最新記事

日本人が知らないマインドフルネス

セックスに悩む女性たちをマインドフルネスが救う?

Overcoming Sexual Dysfunction

2017年10月5日(木)11時42分
レア・スルグ

Bjorn Vinter-Uppercut Images/Getty Images


171010cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版10月3日発売号(2017年10月10日号)は「日本人が知らないマインドフルネス」特集。企業の研修や医療現場で導入が進んでいるマインドフルネスは、本当に心と体を救うのか。日本ではまだ知られていないその効果をレポート。この特集から、性機能障害の治療法としての有効性に関する記事を転載する>

マインドフルネスは、性機能障害に苦しむ女性にも朗報をもたらすかもしれない。

性的欲求を感じにくい、オーガズムに達しにくい、性交時に痛みがあるといった性機能障害は、年齢や性的指向を問わず多くの女性を悩ませている。パートナーとの関係や生活の質に及ぶ影響は、時に極めて重い。

「イギリス、アメリカ、スウェーデン、オーストラリアの研究によると、女性の35~55%は、強い性的欲求を感じていない」と、ハブロック・クリニック(ロンドン)の臨床心理士カレン・ガーニーは言う。「私たちのクリニックを受診する女性には、挿入を伴う性交の際の痛みと性欲の減退を訴える人が特に多い」

これまで性機能障害の治療法として最もよく知られてきたのは、認知行動療法だろう。患者自身の物事の捉え方を見直し、変えていく療法であり、具体的には心理面の教育、コミュニケーションやリラクゼーションのためのトレーニング、専門家の指導の下でのマスターベーションなどが行われる。

「性機能障害の原因は、心理的なものもあれば、生理的なものもある」と、カップルの関係改善を支援するイギリスの団体「リレート」のセックスセラピスト、ピーター・サディントンは言う。「認知行動療法は、患者が自分の陥っているパターンを把握し、過去の経験がどのような影響を及ぼしているかを知る手助けになる場合が多い。治療効果はかなりある」

しかし、その効果がデータによって十分に裏付けられているとは言えないとの指摘もある。臨床試験の多くは被験者数が非常に少なく、追跡調査の期間も短い。しかも一部の実験では、半数以上の患者に症状の際立った改善が見られていないのだ。有効性を断定するには、まだデータを集める必要がありそうだ。

そうしたなかで、セラピストが女性たちを救うために使える選択肢を増やせるように、新しいアプローチを模索することの意義は大きい。そんな新しい治療法の1つとして脚光を浴びつつあるのが、この15年ほどの間に用いられるようになったマインドフルネスに基づく治療法(MBT)だ。

MBTの特徴は、患者が自分の現時点の思考と感情を受け入れるように促すことにある。患者の思考を直接組み換えることを目指す場合が多い認知行動療法とは、この点で異なるものだ。

【参考記事】科学者が注目する「マインドフルネス」の本当の効果

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月