NewsTopics ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

世界が尊敬する日本人

ニューストピックス

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.26
2009.04.26

海外で知られる日本人は寿司職人やスポーツ選手だけという時代は終わった。グローブデザイナーや気象学者、ヨーデル歌手など、それぞれの分野で称賛を得ている人々の姿を通し、ボーダレス化が加速する新しい時代の日本人像を探った。

特集「世界が尊敬する日本人」

日本

石井健雄(ヨーデル歌手)

アルプスにこだまする歌声

2009.04.24
日本

藤田哲也(気象学者)

気象界のミスター・トルネード

2009.04.24
日本

が〜まるちょば(パントマイムアーティスト)

心で世界を動かす笑いのロックンロール

2009.04.24
日本

どーもくん(NHKキャラクター)

世界のテレビに乗り込むぞ!

2009.04.24
日本

鈴木宗男(衆院議員)

日ロ関係を支えた疑惑の男

2009.04.24
日本

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

巨匠たちが頼る「顔面のシェフ」

2009.04.08
日本

岡野雅行(岡野工業社長)

米軍も頼りにする職人芸

2009.04.08
日本

押谷仁(WHO感染症地域アドバイザー)

SARSを食い止めた前線指揮官

2009.04.08
日本

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

中世の音を現在に甦らせる

2009.04.08
日本

田中淳子(フォトグラファー)

ヒップホップの魂をつかむカメラ

2009.04.08
日本

外尾悦郎(彫刻家)

ガウディの哲学を石に刻む

2009.04.08
日本

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

オマーン人が慕う名物校長

2009.04.08
日本

山下哲也(ギャルソン)

カフェの本場でめざす究極のおもてなし

2009.04.08
日本

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

国連を陰で支える腕利きの女性報道官

2009.04.08
日本

麻生茂明(グローブデザイナー)

ボンズもマダックスもこの「職人」を頼る

2009.04.08
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:健康寿命の先端科学

2015-8・ 4号(7/28発売)

巨額の資金を投じてシリコンバレーで進む不老不死研究
だが永遠に生き続けることは本当に幸せなのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

    世界60カ国以上の世界遺産を訪れた旅行の猛者が…

  2. 2

    豊かな日本で「自由」を実感できないのはなぜか

    年齢が上がるとともに自由を感じられなくなる傾向…

  3. 3

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

    世界60カ国以上の世界遺産を訪れた旅行の猛者が…

  4. 4

    熱海と大差ない、「世界一美しい」アマルフィ海岸

    世界60カ国以上の世界遺産を訪れた旅行の猛者が…

  5. 5

    日本経済の真の課題 後半(最終回)

    【小幡績】アベノミクスは、成長率の引き上げにこ…

  6. 6

    日本人ムスリムの姿から、大切な「当たり前」を再確認する

    平和な宗教か凶悪な宗教か――『日本の中でイスラ…

  7. 7

    これさえあれば安いビールも絶品に

    音波の力でビールをグレードアップさせる魔法のサ…

  8. 8

    【動画】暴走トランプがここまで引き下げた共和党のレベル

    「恐怖と偏見に訴えているだけ」のトランプに共和…

  9. 9

    北朝鮮の飢餓の元凶は国際援助?

    今年は「100年に1度」の干ばつだという北朝鮮…

  10. 10

    米保守派が歴史教科書の「自虐史観」修正に圧力

    テロリストを育成する反米教育だとして、高校の歴…

  1. 1

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  2. 2

    弁護士大量拘束事件と「法治国家」のデタラメ

    中国の人権派弁護士が最近、共産党政府によって…

  3. 3

    こんまりの「片づけ本」がアメリカでバカ売れした理由

    自宅の大規模な増改築をすることになり、家をいった…

  4. 4

    日本ではなぜ安全保障政策論議が不在なのか

    なぜこうなってしまったのか。実に奇妙な事態になっ…

  5. 5

    中国の軍事的膨張で変容する太平洋の秩序

    安保国会は山場を超え、あとは参議院の審議を残…

  6. 6

    いま必要なのは途上国型の「戦時レジーム」の清算だ

    国連は、世界の人口が2100年に112億人に…

  7. 7

    「安保法制」の落とし所はどこにあるのか?

    先週末放送の「朝まで生テレビ!」に出演して思…

  8. 8

    ノームコア「究極の普通」という生き方

    最近、あちこちで使われるようになったノームコアと…

  9. 9

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  10. 10

    安倍政権、「安保法制」局面のサバイバル・シナリオとは?

    それにしても、奇妙な政治状況になってきました…

  1. 1

    特別リポート:「スバル」快走の陰で軽視される外国人労働者

    今年5月8日、富士重工業が東京で開いた決算説…

  2. 2

    金や新興国資産の「投げ売り」発生=米メリルリンチ

    米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは24…

  3. 3

    クリントン氏、キャピタルゲイン税率スライド制導入など提案

    2016年米大統領選の民主党最有力候補ヒラリ…

  4. 4

    米財務省、ウクライナ問題でロシア実業家関係者らに追加制裁

    米財務省傘下の外国資産管理室(OFAC)は3…

  5. 5

    インド洋で残骸発見、不明マレーシア機か確認急ぐ

    インド洋に浮かぶフランス領レユニオン島で発見…

  6. 6

    三菱自が米生産から撤退、販売は継続へ

    三菱自動車は、米イリノイ州工場での生産を停止…

  7. 7

    中国が株購入継続へ、下支え策縮小とのうわさ否定

    中国当局は27日、株式市場の安定化に向け、株…

  8. 8

    米国株が続落、世界経済への不安でコモディティ株に売り

    24日の米国株式市場は続落して取引を終えた。…

  9. 9

    ユーロ圏国債利回り低下、弱いPMIや原油安で緩和期待=金融市場

    24日のユーロ圏金融・債券市場は、国債利回り…

  10. 10

    米新築住宅販売7カ月ぶり低水準、市場回復傾向は続く

    米商務省が24日発表した6月の新築1戸建て住…