最新記事

タブレット

キンドル・ファイアはiPadに勝てるか

アップルの独壇場だったタブレット型端末市場でアマゾンの新製品が初のライバルになるか

2011年11月7日(月)10時27分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

真剣勝負 199ドルという破格で「キンドル・ファイア」を売り出すアマゾン・ドットコムのベゾスCEO Shannon Stapleton-Reuters

 アップル「iPad」の独壇場と化したタブレット型情報端末市場のことを、ある投資家はこう表現した。「タブレット市場などありはしない。あるのはiPad市場と、辛うじて生き残ったその他の製品だけだ」

 しかし、アマゾン・ドットコムが11月15日に「キンドル・ファイア」を発売すれば、その勢力図も変わるだろう。キンドル・ファイアは7インチのカラー液晶画面で199ドル。iPadなら画面は9・7インチと大きいが、下位機種が499ドルもする。

 9月末にニューヨークでキンドル・ファイアを発表したアマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、「信じ難いほどお買い得」と宣伝した。「低価格のプレミアム商品だ」

 これまでアマゾンは、キンドルとiPadのユーザーはタイプが違うとしてアップルをライバル視してこなかった。だが、ついに戦端は開かれた。ベゾスはiPadを、パソコンと同期するのにケーブルが必要な「欠陥モデル」とからかった。

処理速度が速く、パソコンとも無線で同期

 これはあまりにも重要な戦争だ。アマゾンとアップルは、デジタルメディア界における覇権を争うことになったのだ。コンテンツ販売から始まったアマゾンと、端末販売から始まったアップルが、互いに相手のほうへ近づいて真ん中で鉢合わせしたわけだ。

 iPadに挑戦して敗れた他のタブレット端末と違い、キンドル・ファイアはiPadに大成功をもたらしたのと同じ秘密兵器を持っている。電子書籍や映画、音楽を売るオンラインストアだ。キンドル・ファイアには、クリック1つでアマゾンの通販サイトで買い物ができるソフトが組み込まれている。

 OS(基本ソフト)はグーグルのアンドロイドなので、アマゾンのアンドロイド向けアプリストアからアプリケーションをダウンロードできる。新しい高速ウェブブラウザ「アマゾン・シルク」は作業を2つに分け、より多くの作業を端末ではなくアマゾンのサーバー上で行うため、ページが表示されるのも速い。iPadと違い、パソコンとの同期も無線でできる。

 キンドル・ファイアをアマゾン・プライムと結び付けたのも賢い戦略だ。アマゾン・プライムは、年間79ドルで配送料がただになり、アマゾンが提供する映画やテレビ番組も無料で視聴できるサービス。キンドル・ファイアを買えば、このサービスが30日間無料で試せるという。

いずれiPad並みのサイズの新機種を投入?

 ただし不満もある。カメラやマイクロホンがないし、3Gネットワークに対応していないので通信は無線LANのある場所に限られる。メモリーは8GBとiPadの下位機種の半分だ。

 ITコンサルティング会社クリエーティブ・ストラテジーズのティム・バジャリン社長は、キンドル・ファイアには市場を一変させる可能性があると言う。「アマゾンにとっても業界にとっても重要な製品だ」

 だがiPadと真っ向から勝負するには画面が小さ過ぎる。電子書籍を読むのが主目的で、パソコンとしての使い方は二の次のユーザー向けの製品になる、とバジャリンは言う。アマゾンは来年にもiPadに対抗できる画面サイズの新機種を投入するとみるアナリストもいる。

 キンドル・ファイアは、いずれiPadのライバルになれるのだろうか。タブレット型情報端末でiPadに敗れ去ったサムスン電子やモトローラなどの雪辱を果たせるのか。

 投資家はできると思っている。新製品発表後、アマゾンの株価は2%以上上昇した。消費者がどう反応するかは発売を待たないと分からないが、私自身は今すぐ予約購入するつもりだ。

[2011年10月12日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中