注目のキーワード
文字サイズ

SPECIAL 特集

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

世界が尊敬する日本人

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.26
2009.04.26

海外で知られる日本人は寿司職人やスポーツ選手だけという時代は終わった。グローブデザイナーや気象学者、ヨーデル歌手など、それぞれの分野で称賛を得ている人々の姿を通し、ボーダレス化が加速する新しい時代の日本人像を探った。

特集「世界が尊敬する日本人」

日本

石井健雄(ヨーデル歌手)

アルプスにこだまする歌声

2009.04.24
日本

藤田哲也(気象学者)

気象界のミスター・トルネード

2009.04.24
日本

が〜まるちょば(パントマイムアーティスト)

心で世界を動かす笑いのロックンロール

2009.04.24
日本

どーもくん(NHKキャラクター)

世界のテレビに乗り込むぞ!

2009.04.24
日本

鈴木宗男(衆院議員)

日ロ関係を支えた疑惑の男

2009.04.24
日本

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

巨匠たちが頼る「顔面のシェフ」

2009.04.08
日本

岡野雅行(岡野工業社長)

米軍も頼りにする職人芸

2009.04.08
日本

押谷仁(WHO感染症地域アドバイザー)

SARSを食い止めた前線指揮官

2009.04.08
日本

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

中世の音を現在に甦らせる

2009.04.08
日本

田中淳子(フォトグラファー)

ヒップホップの魂をつかむカメラ

2009.04.08
日本

外尾悦郎(彫刻家)

ガウディの哲学を石に刻む

2009.04.08
日本

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

オマーン人が慕う名物校長

2009.04.08
日本

山下哲也(ギャルソン)

カフェの本場でめざす究極のおもてなし

2009.04.08
日本

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

国連を陰で支える腕利きの女性報道官

2009.04.08
日本

麻生茂明(グローブデザイナー)

ボンズもマダックスもこの「職人」を頼る

2009.04.08
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:ISISの逆襲

2015-6・ 2号(5/26発売)

消滅寸前とみられていた残虐集団ISISが反転攻勢
自称「カリフ国家」の侮れない狡猾戦略とは

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
ニューズウィーク日本版2015夏特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    中央アジア諸国のいいカモになる「西進」中国

    日米同盟に阻まれて方向転換したものの、「シルク…

  2. 2

    外国人投資家、企業破たん増加で中国の矛盾した司法制度に直面も

    景気減速で明らかになりつつある中国ビジネスのリ…

  3. 3

    焦点:「中国脅威論」高まるフィリピン、基地増強に世論後押し

    かつて基地増強に反対していた住民も、今では同盟…

  4. 4

    オンラインで首切り執行人8名を募集中

    その仕事に特定の技能や学歴は必要ないが、「聖職…

  5. 5

    中国の植民地主義を黙認した日本の失点

    反帝国主義に由来するアジア・アフリカ会議で新た…

  6. 6

    息がぴったり、ISISと米共和党

    イスラム教を戦争の宗教と決めつけ、宗教対立を煽…

  7. 7

    焦点:金庫番失ったイスラム国、米軍の急襲で学んだ「教訓」

    米軍特殊部隊の攻撃で露呈した過激派組織の意外な…

  8. 8

    「完全な」電気自動車が現実に

    新しい家庭用蓄電池がカーライフの革命的解放につ…

  9. 9

    おバカ投稿を削除できるお助けアプリ

    フェイスブックやグーグルによる個人情報収集もブ…

  10. 10

    米国の食肉表示は「違反」とWTOが判断、貿易戦争に発展か

    食の安全と自由貿易をめぐる対立が深まる…

  1. 1

    「維新」の「小さな政府論」はどうして行き詰まったのか?

    大阪市に関する「市の解体と5区の設置」を問う…

  2. 2

    日本を変えるのはKYのチカラだ!

    はじめまして。アメリカ人でありながら日本でお笑い…

  3. 3

    なぜ人手不足なのに賃金が下がるのか

    2012年末に安倍首相が登場して「デフレ脱却…

  4. 4

    南シナ海に中国の「新大陸」ができる?

    昨年以来、中国は領有権で争いのある南シナ海の南…

  5. 5

    イラク、「宗派的に見える」ことが問題

    イラク西部の都市、ラマーディが「イスラーム国…

  6. 6

    アムトラック脱線で「リニア売り込み」は加速するか

    今週12日夜にフィラデルフィア郊外で発生した…

  7. 7

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  8. 8

    第五福竜丸の死因は「死の灰」ではなかった

    今年の日本記者クラブ賞の特別賞に、南海放送(…

  9. 9

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  10. 10

    中国はいったん「崩壊」していい

    今週のコラムニスト:李小牧 わが中国でまた…

  1. 1

    英国のEU離脱めぐり先行き不透明感、銀行が投資見合わせ

    英国銀行協会(BBA)によると、欧州連合(E…

  2. 2

    著名クライマーが断崖ジャンプで死亡、米ヨセミテ公園で

    米カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で、著名…

  3. 3

    グラハム米共和党上院議員、6月1日に大統領選出馬を正式表明へ

    米共和党のリンジー・グラハム上院議員(サウス…

  4. 4

    米司法省、産業スパイ罪で中国人6人起訴 天津大教授など

    米司法省は19日、米半導体メーカー2社から企…

  5. 5

    経済3団体がAIIB参加に慎重な立場表明=自民合同会議

    自民党は20日、外交部会・財務金融部会などの…

  6. 6

    世界銀行、インドネシアのインフラ投資に120億ドル支援へ

    世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は、イ…

  7. 7

    欧州ドローン計画に伊・仏・独が調印、協力拡大で開発に弾み

    イタリア、フランス、ドイツの3カ国は18日、…

  8. 8

    北朝鮮の潜水艦ミサイル試射、公開写真は「修正後」=米軍幹部ら

    米統合参謀本部のウィネフェルド副議長(海軍大…

  9. 9

    タカタ、エアバッグ欠陥認め全米で3400万台リコールへ

    タカタが約3400万台の車両に搭載されたエア…

  10. 10

    新型「ロードスター」、世界販売は年3万台計画=マツダ社長

    マツダの小飼雅道社長は20日、スポーツカー「…