注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

ドイツ

メルケル政権に「フクシマ」の大逆風

Japan's Nuclear Crisis and Merkel's Defeat

原発4基が稼動するバーデン・ビュルテンベルク州の議会選挙で、原発廃止を訴える野党・緑の党が大躍進。福島原発事故を機に広がる「メルケル離れ」

2011年3月29日(火)18時59分

 ドイツ南部バーデン・ビュルテンベルクで3月27日に行われた州議会選挙で、アンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と自由民主党(FDP)の連立野党が反原発を掲げる環境政党の緑の党に敗北した。

 現時点での開票結果によると、中道右派のCDUの得票率は39.0%、原発廃止を求める環境政党の緑の党が24.2%を獲得して第2党に躍進。緑の党は第3党の中道左派の社会民主党(SPD)との左派連立を表明しているため、バーデン・ビュルテンベルク州首相の座が野党連合に渡るのは確実とみられている。CDUが同州の首相ポストを明け渡すのは、実に58年ぶりのことだ。

 CDUの最大の敗因は、日本の原発事故だ。今も原発4基が稼働中のバーデン・ビュルテンベルクでは、事故を機に原発反対の感情が一気に噴出した。原発廃止を党是に掲げる緑の党は、この4基の即時停止を求めている。

 ドイツでは、数十年前から原発は激しい論争の種だった。09年に発足したメルケルの中道右派連立政権は、それまでの脱原発路線から原発推進へと舵を切り、昨年には2022年までにすべての原発を廃止するとした2000年制定の法律を白紙に戻した。しかし国民の間では、原発廃止を求める声が圧倒的に多かった。今回の選挙の前日には、ドイツの4都市で原発反対の大規模なデモが行われ、およそ25万人が参加した。


敗北が市場にもたらす影響

 ロイター通信によると、メルケルに近い立場にあるノベルト・レトゲン環境相は28日、ドイツは予定を前倒しして原発を廃止すべきだと発言。自動車産業や工業の大部分が集まるバーデン・ビュルテンベルクでの敗北は、国民が早急な原発廃止を求めている証拠だと述べた。

「私たちは、原発を早い時期に廃止できることを今すぐ国民に示す必要がある。再生可能エネルギーに転換してまかなえるということも」とレトゲンは語った。

 CDUにとって、バーデン・ビュルテンベルクは1953年以来ずっと守り通した手堅い牙城だった。「(今回の敗北は)バーデン・ビュルテンベルクの歴史に深い傷跡を残した」とメルケルは記者会見で述べた。「敗北によるダメージは、1日で消えるものではない。長い道のりにはなるが、立ち直るために歩き続ける必要がある」

 一方で、市場への影響も懸念されている。今回の選挙結果を受けて、メルケルが進めるユーロ救済策が議会に阻止されるようなことにはならないだろうが、金融市場には不安が広がりかねないと指摘するアナリストもいる。ユーロ救済策の議会投票は9月まで行われないため、その間に市場が神経質になることは十分あり得るという。

(GlobalPost.com特約)

最新ニュース

ビジネス

ユンケル欧州委員長、30日期限直前にギリシャへ提案=関係筋

2015.06.30

ビジネス

前場の日経平均は小反発、買い戻し一巡後伸び悩む

2015.06.30

ワールド

エジプト検事総長が殺害される、車列に爆弾攻撃

2015.06.30

ビジネス

ギリシャ問題、影響過大評価せず冷静に注視を=甘利経済再生相

2015.06.30

新着

文学

チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

40以上の言語に翻訳されるほど人気が高いのは「わかりやすい」から 

2015.06.29
ロシア

カスパロフ「プーチンはISISより危険だ」

チェスの元世界チャンピオンでプーチンと大統領の座を争った男が予言する新帝国主義の世界 

2015.06.29
連載「転機の日本経済」(2)

日本の財政問題とギリシャ破綻

【小幡績】日本はギリシャよりはるかに大きな借金をする力があるが、その強さはアベノミクスで毀損しつつある 

2015.06.29
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.7. 7号(6/30発売)

特集:南シナ海を占拠する中国の深謀

2015.7. 7号(6/30発売)

国際社会に批判されても人工島建設を進める中国
南シナ海の米中対決はいずれ「一触即発」の危機になるのか

米中関係 南シナ海を支配する中国の野望と深謀
対中路線 フィリピンが消せない「内なる中国」の存在
マレーシア 中国の挑発行為に友好国もついに反撃?
国際法 それは「埋め立て」ではない
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:南シナ海を占拠する中国の深謀

2015-7・ 7号(6/30発売)

国際社会に批判されても人工島建設を進める中国
南シナ海の米中対決はいずれ「一触即発」の危機になるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    中国犬肉祭りは文化どころか金儲け

    2日で1万匹の犬を殺して食べる祭りの醜悪さ…

  2. 2

    MERSの治療薬を北朝鮮が開発

    奇跡のMERS治療薬は、エボラ出血熱やエイズに…

  3. 3

    北欧伝統の「クジラ追い込み漁」が始まった

    伝統文化を妨害されたフェロー諸島の住民は猛反発…

  4. 4

    ギリシャ、デフォルト後に何が起こるか

    資本規制、支援凍結、国債のデフォルト、予想され…

  5. 5

    ナチスをめぐるロシアとドイツの歴史問題

    ルフトハンザ、BMWなどに対し「恥ずべき過去」…

  6. 6

    【マンガ】アラブの覚醒とシオニズム運動(1)

    19世紀、オスマン・トルコの治世は乱れはじめ、…

  7. 7

    「増えすぎ」アジア人を排除するハーバード

    アジア人学生を排除する米一流大学にアジア系団体…

  8. 8

    24時間豊胸にブームの予感と不安

    生理食塩水を注入して短時間だけ胸を膨らませる「…

  9. 9

    【マンガ】アラブの覚醒とシオニズム運動(3)

    第二次大戦が勃発すると、アラブ諸国はおおむね中…

  10. 10

    【マンガ】アラブの覚醒とシオニズム運動(2)

    第一次大戦が終わり、エジプトとサウジアラビアは…

  1. 1

    文科省が打ち出した「文系大学はもういらない」の衝撃

    今年も憂鬱な就活の季節がやってきた。会社訪問…

  2. 2

    「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

    現地時間で23日深夜のオランダ戦を2対1で勝…

  3. 3

    警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

    「見た? アメリカの警察の、あのひどい映像。相手…

  4. 4

    香港の選挙改革とニセの民主主義

    「普通選挙」実現をめぐる香港行政長官選挙の制度改…

  5. 5

    18歳への有権者教育とは何か?

    「18歳選挙権」が国会で可決しました。…

  6. 6

    アメリカでウォッチすべき先端メディアサイト・リスト

    しばらく前からジャーナリズムの衰退が報じられ…

  7. 7

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  8. 8

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  9. 9

    誰が「ドル売り介入」最大のチャンスを阻むのか

    6月初旬の急激な円安水準について、そして円安を受…

  10. 10

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  1. 1

    英国、フランス国境の警備を強化へ 不法入国者増加で

    英国のキャメロン首相は24日、フランスのカレ…

  2. 2

    仏工場で爆発、現場に頭部切断の遺体とイスラム旗

    フランス南東部リヨン近郊で26日午前、イスラ…

  3. 3

    ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

    ユーロ圏の財務相は27日の会合で、ギリシャが…

  4. 4

    アングル:中国の人工島建設、南シナ海の「生態系破壊」にも懸念

    中国が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸…

  5. 5

    英国がEU離脱なら欧州大陸に軸足移す─ゴールドマン幹部=独紙

    米金融大手ゴールドマン・サックスの幹部は、独…

  6. 6

    ギリシャの債務減免は不要、EUが分析

    欧州連合(EU)は26日、3年間にわたって追…

  7. 7

    27日のユーロ圏財務相会合、「プランB」協議の可能性=政府高官

    ユーロ圏の政府高官は26日、ギリシャ問題をめ…

  8. 8

    NY市場サマリー(26日)

    <為替> ユーロがドルに対して弱含んだ。ギリ…

  9. 9

    アングル:三菱重の水陸両用車、米海兵隊が関心

    三菱重工業が研究を進める新型の水陸両用車に、…

  10. 10

    米国株式市場まちまち、週末のギリシャ交渉前に慎重姿勢

    26日の米国株式市場はまちまちで取引を終えた…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月