注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

ドイツ

メルケル政権に「フクシマ」の大逆風

Japan's Nuclear Crisis and Merkel's Defeat

原発4基が稼動するバーデン・ビュルテンベルク州の議会選挙で、原発廃止を訴える野党・緑の党が大躍進。福島原発事故を機に広がる「メルケル離れ」

2011年3月29日(火)18時59分

印刷

 ドイツ南部バーデン・ビュルテンベルクで3月27日に行われた州議会選挙で、アンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と自由民主党(FDP)の連立野党が反原発を掲げる環境政党の緑の党に敗北した。

 現時点での開票結果によると、中道右派のCDUの得票率は39.0%、原発廃止を求める環境政党の緑の党が24.2%を獲得して第2党に躍進。緑の党は第3党の中道左派の社会民主党(SPD)との左派連立を表明しているため、バーデン・ビュルテンベルク州首相の座が野党連合に渡るのは確実とみられている。CDUが同州の首相ポストを明け渡すのは、実に58年ぶりのことだ。

 CDUの最大の敗因は、日本の原発事故だ。今も原発4基が稼働中のバーデン・ビュルテンベルクでは、事故を機に原発反対の感情が一気に噴出した。原発廃止を党是に掲げる緑の党は、この4基の即時停止を求めている。

 ドイツでは、数十年前から原発は激しい論争の種だった。09年に発足したメルケルの中道右派連立政権は、それまでの脱原発路線から原発推進へと舵を切り、昨年には2022年までにすべての原発を廃止するとした2000年制定の法律を白紙に戻した。しかし国民の間では、原発廃止を求める声が圧倒的に多かった。今回の選挙の前日には、ドイツの4都市で原発反対の大規模なデモが行われ、およそ25万人が参加した。


敗北が市場にもたらす影響

 ロイター通信によると、メルケルに近い立場にあるノベルト・レトゲン環境相は28日、ドイツは予定を前倒しして原発を廃止すべきだと発言。自動車産業や工業の大部分が集まるバーデン・ビュルテンベルクでの敗北は、国民が早急な原発廃止を求めている証拠だと述べた。

「私たちは、原発を早い時期に廃止できることを今すぐ国民に示す必要がある。再生可能エネルギーに転換してまかなえるということも」とレトゲンは語った。

 CDUにとって、バーデン・ビュルテンベルクは1953年以来ずっと守り通した手堅い牙城だった。「(今回の敗北は)バーデン・ビュルテンベルクの歴史に深い傷跡を残した」とメルケルは記者会見で述べた。「敗北によるダメージは、1日で消えるものではない。長い道のりにはなるが、立ち直るために歩き続ける必要がある」

 一方で、市場への影響も懸念されている。今回の選挙結果を受けて、メルケルが進めるユーロ救済策が議会に阻止されるようなことにはならないだろうが、金融市場には不安が広がりかねないと指摘するアナリストもいる。ユーロ救済策の議会投票は9月まで行われないため、その間に市場が神経質になることは十分あり得るという。

(GlobalPost.com特約)

最新ニュース

ワールド

マレーシア経済、アジア危機時よりも強固=ナジブ首相

2015.09.03

ビジネス

国債買い入れ縮小が物価安定の近道=木内日銀委員

2015.09.03

ワールド

日中韓首脳会談、具体的な時期と場所を調整=菅官房長官

2015.09.03

ビジネス

前場の日経平均は4日ぶり反発、欧米株高受け一時386円高

2015.09.03

新着

中国

バラエティ番組も禁止の「軍事パレード」仰天舞台裏

抗日戦勝記念式典で、北京五輪以上の全体主義的な厳戒態勢が取られた理由 

2015.09.03
軍拡

ロシアが戦闘機とミサイルで「北極軍」を増強

北極圏での領有権拡大を試み、軍拡を推し進める意図は 

2015.09.02
トラベル

イラン「開国」で訪れるべきはここ!

核合意成立で欧米からの旅行者急増は必至。遺跡からリゾート地まで、見逃されていた名所は [2015.9. 1号掲載]

2015.09.02
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.9. 8号(9/ 1発売)

特集:持続不可能な中国経済

2015.9. 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

中国経済 世界が怯える中国の失速
展望 岐路に立つ中国が向かう先は「最悪の時代」か
分析 通貨切り下げに潜む本当のリスク
視点 色あせた習近平の「中国夢」
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:持続不可能な中国経済

2015-9・ 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    部活指導に時間を食われる日本の教師は「何でも屋」?

    教員が授業に専念できない、日本の教育現場の過酷…

  2. 2

    ひそかに進む日本社会の「階層化」

    文化活動を媒介にした親から子への地位の再生産は…

  3. 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

    鶏卵業界の世界的慣行になっているひよこの殺処分…

  4. 4

    ロシアが欧州に仕掛けるハイブリッド戦争

    狙いはウクライナだけじゃない、英仏など西ヨーロ…

  5. 5

    「俺はISじゃない」と髭を剃るムスリムたち

    ISISとの戦いの最前線では、髭を剃るか否かの…

  6. 6

    ネットフリックス日本進出の成否、米メディアはこう見る

    サービス開始を2週間後に控える米動画配信の巨人…

  7. 7

    「台風の目」トランプの意外な実力

    大富豪のキワモノ候補のはずが、今や支持率首位。…

  8. 8

    ハッカーに襲われた不倫サイトの顧客被害どこまで?

    サイトの性質上、会員は気が気ではない。同種のサ…

  9. 9

    脱原発に必要な抑止力とは

    原発を取り巻く「想定外」脱却に向けたリアルな視…

  10. 10

    中国「戦勝70周年」行事は韓国外交への踏み絵

    朴がロシアのプーチンと並んで軍事パレードに臨め…

  1. 1

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  2. 2

    安倍談話の「中道シフト」はホンモノか?

    ニューヨーク・タイムズが "keenly a…

  3. 3

    急拡大する太陽光発電、その光と影

    今年の7月、山梨県北杜市で、太陽光発電の開発の様…

  4. 4

    人民元切り下げから考える、注目すべき中国経済統計の話

    〔ここに注目〕輸出入額&電力消費量 人民…

  5. 5

    日本株の不安な未来

    株価が下がっている。この理由は2つある。 ま…

  6. 6

    サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

    本当にサイバー攻撃だったのか、有名だが、専門家を…

  7. 7

    シカ被害と電気柵、アメリカの事情は?

    感電事故に続いて設置者の自殺という悲劇を生ん…

  8. 8

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  9. 9

    井戸が干上がり、草原は枯れる中国西部。砂漠化とともに失われる価値観

    中国の新鋭リー・ルイジュンの長編第4作『僕たちの…

  10. 10

    「トランプ旋風」にダマされるな!

    大統領選本戦が来年11月ということを考えると…

  1. 1

    バンコクの爆発で死者22人、邦人男性1人重体

    タイの首都バンコクで17日夜、観光客で賑わう…

  2. 2

    バンコク爆発事件、監視カメラの男が容疑者か

    タイの首都バンコクの繁華街で17日夜に発生し…

  3. 3

    バンコク爆発容疑者は外国人男、2人の共犯者=タイ警察

    タイ警察当局は19日、首都バンコクの繁華街で…

  4. 4

    中国が朝鮮半島緊張に「深い懸念」、全当事者に自粛呼び掛け

    中国外務省は21日、朝鮮半島の緊張が高まって…

  5. 5

    天津爆発で安全確保困難、トヨタ現地工場の生産停止延長へ

    トヨタ自動車は19日、中国・天津市の港湾地区…

  6. 6

    天津爆発、中国保険会社の財務圧迫へ=フィッチ

    格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、…

  7. 7

    世界経済見通し一層不透明に、株価急落・原油大幅安

    21日発表された各種経済指標から、中国経済が…

  8. 8

    「アコード」08年型搭載のエアバッグ、米当局調査に着手

    米道路交通安全局(NHTSA)は21日、ホン…

  9. 9

    アジア株式市場サマリー(21日)

    <中国・香港市場> 中国株式市場は4%超の大…

  10. 10

    米国株が中国減速懸念で大幅続落、ダウは調整局面入り

    21日の米国株式市場は大幅続落して取引を終え…

ニューズウィーク日本版2015秋特別試写会「ヒトラー暗殺、13分の誤算」ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English/ Fake it till yo…

2015.09.02
コラム&ブログ一覧へ

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月