最新記事

MLB

【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔

2023年10月2日(月)13時40分
ジェフ・フレッチャー(オレンジ・カウンティー・レジスター紙記者)
6月のコロラド・ロッキーズ戦で、本塁打を放ったトラウト(左)にかぶとをかぶせようとする大谷

6月のコロラド・ロッキーズ戦で、本塁打を放ったトラウト(左)にかぶとをかぶせようとする大谷 スポニチ/AFLO

<エンゼルスで6年間、苦楽を共にしてきたマイク・トラウトが「最高のチームメイト」を語る。聞き手はエンゼルスの番記者ジェフ・フレッチャー>

■本誌2023年10月10日/17日号(10月3日発売)「2023年の大谷翔平」特集より

2017年12月、ロサンゼルス・エンゼルスは大谷翔平を獲得すべく90分のプレゼンテーションを行った。マイク・トラウト外野手もニュージャージー州の自宅からオンラインで参加、エンゼルスでプレーする喜びを大谷に語り、入団を説得した。

大谷はエンゼルスを選び、2人はチームメイトとなった。大谷がメジャーリーグに入って6年がたち、エンゼルスでずっと共にプレーしている選手は今ではトラウト1人だ。

【動画】同僚トラウトから三振を奪い試合終了! 何度でも見たいWBC優勝決定の瞬間

スーパースターであるのがどんなことかを理解しているのも、この2人の共通点。現役最高打者の呼び声も高いトラウトはシーズン最優秀選手(MVP)に3度輝き、大谷も11月に2度目のMVP受賞が有力視されている。

今季の驚異的なパフォーマンスに至るまでの6年間、大谷を間近で見てきたトラウトに、地元紙でエンゼルスの番記者を務めるジェフ・フレッチャーが聞いた。

◇ ◇ ◇


――今季の大谷のパフォーマンスをどう思う?

数字が全てを物語っている。ショーヘイは今季MVPの大本命だし、受賞するべきだ。ファンは彼のプレーを楽しみに見ているし、チームメイトもそれは同じ。僕は日々、彼のプレーに脱帽している。

――チームメイトになって6年。大谷のプレーはどう変わったのか。

いろいろ調整したんだと思う。6月の活躍は圧巻だった。テキサス・レンジャーズとの4連戦では4本のホームランを放ち、投手としても1勝を挙げた。連戦であれだけの結果を出す打者を、僕はほとんど見たことがない。

――この3年の快進撃を予想した?

ショーヘイは野球選手としてあらゆる才能に恵まれている。そうした才能を、ようやくまとまった形で発揮できるようになったんだ。ほかの選手の癖を見極めたりして、勉強している。野球というゲームを真剣に学ぶ彼は、そばで見ていて楽しい。

――18年に初めてメジャーでプレーした時点で、大谷が二刀流の選手としてここまで成長すると考えた?

ショーヘイは鳴り物入りでメジャー入りし、僕らも試合のハイライト動画を見ていた。だがあの頃の彼は、自分のプレーをまとめきれていなかった。才能にはとても恵まれていたが、若かった。それが今やっと、本領を発揮している。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール(11月10日)】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ホンダ、中国合弁工場で900人削減 EV急拡大で主

ワールド

米下院、詐欺で起訴の共和サントス議員を除名 史上6

ワールド

米連邦地裁、トランプ氏の免責主張認めず 20年大統

ビジネス

米EV税優遇策、中国産材料を制限へ 24年から
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
2023年12月 5日号(11/28発売)

インフレが迫り、貯蓄だけでもう資産は守れない。「投資新時代」のサバイバル術

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 2

    バミューダトライアングルに「興味あったわけじゃない」が、予想外の大発見をしてしまった男の手記

  • 3

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 4

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 5

    世界でもヒット、話題の『アイドル』をYOASOBIが語る

  • 6

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言わ…

  • 7

    ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「…

  • 8

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 9

    「赤ちゃんの首が...」パリス・ヒルトン、息子を「抱…

  • 10

    土星の環が消失?「天体の不思議」土星の素敵な環を…

  • 1

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 2

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

  • 3

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

  • 4

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 5

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 6

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中…

  • 7

    ミャンマー分裂?内戦拡大で中国が軍事介入の構え

  • 8

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

  • 9

    男たちが立ち上がる『ゴジラ-1.0』のご都合主義

  • 10

    1日平均1万3000人? 中国北部で「子供の肺炎」急増の…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    「アルツハイマー型認知症は腸内細菌を通じて伝染する」とラット実験で実証される

  • 4

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 5

    リフォーム中のTikToker、壁紙を剥がしたら「隠し扉…

  • 6

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 7

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 8

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 9

    また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重…

  • 10

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中