Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

アメリカの砂漠に現れた 人類と地球の未来

THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR

Photographs by Jamey Stillings

indexへ戻る

米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進むアイバンパ太陽光発電システム(12年10月)

 広大な砂漠地帯の中に、SF映画に登場するような建造物が突然姿を見せる。米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進められている、アイバンパ太陽光発電システムだ。

 写真家のジェイミー・スティリングスは建設が始まった10年末から、この土地の変わりゆく景色を空撮してきた。一連の写真からは石炭や石油、原子力に頼ったエネルギー政策から、再生可能エネルギーへの転換を目指す人類と、地球との関わりを考える上での重要なヒントが見えてくる。

 来年の完成時には、アイバンパは世界最大の太陽光発電所になる。地表に並べられた約17万枚のヘリオスタットと呼ばれる鏡が3つの塔の上部に設置された集熱器に向けて太陽光を反射し、392㍋㍗を発電。アメリカの14万世帯が使用する電力を賄うことができるという。

 こうしたプロジェクトの最終的な目的は、地球環境を守ることにある。一方で、自然の中にこれほど大規模な人工建造物を造ることが正しいのかどうか、意見は分かれる。

 この施設が人類の明るい未来への足掛かりになるのか。その答えはまだ見つからない。

Photographs by Jamey Stillings

<2012年12月5日号掲載>

Bookmark:

ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:感染症 新たなリスク

2014-9・16号(9/ 9発売)

「強毒化」する病原体と後手に回る国際社会
エボラとデング熱が示す感染症の新たな時代とは

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
ニューズウィーク日本版2014秋特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちを犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  3. 3

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  4. 4

    「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは

    スマホでタクシーを呼べる配車サービスは既存の業界の…

  5. 5

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  6. 6

    「ポスト中国」インドネシア経済の病魔

    ジョコ・ウィドド次期大統領が抱える最大の課題は「補…

  7. 7

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  8. 8

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  9. 9

    世界の脅威に策を持たないオバマの危険なミニマリズム

    紛争で激しく揺れ動く世界とアメリカに必要なのは、自…

  10. 10

    人種間格差が広がるシリコンバレーの労働事情

    誰でも一攫千金を狙える街から白人だけが栄える街へ…

  1. 1

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  2. 2

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  3. 3

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  4. 4

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  5. 5

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  6. 6

    「9・11」から13周年、その前夜にシリア空爆を発表したオバマ

    2001年の「9・11」同時多発テロから13年の…

  7. 7

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  8. 8

    普通のイラク人にとっての国民和解とは

    イラクの新内閣が決まった。 北と西を制圧し、…

  9. 9

    米旅客機内の「リクライニング・トラブル」頻発、その原因は?

    アメリカ上空で、米系航空会社のフライト中に乗客同…

  10. 10

    3月14日開業が決まった北陸新幹線に死角はないか?

    開業日は多くの人が予測していた通りでしたが、運行…

  1. 1

    小渕経産相、福島第1原発の汚染水問題「コントロールされている」

    小渕優子経済産業相は7日、東京電力福島第1原発を…

  2. 2

    西アフリカのエボラ死者、2400人突破=WHO

    世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、…

  3. 3

    KDDIとソフトバンク、iPhone6の料金発表

    NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの3…

  4. 4

    マクドナルドの世界既存店売上高、予想超える落ち込み

    米マクドナルドが9日発表した8月の世界既存店売上…

  5. 5

    同意なき介入は侵略行為、シリア国務相警告

    シリアのハイダル国務相(国民和解担当)は11日、…

  6. 6

    マレーシア機、ミサイル撃墜の可能性=首相

    マレーシアのナジブ・ラザク首相は、今年7月にウク…

  7. 7

    豪州がテロ警戒度引き上げ、中東で戦闘参加の自国民が脅威に

    オーストラリア政府は12日、テロ警戒レベルを「中…

  8. 8

    NY市場サマリー(12日)

    <為替> ドルが対円で6年ぶり高値をつけた。米連…

  9. 9

    アングル:シリアで拘束の日本人男性、変転した人生の再出発

    シリアで、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国…

  10. 10

    トランプ氏創設のカジノ運営会社、破産法適用を申請 

    米不動産王、ドナルド・トランプ氏が創設したカジノ…