コラム

人間の脅迫観念を強烈に表す「モデルと鶏」

2017年07月12日(水)10時46分
人間の脅迫観念を強烈に表す「モデルと鶏」

From Romina Ressia @rominaressia

<ポートレートの中に古典的な要素とブラックユーモアを持ち込み、人間のオブセッションを探求する南米アルゼンチンの芸術家ロミナ・レッシア>

南米の偉大な芸術家には、コロンビアの小説家ガブリエル・ガルシア・マルケスをはじめ、魔術的リアリズムの匂いを解き放っている者が多い。アルゼンチンのブエノスアイレス郊外の小さな村で生まれ育った、ロミナ・レッシアもそんなタイプの芸術家だ。ポートレート写真の中に古典的な要素と皮肉やブラックユーモアを持ち込み、人間のオブセッション(取りつかれた脅迫観念)を探索している。

まだ36歳ながら、レッシアは世界各地の美術館やアートギャラリーで個展を開いている。小さいときからアートを学んでいたが、大学では経済学を専攻し、その後しばらくは多国籍企業で働いていた。余談だが、現代の優れた写真家やアーティストにはこの手のパターンが多い。

作品ごとにスタイルは異なるが、アナクロニズム(時代遅れ性)とジャクスタポジション(対立する2つの要素を並列すること。通常は別々に表すが、レッシアの場合、1つの写真の中でそれを行っている)は彼女が多用する大切な構成要素、あるいはテクニックだ。

例えば、「How would have been?」シリーズ。モデルはヴィクトリア朝のドレスで着飾っているが、そのシリーズの1枚にははっきりと歯の矯正器具(ブラスワイヤー)が見られる(下写真)。そこには古典と現代の対比、そして時空を超えて共通する脅迫観念がある。先述した人間のオブセッション、美へのオブセッションが強烈に表現されているのである。

スポーツ・ユニフォームをモデルに着せた「The Champions」シリーズも、ジャクスタポジションを使用したオブセッションへの探求だ。モデルにスポーツ・ユニフォームを着させているが、もちろんスポーツが焦点ではない。レッシアの言葉を借りれば、「栄光とか成功」で人を判断しがちな現代社会に対する問題提起である。

【参考記事】どこか不可思議な、動物と少女のポートレート

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ビジネス

日銀が政策維持、片岡委員「不十分」と反対 総裁「緩

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

ワールド

スウェーデン中銀、当面は現行政策を維持=議事要旨

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 5

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 6

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 7

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!