最新記事

外交

欧米の欲につけ込んだカダフィの謀略

Can Buy Me Love

ブッシュやブレア、ベルルスコーニはなぜ「のけ者」カダフィと抱擁したのか、独裁者の懐刀が暗躍したスパイ戦の舞台裏

2011年10月21日(金)14時17分
クリストファー・ディッキー(中東総局長)

 ロンドンの一角に、トラベラーズクラブという古い社交クラブがある。館内には座り心地のいい革張りの肘掛け椅子が配され、19世紀以来、国際的な謀り事に関わる紳士たちの密会場所として用いられてきた。

 03年12月、リビアの情報機関のトップだったムーサ・クーサがイギリスとアメリカの情報機関の代表と会ったのも、その一室だった。会談の目的は、リビアの独裁者ムアマル・カダフィを国際社会に迎え入れるための取引をまとめることだった。

 現在リビアの対外連絡・国際協力書記(外相)を務めるクーサはカダフィと異なり、都会的な物腰が特徴の人物。70年代に米ミシガン州立大学で修士号を取得し、子供2人はアメリカ生まれのアメリカ市民だ。「(クーサは)私たちの理屈を理解できるはず」だと、90年代にクーサと交渉した経験があるアメリカの情報機関当局者は言う。

 この見方は間違っていない。今までカダフィが常軌を逸した言動を続けられたのは、欧米の流儀を心得ているクーサが言い逃れを用意し、火の粉を払いのけ、妥協案をまとめてきたからにほかならない。

 その過程でクーサは、世界の多くの指導者たちにカダフィ体制延命の片棒を担がせてきた。トニー・ブレア元英首相、ゴードン・ブラウン前英首相、ニコラ・サルコジ仏大統領、シルビオ・ベルルスコーニ伊首相、それにジョージ・W・ブッシュ前米大統領まで引き込んだ。

 どうして、世界の国々の首脳たちは、国際社会の「のけ者」と手を結ぶに至ったのか。

 元CIA(米中央情報局)長官のジョージ・テネットが著した回想録によれば、CIA関係者の多くは、リビアの情報機関工作員による88年のパンナム機爆破テロ(死者270人)の糸を引いたのがクーサではないかと疑っていた。

 しかし03年の時点で欧米は、トラベラーズクラブの肘掛け椅子の感触と同じくらい、クーサの提案を心地よく感じていた。リビアの油田と、莫大なオイルマネーに潤うリビアでのビジネスチャンスは、あまりに魅力的だった。

 しかも、リビア側は核開発計画の全面放棄も約束した(実際には核開発などほとんど進んでいなかったのだが)。イラクで大量破壊兵器を発見できなかったブッシュ前米政権にとっては、せめてリビアで成果を挙げたとアピールするチャンスだった。

欧米が拒めなかった提案

 それだけではない。民主国家の首脳は時に、「役に立つ独裁者」に弱い。そこでリビアは、国際テロ組織アルカイダに関する情報をブッシュに提供。ベルルスコーニのためには、地中海を渡ってイタリアに上陸する不法移民の取り締まりを徹底した。

 リビアは、いくつか分かりやすい政治的ジェスチャーも見せた。パンナム機爆破事件の裁判のために容疑者2人の身柄の引渡しに応じ、遺族それぞれに1000万ドルの補償金を支払うことを決定。大量破壊兵器開発計画を破棄すると表明したのも、この路線の一環と言える。

 その上、リビアはカダフィの次男セイフ・アルイスラム・カダフィを事実上の対外スポークスマンとして前面に押し出した。イギリスに留学経験のあるセイフは、父親に比べればだいぶ親しみやすい。

 この戦略は、ごく最近まですべての関係者にとって非常にうまく機能していた。リビア側との交渉に携わった欧米の担当者たちにも悪い結果をもたらしていないように見える。

 現役時代にクーサと緊密に接触していたイギリスの元スパイマーク・アレンは、トラベラーズクラブでの密会から程なく諜報機関MI6を退職。現在は石油大手BPの顧問として高給を受け取り、「サー」の称号まで手にした(アレンの事務所は、彼の果たした役割についてコメントを拒否している)。

ニュース速報

ビジネス

「MRJ」初号機納入は最大で2年延期、2020年半

ワールド

テヘランで高層ビル火災、消火中に崩壊 消防士ら20

ビジネス

お知らせ:重複記事を削除します

ビジネス

ドル調達コストは高止まり、金融不安定化回避が責務=

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない」悲哀

  • 2

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 3

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 4

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 5

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 6

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 7

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 8

    「大統領弾劾」の余波が日韓の雪解けを直撃する

  • 9

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精…

  • 10

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 3

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 4

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 5

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月