最新記事

医療

身体の中に病院を作る!? 血中でデータ通信する「ナノマシン」が現実に

Could IoT nanoswarms be coming soon?

2016年10月12日(水)06時15分
ライアン・マシュー・ピアソン (c) ReadWrite[日本版]編集部

ナノマシンが体内で活躍する日も近い? (c) ReadWrite[日本版]編集部

 80年代に長期的なヒットを飛ばしたRPG『Cyberpunk 2020』や、最近だと『Eclipse Phase』など(日本で有名なのはガンダムだろう)で使われていた大量のナノマシンをあなたは覚えているだろうか。

 かつてゲームやアニメの中で活躍していたナノマシンは、それらを通じてナノマシンの危険性や可能性を我々に間接的に伝える役目を果たしていたが、今ではすっかり取り上げられなくなり、まるで死語のような扱われ方をしている。

 しかし、最近また注目を集め始めている「ナノテクノロジー」によって、目に見えない極小サイズのワイヤレスマシンが現実のものになったらどうだろう。SFの世界でしか起こりえなかったことが、現実に起こるかもしれないとしたら? あのナノマシンが互いにコミュニケーションを取りあうことができたら、どんな使い方が考えられるだろうか。

 先日、まさにこの研究に取り組んでいる科学者たちがいることが明らかになった。彼らが研究しているのは、人のDNAの100倍ちょっとの大きさで、血液の流れに乗ってデータを運ぶことができるナノサイズのデバイスである。

 ナノテクノロジーは、世界的に超高齢化社会を迎えつつある現在、医療への応用に大きな期待を寄せられている。この技術を活用することで診断から治療まで、医者は患者の体のいたるところをリアルタイムで解析できるようになる。現在の検査は放射線など体に有害となりうるものを使用しなければならないが、これが人体に無害で賢い「ナノデバイス」に取って代われる日が来るかもしれないのだ。

 ちなみに日本だと、東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻教授の片岡一則(かたおか・かずのり)氏が、ナノテクノロジーを基軸とした医薬工分野の融合、イノベーションの創出を目指している。

ニュース速報

ワールド

セッションズ米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月