)14時34分
アイザック・ストーン・フィッシュ

 中国・河南省の少林寺といえば、伝統武術「少林拳」の発祥地。多くのカンフー映画の舞台になり、人気ヒップホップグループのウータン・クランも心酔している。

 現在の統括責任者は、第30代方丈(住職)の釈永信(シー・ヨンシン)。99年の就任以来、少林寺を金のなるブランドに変え、世界各地で演武ショーを行い、多数の観光客を集めてきた(10年の参拝者は200万人以上)。

 その中にはヘンリー・キッシンジャー元米国務長官、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領も含まれる。NBA(全米プロバスケットボール協会)のスーパースター、シャキール・オニールは少林寺を訪れて「ブッダの祝福」を感じたと、09年のブログに書いている。

 聖と俗、現代と伝統、共産党と民衆──相反するものを両立させる釈は、現代中国の成功モデル。党の統制下にあるビジネスと宗教の接点で巧みに立ち回っている。

 一部には少林拳の伝統を守る偉人という評価もあるが、党におもねる「商売人」という批判もある。巨額の「贈り物」を受け取る、寺の聖域で焼香する権利に大金をふっかける......。本人は否定するが、評価は真っ二つに分かれている。

 09年、少林寺の公式サイトがハッキングされ、金儲け主義に走ったことをざんげする改ざん文書が表示された。昨年3月の全国人民代表大会(国会)では、黄色の法衣姿にiPadを手にして議場に現れ、ニュースになった。


MBA取得はガセネタ

 昨年、本誌の取材を受けた釈は批判の的になっている世俗的な面をほとんど見せず、慈悲と調和を世間に広げる僧侶の務めを果たしているだけだと語った。
「寺の僧は家族も同然」だと、釈は言った。5月の暖かい日だったが、室内はひどく寒かった。「ここには衣食住のすべてがある。僧は毎月200〜400人民元(約2500〜5000円)の小遣いを受け取るだけだ。自動車などは集団で所有する。基本的に個人の持ち物はない」

 少林寺の創建は495年。言い伝えによると、禅の創始者とされるインド出身の達磨大師は、寺の近くの山中で9年間座禅を続けたという。

 今や少林寺周辺には、武術を学ぶ何万人もの若者や僧が暮らす。外国人もいる。7年以上も修行を続けているラスベガス出身のニキ・スリガーはこう話す。

「外国人は憧れを抱いてやって来るけれど、あちこちで数珠が売られている。商売優先の姿勢がますます強くなっている」

 少林寺の俗化を心配する声は少なくない。「少林寺は(中国の)誇りだが、悟りが得られる場所ではない」と、米シラキュース大学の中国仏教専門家ガレス・フィッシャーは言う。

 09年には、少林寺がIPO(新規株式公開)を準備中という話が流れた。しかし釈は、自分はビジネスマンではないと語り、こう言い切った。「少林寺はただの寺。ブランド化しようと思ったことなどない」

 昨年には少林寺北米サミットに出席。ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンを訪れたが、「空の移動はいつもエコノミークラス」だったという。

ニュース速報

ビジネス

自動走行やドローン、技術革新が阻害されない環境整備

ワールド

金正男氏殺害、死因なお特定できず=マレーシア当局

ワールド

ロヒンギャ問題の平和的解決を、バングラデシュ外相が

ワールド

豪メルボルンで小型機が商業施設に墜落、5人死亡

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判 対立が鮮明に

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 5

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 6

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 7

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 8

    今さら聞けない、円高になると日経平均が下がる理由

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 5

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月