プレスリリース

仏鋳物ほうろう鍋ストウブ サステナビリティプロジェクト「STAUB 2nd Life Reward Program」12/4(月)より引き取りスタート

2023年12月04日(月)12時00分
ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社(所在地:岐阜県関市、代表取締役:アンドリュー・ハンキンソン)のフランス鋳物ほうろう鍋ブランド ストウブは、使わなくなったほうろう鍋を引き取り、ツヴィリング公式オンラインショップでご使用いただけるクーポンと交換する新しいサービス「STAUB 2nd Life Reward Program」を始動いたします。
9月14日(木)に先立って販売を開始していたサステナビリティプロジェクト「STAUB 2nd Life(ストウブ セカンド ライフ)」にて、お客様からのココットの引き取りの準備が整いましたので、12月4日(月)からお申し込みを開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_1.jpg
「STAUB 2nd Life Reward Program」メインイメージ

概要ページはこちら: https://staub2ndlife.zwilling.com/pages/reward


【STAUB 2nd Lifeとは】
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_2.jpg
「STAUB 2nd Life 」ロゴ

「STAUB 2nd Life」は、使われなくなったココットを販売しているサステナビリティプロジェクトです。価格は、製品の状態に応じて希望小売価格の40%~60%程度に抑えています。
ブランドとして「持続可能な開発目標(SDGs)」というグローバルな課題解決に向けた取り組みを模索する中で、使う人のライフスタイルの変化によって役目を終えてしまうストウブがあること、そして厚みのある鋳鉄製で、表面にエマイユ(ほうろう)加工を施したストウブの鋳物ほうろう鍋は耐久性に非常に優れているということに着目。使わなくなったほうろう鍋を丁寧にメンテナンスした上で、一点ものの貴重な製品として販売することで新たな世代へと受け継ぐことによって、商品の再生利用に貢献します。

また、本プロジェクトは、Free Standard株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:張本 貴雄)が提供するブランド主導のリコマースオペレーティングシステム「Retailor(リテーラー)」による、流通リコマースオペレーティングシステムを採用しています。メーカー・ブランドが自社ECサイト上に「お試し」・「リユース」の機能を実装して、独自の二次流通市場を構築することが可能になります。「リユース機能」では、ブランド独自のリユースサイトを構築、必要に応じて商品収集・真贋確認・商品メンテナンス・保管・撮影・登録といった機能を提供しています。

「リテーラー」サービスサイト: https://freestandard.co.jp/retailor


【「STAUB 2nd Life Reward Program」プロジェクト概要】
「STAUB 2nd Life Reward Program」では、大切な想い出がつまったココットを新しいオーナー様へお引渡しのお手伝いをさせていただきます。
実際にお客様が使用していて使われなくなったココットを収集・クリーニング・査定をして「STAUB 2nd Life」のECサイトで販売します。引き取らせていただいたココットは、公式オンラインショップで利用可能な8,000円分のクーポンと交換させていただきます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_3.jpg
ピコ・ココット ラウンド イメージ

■引き取り開始日
12月4日(月)より申し込み開始

■引き取り対象商品
ピコ・ココット ラウンド 18cm/20cm/22cm/24cm(カラーは問いません)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_4.jpg
ピコ・ココット ラウンド 18cm/20cm/22cm/24cm

使用状態は問わず、焦げ跡などがあったままのものでもお引き取りします。引き取らせていただいたココットは大切にクリーニングをした上で、新しい食卓へお届けします(ハンドルが取れている、ホーローの欠けや剥がれの大きいものなど、通常使用可能な状態に修復不可能と判断される商品はお引き取りできかねます)。

■お申し込み手順
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_5.jpg
お申し込み手順 イメージ

1. お申し込みフォーム入力
特設ページ内( https://staub2ndlife.zwilling.com/pages/reward )の「お申し込みはこちら」より、必要情報を入力して引き取り申込みを行います。

2. 商品を梱包して発送する
お申し込みから5営業日以内に梱包キットが申込時の住所ポストに投函されます。同梱された箱と着払い伝票をご利用の上、お客様ご自身で所定の運送業者への持込み発送もしくはご自宅への集荷手配を行っていただきます。

3. クーポンコードを受け取る
商品配送後、約2週間程度で査定が完了します。入力いただいたメールアドレスに、新しいストウブ/ツヴィリング製品を8,000円(税込)引きで購入可能なクーポンコードをお送りします。

■クリーニングについて
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_6.jpg
クリーニングの様子

生活に寄り添ってきたストウブに残るその汚れは、積み重ねた時間と想い出の痕跡。本プロジェクトでは、ブランドのポリシーおよびクオリティースタンダードに基づき全体をクリーニングしています。はじめてのオーナーとの想い出はそのままに、身支度を整え、次なるあなたの食卓へストウブを運ぶサポートをします。

●中面のクリーニング
中面の汚れは天然成分で安心なお酢や重曹を使い、丁寧に手入れを施します。クリーニング後の写真はオイルをなじませる仕上げ前の状態です。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_7.jpg
中面:クリーニング前(写真左)とクリーニング後(写真右)

●外面のクリーニング
火にあたって付いてしまう焦げや汚れも入念に手入れを施すことで、風合いあるエマイユ(ほうろう)の艶や色合いが戻ります。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/377739/LL_img_377739_8.jpg
外面:クリーニング前(写真左)とクリーニング後(写真右)

【関係者のコメント】
■Free Standard株式会社 代表取締役社長 張本 貴雄氏
世界ではブランド主導のリコマースがスタンダードになり始めている中、今回ストウブ様と共にユーザー下取りを正式ローンチすることができ、大変嬉しく思います。
ブランド公式リコマースの価値は、アイテム寿命を延ばすことで、限りある環境資源に配慮した循環型消費を実現可能にすることです。
循環型消費の中で、大きな役割を担う『下取り』を実施することによって、既存ユーザー様との長期的な関係を築くと共に、新たなアイテムとの出会いも創造することが可能になります。
ユーザー様の色々な想いが詰まったアイテムをお引き取りさせていただき、メーカー基準のメンテナンスを施すことにより、また新たなユーザーへ想いと一緒に繋げる取り組みを当たり前にできればと思います。

■ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社 代表取締役 アンドリュー・ハンキンソン
私たちは今回の取り組みで「使わなくなったものは基本的には捨てる」という考え方から、「使わなくなったら、それを欲しいと思う他の人に渡す」という好循環を当たり前にしたいと考えています。
ストウブは決して安い商品ではありません。リユース品という選択肢により、これまで「使ってみたいけど価格面で決断しきれなかった」方にも使ってもらうことだけでなく、ブランドの新しい顧客層が開拓されることも期待しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英スタンチャート、23年は18%増益 利益見通しは

ワールド

中国、辰年で出生数増加 人口減少緩和も=現地メディ

ワールド

アルメニア、ロシア主導軍事同盟への参加凍結=首相

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答えた

  • 4

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 7

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中