最新記事

日本人が知らないマインドフルネス

セックスに悩む女性たちをマインドフルネスが救う?

Overcoming Sexual Dysfunction

2017年10月5日(木)11時42分
レア・スルグ

Bjorn Vinter-Uppercut Images/Getty Images


171010cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版10月3日発売号(2017年10月10日号)は「日本人が知らないマインドフルネス」特集。企業の研修や医療現場で導入が進んでいるマインドフルネスは、本当に心と体を救うのか。日本ではまだ知られていないその効果をレポート。この特集から、性機能障害の治療法としての有効性に関する記事を転載する>

マインドフルネスは、性機能障害に苦しむ女性にも朗報をもたらすかもしれない。

性的欲求を感じにくい、オーガズムに達しにくい、性交時に痛みがあるといった性機能障害は、年齢や性的指向を問わず多くの女性を悩ませている。パートナーとの関係や生活の質に及ぶ影響は、時に極めて重い。

「イギリス、アメリカ、スウェーデン、オーストラリアの研究によると、女性の35~55%は、強い性的欲求を感じていない」と、ハブロック・クリニック(ロンドン)の臨床心理士カレン・ガーニーは言う。「私たちのクリニックを受診する女性には、挿入を伴う性交の際の痛みと性欲の減退を訴える人が特に多い」

これまで性機能障害の治療法として最もよく知られてきたのは、認知行動療法だろう。患者自身の物事の捉え方を見直し、変えていく療法であり、具体的には心理面の教育、コミュニケーションやリラクゼーションのためのトレーニング、専門家の指導の下でのマスターベーションなどが行われる。

「性機能障害の原因は、心理的なものもあれば、生理的なものもある」と、カップルの関係改善を支援するイギリスの団体「リレート」のセックスセラピスト、ピーター・サディントンは言う。「認知行動療法は、患者が自分の陥っているパターンを把握し、過去の経験がどのような影響を及ぼしているかを知る手助けになる場合が多い。治療効果はかなりある」

しかし、その効果がデータによって十分に裏付けられているとは言えないとの指摘もある。臨床試験の多くは被験者数が非常に少なく、追跡調査の期間も短い。しかも一部の実験では、半数以上の患者に症状の際立った改善が見られていないのだ。有効性を断定するには、まだデータを集める必要がありそうだ。

そうしたなかで、セラピストが女性たちを救うために使える選択肢を増やせるように、新しいアプローチを模索することの意義は大きい。そんな新しい治療法の1つとして脚光を浴びつつあるのが、この15年ほどの間に用いられるようになったマインドフルネスに基づく治療法(MBT)だ。

MBTの特徴は、患者が自分の現時点の思考と感情を受け入れるように促すことにある。患者の思考を直接組み換えることを目指す場合が多い認知行動療法とは、この点で異なるものだ。

【参考記事】科学者が注目する「マインドフルネス」の本当の効果

ニュース速報

ワールド

スイス中銀がマイナス金利据え置き、フランは「過大評

ビジネス

ECBが金利据え置き、超緩和姿勢維持

ビジネス

エールフランスKLM、18年夏に日欧路線を増便へ

ビジネス

税制改正、与党大綱を決定 デフレ脱却へ企業投資後押

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月