注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

ドイツ

メルケル政権に「フクシマ」の大逆風

Japan's Nuclear Crisis and Merkel's Defeat

原発4基が稼動するバーデン・ビュルテンベルク州の議会選挙で、原発廃止を訴える野党・緑の党が大躍進。福島原発事故を機に広がる「メルケル離れ」

2011年3月29日(火)18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 ドイツ南部バーデン・ビュルテンベルクで3月27日に行われた州議会選挙で、アンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と自由民主党(FDP)の連立野党が反原発を掲げる環境政党の緑の党に敗北した。

 現時点での開票結果によると、中道右派のCDUの得票率は39.0%、原発廃止を求める環境政党の緑の党が24.2%を獲得して第2党に躍進。緑の党は第3党の中道左派の社会民主党(SPD)との左派連立を表明しているため、バーデン・ビュルテンベルク州首相の座が野党連合に渡るのは確実とみられている。CDUが同州の首相ポストを明け渡すのは、実に58年ぶりのことだ。

 CDUの最大の敗因は、日本の原発事故だ。今も原発4基が稼働中のバーデン・ビュルテンベルクでは、事故を機に原発反対の感情が一気に噴出した。原発廃止を党是に掲げる緑の党は、この4基の即時停止を求めている。

 ドイツでは、数十年前から原発は激しい論争の種だった。09年に発足したメルケルの中道右派連立政権は、それまでの脱原発路線から原発推進へと舵を切り、昨年には2022年までにすべての原発を廃止するとした2000年制定の法律を白紙に戻した。しかし国民の間では、原発廃止を求める声が圧倒的に多かった。今回の選挙の前日には、ドイツの4都市で原発反対の大規模なデモが行われ、およそ25万人が参加した。


敗北が市場にもたらす影響

 ロイター通信によると、メルケルに近い立場にあるノベルト・レトゲン環境相は28日、ドイツは予定を前倒しして原発を廃止すべきだと発言。自動車産業や工業の大部分が集まるバーデン・ビュルテンベルクでの敗北は、国民が早急な原発廃止を求めている証拠だと述べた。

「私たちは、原発を早い時期に廃止できることを今すぐ国民に示す必要がある。再生可能エネルギーに転換してまかなえるということも」とレトゲンは語った。

 CDUにとって、バーデン・ビュルテンベルクは1953年以来ずっと守り通した手堅い牙城だった。「(今回の敗北は)バーデン・ビュルテンベルクの歴史に深い傷跡を残した」とメルケルは記者会見で述べた。「敗北によるダメージは、1日で消えるものではない。長い道のりにはなるが、立ち直るために歩き続ける必要がある」

 一方で、市場への影響も懸念されている。今回の選挙結果を受けて、メルケルが進めるユーロ救済策が議会に阻止されるようなことにはならないだろうが、金融市場には不安が広がりかねないと指摘するアナリストもいる。ユーロ救済策の議会投票は9月まで行われないため、その間に市場が神経質になることは十分あり得るという。

(GlobalPost.com特約)

最新ニュース

ビジネス

欧州株反落、中国経済鈍化を懸念

2014.09.23

ビジネス

非標準手段さらに活用、初回の新型供給オペ想定内=ECB総裁

2014.09.23

ワールド

エボラ治験薬の使用拡大へ、感染者投与可能に

2014.09.23

ビジネス

円とユーロが対ドルで持ち直す=NY市場

2014.09.23

新着

食品

究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが、生産地には思わぬ「副作用」が [2014.6. 3号掲載]

2014.09.22
感染症

聖地巡礼を揺るがすエボラ熱の暴走

世界中から数百万人が集まるメッカ巡礼の時期が迫り、エボラ熱感染対策に追われるサウジアラビア [2014.9.23号掲載]

2014.09.19
朝鮮半島

北朝鮮で横行する墓荒らしビジネス

貧しさから盗掘に走る北朝鮮の人々と、それを買い叩く中国人 [2014.9. 9号掲載]

2014.09.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9.30号(9/23発売)

特集:英国の誤算

2014.9.30号(9/23発売)

スコットランド独立は防いでもイギリスに残る大きなダメージ
勢いづくヨーロッパ各国の分離・独立運動の行方は?

独立問題 スコットランド騒動と英国の誤算

影響 それでも止まらない欧州分裂の波

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:英国の誤算

2014-9・30号(9/23発売)

スコットランド独立は防いでもイギリスに残る大きなダメージ
勢いづくヨーロッパ各国の分離・独立運動の行方は?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  3. 3

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  4. 4

    中国政府、露骨過ぎる香港介入の理由

    イギリスからの返還時に中国が約束した「一国二制度」…

  5. 5

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  6. 6

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  7. 7

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  8. 8

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  9. 9

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  10. 10

    独立スコットランドを待つ厳しい現実

    イギリスからの独立が現実味を帯びるスコットランドだ…

  1. 1

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  2. 2

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  3. 3

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  4. 4

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  5. 5

    分離独立運動は「内乱」なのか?

    スコットランドがイギリスから独立するかどうかを決…

  6. 6

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  7. 7

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  8. 8

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  9. 9

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  10. 10

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月30…

  1. 1

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  2. 2

    スコットランド首相が辞意、「夢に終わりない」

    スコットランド行政府のアレックス・サモンド首相は…

  3. 3

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  4. 4

    中国が英グラクソに過去最高額の罰金、幹部懲役刑

    中国当局は19日、英製薬大手グラクソ・スミスクラ…

  5. 5

    キャデラックの新「最高級・ハイテク自動車」生産へ

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は19日…

  6. 6

    習主席「好戦的でない」、国境問題が対インド外交に影

    中国の習近平国家主席は18日、インドのモディ首相…

  7. 7

    韓国の格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

  8. 8

    米マイクロソフトが2100人削減、シリコンバレーのR&D拠点閉鎖

    米ソフトウエア大手マイクロソフトは18日、世界で…

  9. 9

    米格付けを「AAA」に維持=フィッチ

    格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、米国…

  10. 10

    情報BOX:スコットランド住民投票の開票状況、2地区除き結果判明

    英国からの独立の是非を問うスコットランド住民投票…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月