冥王星の地表
4月12日にフロリダ州の「グランド・チャンピオンズ・ポロクラブ」で行われた「ロイヤル・サルート・ポロ・チャレンジ」でのメーガン妃とヘンリー王子
英王室

メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取った4人は誰?...「お友達サークル」が判明

2024.04.21
米セレブのクロエ・カーダシアン
ヘルス

米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ水着ショットに、「有害」「残念」の声が集まったワケ

2024.04.20
Udemy
事業変革

日本の大人は「学ばない」?...リスキリング事業の拡大が示すベネッセの「変革」

2024.03.26 PR
ミレイ政権発足から4カ月。変化していくアルゼンチン経済、「痛みを伴う改革」に国民の反応は?
ブログ

ミレイ政権発足から4カ月。変化していくアルゼンチン経済、「痛みを伴う改革」に国民の反応は?

2024.04.22
日本銀行の植田和男総裁
金融政策

日銀の植田総裁、物価上昇が続けば金利引き上げの「可能性が非常に高い」...国債買い入れの減額も(ワシントン)

2024.04.20
『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名様ご招待
映画

『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名様ご招待

2024.04.20
元寇船の木製いかり
文化財保護

食品だけじゃない? 元寇の沈没船遺物も保存できる糖質「トレハロース」の機能と可能性

2024.03.26 PR
バイキング時代の遺跡から新発見
考古学

タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

2024.04.20
ホームレス化を未然に防ぐAI技術
テクノロジー

「技術の正しい使い方」 ホームレス化のリスクが高い住民を、AIがいち早く「発見」し救い出す 米試験導入

2024.04.20
シャーロット王女 ルイ王子
英王室

シャーロット王女の「プロフェッショナルぶり」に賞賛の声...暴風の中で魅せた「最高のお手振り」

2024.04.20
ダイヤモンドバックスの試合中に観客同士がもめごと
アメリカ

ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子供を「蹴った」年配女性の動画が大炎上 「信じ難いほど傲慢」

2024.04.20
ネットフリックス加入者が大幅増
ビジネス

ネットフリックス、第1四半期の新規会員登録が予想を大幅に上回る...「三体」「グリセルダ」など配信開始

2024.04.19
コートニー・カーダシアン
セレブ

「気分悪いから母乳飲んだ」コートニー・カーダシアン独特の健康法にネット驚愕 「試す価値ある」と興味示す声も

2024.04.19
ウクライナ南部ザポロジエ原子力発電所
ウクライナ戦争

ロシアが占拠するウクライナ南部ザポロジエ原発にドローン攻撃...ロシアは「軍事的自制を求める」と批判

2024.04.19
ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン脳」…学校も手をこまねく問題は「書くこと」で防げる
文章術

ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン脳」...学校も手をこまねく問題は「書くこと」で防げる

2024.04.19
猫
ペット

毎日どこで何してる? 首輪のカメラが記録した猫目線の世界に「夢中になった」「永遠に見てられる」とネットの声

2024.04.18
【米大統領選】バイデン意外に健闘、共和党系の世論調査でもトランプを上回る
米大統領選

【米大統領選】バイデン意外に健闘、共和党系の世論調査でもトランプを上回る

2024.04.18
「韓国少子化の不思議」失業率2.7%、若年層の経済状況が悪くないのに深刻さを増す背景
少子化

「韓国少子化のなぜ?」失業率2.7%、ジニ係数は0.32、経済状況が悪くないのに深刻さを増す背景

2024.04.18
チームビルディング
ビジネス

「幸福度が高く、成果も出せるチーム」は、何が違うのか? ポーラ幸せ研究所が見つけた「7か条」

2024.04.18
コーヒー価格 再び高騰もコロンビアでコーヒー危機が続く理由
ブログ

コーヒー価格 再び高騰もコロンビアでコーヒー危機が続く理由

2024.04.19
コラム
外国人リレーコラム

便利なキャッシュレス社会で、忘れられていること

2024.04.18
湯川鶴章

有力AI企業が東京に拠点を設ける理由

2024.04.18
六辻彰二

「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイランは想定していたか──大空爆の3つの理由

2024.04.17
加谷珪一

紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い...規制緩和の問題は、むしろ日本独自の「歪み」にある

2024.04.17
森達也

『続・激突!カージャック』はスピルバーグの大傑作......なのに評価が低いのは?

2024.04.17
冷泉彰彦

党議拘束の緩和こそ政治改革の決め手

2024.04.17
パックンの風刺画コラム

1冊9000円で聖書までグッズ化...煩悩まみれのトランプが販売する「バイブル」の内容は?

2024.04.17
コリン・ジョイス

価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

2024.04.17
茜 灯里

推理小説の犯人当てシーンに影響? 「空気中の環境DNA」を調べれば「直前にいた人」が分かる

2024.04.16
木村正人

パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972年ミュンヘン」の悪夢再来を防げるか

2024.04.16
伊東順子

韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

2024.04.15
木村正人

プーチンを相手に「ヒトラー宥和政策」の失敗を繰り返すのか? 当時よりもひどいトランプ一派

2024.04.11
曽我太一

アメリカのユダヤ系大物政治家はなぜ「異例の発言」に踏み込んだのか...「痛烈なイスラエル首相批判」の背景

2024.04.11
外国人リレーコラム

温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本の極楽

2024.04.11
加谷珪一

「国産旅客機に再挑戦」も、このままでは今回も「失敗」が目に見えている理由...問題は技術ではない

2024.04.11
藤崎剛人

『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えなかった「加害者」

2024.04.11
六辻彰二

チョコ好きを待ち受ける「甘くない」未来...「カカオショック」が長期化するとみられる理由

2024.04.10
Youtube
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 8

    あまりの激しさで上半身があらわになる女性も...スー…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

Youtube