注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

アメリカの砂漠に現れた 人類と地球の未来

THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR

Photographs by Jamey Stillings

米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進むアイバンパ太陽光発電システム(12年10月)

 広大な砂漠地帯の中に、SF映画に登場するような建造物が突然姿を見せる。米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進められている、アイバンパ太陽光発電システムだ。

 写真家のジェイミー・スティリングスは建設が始まった10年末から、この土地の変わりゆく景色を空撮してきた。一連の写真からは石炭や石油、原子力に頼ったエネルギー政策から、再生可能エネルギーへの転換を目指す人類と、地球との関わりを考える上での重要なヒントが見えてくる。

 来年の完成時には、アイバンパは世界最大の太陽光発電所になる。地表に並べられた約17万枚のヘリオスタットと呼ばれる鏡が3つの塔の上部に設置された集熱器に向けて太陽光を反射し、392㍋㍗を発電。アメリカの14万世帯が使用する電力を賄うことができるという。

 こうしたプロジェクトの最終的な目的は、地球環境を守ることにある。一方で、自然の中にこれほど大規模な人工建造物を造ることが正しいのかどうか、意見は分かれる。

 この施設が人類の明るい未来への足掛かりになるのか。その答えはまだ見つからない。

Photographs by Jamey Stillings

<2012年12月5日号掲載>

Recommended

MAGAZINE

特集:健康寿命の先端科学

2015-8・ 4号(7/28発売)

巨額の資金を投じてシリコンバレーで進む不老不死研究
だが永遠に生き続けることは本当に幸せなのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

    世界60カ国以上の世界遺産を訪れた旅行の猛者が…

  2. 2

    日本人ムスリムの姿から、大切な「当たり前」を再確認する

    平和な宗教か凶悪な宗教か――『日本の中でイスラ…

  3. 3

    北朝鮮の飢餓の元凶は国際援助?

    今年は「100年に1度」の干ばつだという北朝鮮…

  4. 4

    ハッカーは遠隔操作で車を暴走させられる

    乗っ取り可能なことが明らかになって、自動車会社…

  5. 5

    超高層タワー計画でパリの景観論争が再燃

    景観が壊れるだけでなく、才能豊かな人材が哲学論…

  6. 6

    秘密のベールに包まれたプーチンの娘を追え!

    名門モスクワ大学であり得ないほど数々の特権を享…

  7. 7

    熱海と大差ない、「世界一美しい」アマルフィ海岸

    世界60カ国以上の世界遺産を訪れた旅行の猛者が…

  8. 8

    ドラッカーが遺した最も価値ある教え(後編)

    「経営学の父」の膨大な著作の中から厳選された最…

  9. 9

    豊かな日本で「自由」を実感できないのはなぜか

    年齢が上がるとともに自由を感じられなくなる傾向…

  10. 10

    日本経済の真の課題 前半

    【小幡績】 本当の問題は財政でもなくデフレでも…

  1. 1

    ノームコア「究極の普通」という生き方

    最近、あちこちで使われるようになったノームコアと…

  2. 2

    中国の軍事的膨張で変容する太平洋の秩序

    安保国会は山場を超え、あとは参議院の審議を残…

  3. 3

    安倍政権、「安保法制」局面のサバイバル・シナリオとは?

    それにしても、奇妙な政治状況になってきました…

  4. 4

    又吉直樹氏の傑作『火花』は、日本文学を変えるか?

    初出誌の『文學界』2月号がプリンストン大学の…

  5. 5

    こんまりの「片づけ本」がアメリカでバカ売れした理由

    自宅の大規模な増改築をすることになり、家をいった…

  6. 6

    弁護士大量拘束事件と「法治国家」のデタラメ

    中国の人権派弁護士が最近、共産党政府によって…

  7. 7

    挫折した反安保法案デモの「アカシアの雨」

    安保法案が衆議院本会議を通過した。あとは参議…

  8. 8

    アベノミクスが目を背ける日本の「賃金格差」

    先日、海外経済誌主催のコンファレンスにパネリスト…

  9. 9

    「安保法制」の落とし所はどこにあるのか?

    先週末放送の「朝まで生テレビ!」に出演して思…

  10. 10

    「新安保法制」の問題点とは何か

    自民党と公明党の「与党合意」によって安保法制…

  1. 1

    特別リポート:「スバル」快走の陰で軽視される外国人労働者

    今年5月8日、富士重工業が東京で開いた決算説…

  2. 2

    金や新興国資産の「投げ売り」発生=米メリルリンチ

    米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは24…

  3. 3

    米国防長官がイラクのクルド人自治区訪問、バルザニ議長と会談へ

    イラクの首都バグダッドを前日電撃訪問したカー…

  4. 4

    クリントン氏、キャピタルゲイン税率スライド制導入など提案

    2016年米大統領選の民主党最有力候補ヒラリ…

  5. 5

    ギリシャのユーロ圏離脱リスクは低下=仏中銀総裁

    欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノワイ…

  6. 6

    米新築住宅販売7カ月ぶり低水準、市場回復傾向は続く

    米商務省が24日発表した6月の新築1戸建て住…

  7. 7

    米国株が続落、世界経済への不安でコモディティ株に売り

    24日の米国株式市場は続落して取引を終えた。…

  8. 8

    三菱自が米生産から撤退、販売は継続へ

    三菱自動車は、米イリノイ州工場での生産を停止…

  9. 9

    ユーロ圏国債利回り低下、弱いPMIや原油安で緩和期待=金融市場

    24日のユーロ圏金融・債券市場は、国債利回り…

  10. 10

    米FRBスタッフ、年内1回の利上げと低インフレ予想

    米連邦準備理事会(FRB)のスタッフは、年末…