Picture Power

リビアに散った戦場カメラマン ティム・ヘザーリントン

In Memoriam: Tim Hetherington 1970-2011

Photographs by Tim Hetherington

リビアに散った戦場カメラマン ティム・ヘザーリントン

In Memoriam: Tim Hetherington 1970-2011

Photographs by Tim Hetherington

物資の補給にヘリコプターは欠かせない。「戦争は多くの矛盾をはらんでいる。残忍さと勇敢さ、喜劇と悲劇、友情、憎しみ、愛、倦怠感……『戦争』そのものを撮るよりも、こうした矛盾を伝えたかった」ヘザーリントンは語る

 今朝メールを開くと、ティム・ヘザーリントンがリビアで亡くなったと短く書かれていた。西部ミスラタで取材中に砲撃を受け、まもなく失血死した。ティムとの付き合いはもう10年以上になるだろうか、本誌の写真特集ページ「ピクチャー・パワー」などで幾度となく一緒に仕事をしてきた。だが、残念ながら写真集『 INFIDEL(異教徒)』のレビューが彼の作品の最後の掲載となってしまった。

 彼の思慮深い横顔が目に浮かぶ ----私たちは大事な同志を亡くしてしまった。
 ご家族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。

――編集部・片岡英子

 関連記事
 リビアに散った2人の戦場カメラマン
 世界報道写真コンテスト:「今年最高の一枚」など存在しない
****************************************************************************************************************
 [2010年11月3日号掲載]

俺たちが生きる戦場の日常

 アフガニスタン東部コレンガル渓谷のレストレポ前哨基地といえば、アフガニスタン戦争で最も危険と言われた米軍の最前線。銃弾と砲弾が飛び交うこの地で、写真家のティム・ヘザーリントンとドキュメンタリー作家のセバスチャン・ユンガーは5カ月間ずつ従軍取材を決行した。そして完成したのが、ドキュメンタリー映画『レストレポ』と、写真集『 INFIDEL(異教徒)』だ(米軍は10年4月にコレンガルから撤退)。

 2つの作品が伝えるのは、アフガニスタン戦争の政治的側面ではない。そこに送り込まれた若者たちのリアルな日常と素顔だ。外界から閉ざされた基地で、米兵たちは絶えず死への恐怖を抱きながら家族を思い、仲間の死に泣き、攻撃のない退屈な時間をギターやポルノ写真でやり過ごす。

 ヘザーリントンが写したのは、殺すか殺されるかの戦場で仲間たちとじゃれ合い、タトゥーだらけの体で少年のような顔をして眠る男たちの姿。『 INFIDEL』には、爆撃映像が伝えない戦争の「人間味」があふれている。

 写真集のタイトルは、兵士たちが体に彫ったタトゥー(3番目の写真)から付けた。なぜ「異教徒」なのかって?「敵がラジオで俺らをこう呼んでいるからさ」

 写真集『 INFIDEL 』

PHOTOGRAPHS BY © TIM HETHERINGTON/CHRIS BOOT LTD.; "Infidel" by Tim Hetherington is published by Chris Boot.

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 4

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 5

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 6

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 7

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 8

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 9

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!