SPECIAL 特集

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

世界が尊敬する日本人

特集

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.26
2009.04.26

海外で知られる日本人は寿司職人やスポーツ選手だけという時代は終わった。グローブデザイナーや気象学者、ヨーデル歌手など、それぞれの分野で称賛を得ている人々の姿を通し、ボーダレス化が加速する新しい時代の日本人像を探った。

特集「世界が尊敬する日本人」

日本

石井健雄(ヨーデル歌手)

アルプスにこだまする歌声

2009.04.24
日本

藤田哲也(気象学者)

気象界のミスター・トルネード

2009.04.24
日本

が〜まるちょば(パントマイムアーティスト)

心で世界を動かす笑いのロックンロール

2009.04.24
日本

どーもくん(NHKキャラクター)

世界のテレビに乗り込むぞ!

2009.04.24
日本

鈴木宗男(衆院議員)

日ロ関係を支えた疑惑の男

2009.04.24
日本

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

巨匠たちが頼る「顔面のシェフ」

2009.04.08
日本

岡野雅行(岡野工業社長)

米軍も頼りにする職人芸

2009.04.08
日本

押谷仁(WHO感染症地域アドバイザー)

SARSを食い止めた前線指揮官

2009.04.08
日本

横田宗隆(パイプオルガン建造家)

中世の音を現在に甦らせる

2009.04.08
日本

田中淳子(フォトグラファー)

ヒップホップの魂をつかむカメラ

2009.04.08
日本

外尾悦郎(彫刻家)

ガウディの哲学を石に刻む

2009.04.08
日本

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

オマーン人が慕う名物校長

2009.04.08
日本

山下哲也(ギャルソン)

カフェの本場でめざす究極のおもてなし

2009.04.08
日本

岡部万里江(国連事務総長次席報道官)

国連を陰で支える腕利きの女性報道官

2009.04.08
日本

麻生茂明(グローブデザイナー)

ボンズもマダックスもこの「職人」を頼る

2009.04.08
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:「イスラム国」残虐性の原点と実態

2015-2・ 3号(1/27発売)

日本人2人を人質に身代金を要求した「イスラム国」
暴力で世界を戦慄させる過激集団の知られざる原点と行く末

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    7兆ドルをどぶに捨てた中国に明日はあるか

    世界第2位の経済大国になった中国がこのままトン…

  2. 2

    超リッチ層の富の独占が止まらない!

    世界の上位1%の最富裕層が世界の富の半分以上を…

  3. 3

    水素燃料電池車の時代は本当に来るか

    トヨタが決断した特許の無償提供で開発競争に拍車…

  4. 4

    オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!

    「国境を守る」ため打ち出したのは、人権を脇に置…

  5. 5

    アルカイダは「ISISを容認せず」

    アルカイダ系で最大の組織の指導者が、斬首の撮影…

  6. 6

    ボコ・ハラム2000人虐殺の恐怖

    テロリストたちは、灌木に逃げ込んだ住民を執拗に…

  7. 7

    「表現の自由」の美名に隠れた憎悪も糾弾せよ

    理想を貫いたシャルリ・エブドの「殉教者」たちは…

  8. 8

    聖戦を煽る「イスラム国」指導者が空爆で負傷?

    過去に報じられた負傷説や死亡説は本人が否定して…

  9. 9

    中国「アジアはアジアで守る」脱アメリカ宣言の思惑

    地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すとい…

  10. 10

    仏新聞社襲撃テロで高まる「極右大統領」の現実味

    排外主義を掲げる極右政党「国民戦線」のルペン党…

  1. 1

    黒田総裁の「敗北宣言」で日銀は白川時代に戻った

    日本銀行が1月21日に公表した展望レポートの…

  2. 2

    パリ連続テロ、分裂するアメリカのリアクション

    先週パリで発生した、風刺雑誌『シャルリ・エブ…

  3. 3

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  4. 4

    「正社員」の幻想を捨てればイノベーションが生まれる

    民主党の代表選挙が始まったが、3人の候補者が…

  5. 5

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  6. 6

    嫌イスラームの再燃を恐れるイスラーム世界

    シャルリー・エブド誌襲撃事件は、世界を震撼さ…

  7. 7

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  8. 8

    オバマが「無料化」を提案したコミュニティ・カレッジとは?

    今週20日の晩にオバマ大統領は「年頭一般教書…

  9. 9

    「中央官庁を持ってくれば」大阪は再生するのか?

    大阪の府市合併(大阪都構想)問題は、今年住民…

  10. 10

    「日本は5年で破綻」藤巻健史氏の警告に対しての「解」はあるのか?

    6月14日に米ブルームバーグが配信した藤巻健…

  1. 1

    イスラム国が2邦人殺害警告、安倍首相「許しがたいテロ行為」

    過激派組織「イスラム国」は20日、人質として…

  2. 2

    イラク軍の対イスラム国地上戦、開始には数カ月かかる=英外相

    ハモンド英外相は22日、イラク軍が過激組織「…

  3. 3

    湯川遥菜氏が殺害されたとみられるビデオ投稿、言語道断の暴挙=官房長官

    菅義偉官房長官は25日午前零時10分から緊急…

  4. 4

    「スイスフランショック」の余波世界に、為替業者が破綻

    スイス国立銀行(中銀)が一転してフランの対ユ…

  5. 5

    東芝、中国への原子炉機器供給で交渉=会長

    東芝の室町正志会長は22日、中国の原子炉向け…

  6. 6

    湯川さんとみられる殺害画像を投稿、安倍首相「許しがたい暴挙」

    「イスラム国」とみられる過激派組織に拘束され…

  7. 7

    東電と中部電、ビトル・仏GDFスエズからLNG調達へ=貿易筋

    東京電力と中部電力が、石油商社ビトル[VIT…

  8. 8

    人質事件に自衛隊派遣可能か、政府が新安保法制の想定問答集=関係筋

    過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件…

  9. 9

    日本マクドナルド、CFOをサプライチェーン責任者に=文書

    日本マクドナルドホールディングスがサプライチ…

  10. 10

    後藤健二さんの母が解放を訴え、「イスラム国の敵ではない」 

    イスラム国とみられる過激派組織に拘束されたジ…