注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

アメリカの砂漠に現れた 人類と地球の未来

THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR

Photographs by Jamey Stillings

米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進むアイバンパ太陽光発電システム(12年10月)

  • はてなブックマークに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録

 広大な砂漠地帯の中に、SF映画に登場するような建造物が突然姿を見せる。米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進められている、アイバンパ太陽光発電システムだ。

 写真家のジェイミー・スティリングスは建設が始まった10年末から、この土地の変わりゆく景色を空撮してきた。一連の写真からは石炭や石油、原子力に頼ったエネルギー政策から、再生可能エネルギーへの転換を目指す人類と、地球との関わりを考える上での重要なヒントが見えてくる。

 来年の完成時には、アイバンパは世界最大の太陽光発電所になる。地表に並べられた約17万枚のヘリオスタットと呼ばれる鏡が3つの塔の上部に設置された集熱器に向けて太陽光を反射し、392㍋㍗を発電。アメリカの14万世帯が使用する電力を賄うことができるという。

 こうしたプロジェクトの最終的な目的は、地球環境を守ることにある。一方で、自然の中にこれほど大規模な人工建造物を造ることが正しいのかどうか、意見は分かれる。

 この施設が人類の明るい未来への足掛かりになるのか。その答えはまだ見つからない。

Photographs by Jamey Stillings

<2012年12月5日号掲載>

Recommended

MAGAZINE

特集:持続不可能な中国経済

2015-9・ 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

ニューズウィーク日本版2015秋特別試写会「ヒトラー暗殺、13分の誤算」ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

    男女差が最大の医師では、女性の未婚率が男性の1…

  2. 2

    消えたMH370便、謎は深まるばかり──史上最大級の航空ミステリー

    マレーシア当局も航空会社も、インド洋の島に漂着…

  3. 3

    打倒ISISで2大テロ組織が共闘

    あのアルカイダが自らタリバンの軍門に下るほどの…

  4. 4

    欧州を目指す難民を待っていたあまりに無残な運命

    ヨーロッパ各国が対応に苦慮する中、危険を冒した…

  5. 5

    やわらかな日本のインターネット

    社会学者の鈴木謙介氏による『闇(ダーク)ネット…

  6. 6

    中国軍事パレードの主たる狙いは「抗日」ではない

    戦勝70周年軍事パレードで腐敗摘発や不安定化し…

  7. 7

    【写真特集】中東2000年の歴史を破壊するISISの蛮行

    世界遺産のパルミラで古代の神殿が次々に爆破され…

  8. 8

    中国新華網「天皇に謝罪要求」──安倍首相不参加への報復か

    中国の言うことはめちゃくちゃだ。だが、アメリカ…

  9. 9

    ひそかに進む日本社会の「階層化」

    文化活動を媒介にした親から子への地位の再生産は…

  10. 10

    ウイグル人なら射殺も辞さない中国に噛み付くトルコ

    国際社会が黙認してきた弾圧にトルコ系イスラム教…

  1. 1

    首相談話についても、アメリカ人なので語りません

    お待たせしました! 大好評の「むかつくアメリカ人…

  2. 2

    中国「抗日戦勝記念式典」のねじれた正当性

    それにしても、中国が主催してロシアが賛同する…

  3. 3

    世界同時株安でも、日本で楽観的な声が聞こえてくる理由

    〔ここに注目〕日本郵政グループの運用資金…

  4. 4

    サイバー攻撃で、ドイツの製鋼所が甚大な被害を被っていた

    2014年12月末、ドイツ政府の情報セキュリティ…

  5. 5

    レイプ事件を隠ぺいした大学町が問いかけるアメリカの良心

    モンタナ大学(州立)がある地方都市ミズーラでは、…

  6. 6

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  7. 7

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  8. 8

    軍事パレード直前に爆発事故が続く中国の皮肉

    9月3日、北京で抗日戦争と反ファシスト戦争勝利7…

  9. 9

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  10. 10

    国連選定「電子政府世界1位」の韓国で国民番号制度見直しの動き、日本のマイナンバーは?

    日本でいよいよ2015年10月からマイナンバーの…

  1. 1

    タイ爆発、実行犯と似た外国人逮捕 旅券に「ウイグル出身」

    タイの警察当局は1日、首都バンコクで起きた爆…

  2. 2

    中国、英マン現地会長を拘束 株価変動めぐる捜査協力で=報道

    中国当局は、英ヘッジファンド運用大手マン・グ…

  3. 3

    原油価格が5%上昇、予想下回る生産などで

    31日の市場で原油価格が約5%上昇。今年に入…

  4. 4

    米原油の輸出規制、解禁なら国内ガソリン価格は下落へ=EIA

    米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、…

  5. 5

    韓国大統領が習国家主席と会談、北朝鮮問題で中国の役割に謝意

    韓国の朴槿恵大統領は2日、中国を訪問し、北京…

  6. 6

    あらゆる手段通じ水産物輸入規制撤廃を韓国に求める=林農水相

    林芳正農林水産相は1日、閣議後の会見で、日本…

  7. 7

    アングル:中国失速でドイツの退潮鮮明、対中輸出の強さ裏目に

    中国への輸出は長年、ドイツ経済の力強さの源と…

  8. 8

    中国の工場で爆発相次ぐ、甘粛省では7人死傷

    中国の甘粛省隴南市にある花火工場で1日午後、…

  9. 9

    中国軍艦5隻、オバマ氏訪問のアラスカ沖で確認 米「意図不明」

    米国防総省は2日、オバマ大統領が訪問中のアラ…

  10. 10

    欧州で拡大する難民流入、ドイツは公平な分担求める

    欧州連合(EU)にかつてないペースで難民や移…