Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

アメリカの砂漠に現れた 人類と地球の未来

THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR

Photographs by Jamey Stillings

米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進むアイバンパ太陽光発電システム(12年10月)

 広大な砂漠地帯の中に、SF映画に登場するような建造物が突然姿を見せる。米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進められている、アイバンパ太陽光発電システムだ。

 写真家のジェイミー・スティリングスは建設が始まった10年末から、この土地の変わりゆく景色を空撮してきた。一連の写真からは石炭や石油、原子力に頼ったエネルギー政策から、再生可能エネルギーへの転換を目指す人類と、地球との関わりを考える上での重要なヒントが見えてくる。

 来年の完成時には、アイバンパは世界最大の太陽光発電所になる。地表に並べられた約17万枚のヘリオスタットと呼ばれる鏡が3つの塔の上部に設置された集熱器に向けて太陽光を反射し、392㍋㍗を発電。アメリカの14万世帯が使用する電力を賄うことができるという。

 こうしたプロジェクトの最終的な目的は、地球環境を守ることにある。一方で、自然の中にこれほど大規模な人工建造物を造ることが正しいのかどうか、意見は分かれる。

 この施設が人類の明るい未来への足掛かりになるのか。その答えはまだ見つからない。

Photographs by Jamey Stillings

<2012年12月5日号掲載>

Bookmark:

Recommended

MAGAZINE

特集:パイロットの安全神話

2015-4・ 7号(3/31発売)

150人が死亡した独LCC機墜落は副操縦士の故意だった
「安全の守護神」と信じられていたパイロットの死角

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  2. 2

    7兆ドルをどぶに捨てた中国に明日はあるか

    世界第2位の経済大国になった中国がこのままトン…

  3. 3

    中国の大気汚染のうれしい「副作用」

    都市部で発生するスモッグが、中国政府の地球温暖…

  4. 4

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  5. 5

    玩具の王様レゴ、快進撃の理由

    老舗の好業績を支える世界進出とエンタメビジネス…

  6. 6

    連日パリを脅かすドローンの正体は

    アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の…

  7. 7

    ASEANブランドに泥を塗る主要3カ国

    司法がまともに機能しないマレーシア、タイ、イン…

  8. 8

    香港で広がる中国本土アレルギー

    日常のショッピングモールで大学で、噴き出しはじ…

  9. 9

    残虐「石打ち死刑」目前のイラン女性

    「胸まで地中に埋め、石を投げつけてなぶり殺す」…

  10. 10

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  3. 3

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  4. 4

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  5. 5

    震災当日の晩、JR東日本は何を最優先にしたか

    今年も「あの日」がやってきました。4周年とい…

  6. 6

    リチャード3世発見でよみがえる歴史の真実

    たぶん、僕は「インディ・ジョーンズ世代」の1…

  7. 7

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  8. 8

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  9. 9

    人種対立暴動の背景にある3段階の差別とは

    ミズーリ州ファーガソンでの白人警官による黒人…

  10. 10

    世界が尊敬する日本人

    私は京都のある大学で週1時間だけ「メディア論…

  1. 1

    「アメリカン・スナイパー」射殺、元海兵隊員に終身刑

    米テキサス州の裁判所は24日、米海軍特殊部隊…

  2. 2

    イスラム国少年兵が「イスラエルのスパイ」銃殺、ネットに映像公開

    過激派組織「イスラム国」は10日、イスラエル…

  3. 3

    「スパイ」銃殺の少年兵はフランス人か、イスラム国の映像に登場

    過激派組織「イスラム国」が、アラブ系イスラエ…

  4. 4

    イタリア中銀とECB、1500億ユーロの伊政府債買い入れへ

    イタリア中央銀行は9日、欧州中央銀行(ECB…

  5. 5

    中国のCIC、森トラストから目黒雅叙園を取得=アドバイザー

    中国のソブリンファンド、CICが森トラストか…

  6. 6

    焦点:カジノ法案が瀬戸際に、上程先を国交委に変更する案も

    カジノを含む統合型リゾート(IR)の運営を解…

  7. 7

    日韓通貨交換、最後の融資枠100億ドル分延長せず

    日韓両政府が、国際金融市場の有事にドルを融通…

  8. 8

    H7N9型鳥インフル、突然変異でパンデミックの恐れ=研究報告

    [ロンドン 11日 ロイター] - 英科学誌ネ…

  9. 9

    米ドル高懸念、対象は主に欧州=渡辺JBIC総裁

    国際協力銀行(JBIC)の渡辺博史総裁(元財…

  10. 10

    日中韓外相会談を今月開催へ、首脳会談を視野

    日中韓3カ国が今月、約3年ぶりに外相会談を開…