コラム

現代アートの動機(4):エロス・タナトス・聖性

2017年04月17日(月)17時10分
現代アートの動機(4):エロス・タナトス・聖性

草間彌生「Polka Dot Love Room」1967 (Photo by Tetsuya Ozaki)

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。今回は、王道とも呼べるほどに普遍的な主題、性、生、死、そして聖性について考える>

【前回の記事】現代アートの動機(3):思想・哲学・世界認識/私と世界・記憶・歴史・共同体

近年、草間彌生の人気がすさまじい。東京の国立新美術館で開催中の個展『草間彌生 わが永遠の魂』(5/22まで)は長蛇の列状態が続いているし、ワシントンD.C.のハーシュホーン美術館での個展『Yayoi Kusama: Infinity Mirrors』(5/14まで)では、代表作のカボチャ柄のオブジェが、観客の自撮りカメラによって破壊されたという(2017年2月27日付ハイパーアラージック。クレア・ヴーン「Museumgoer Breaks a Kusama Pumpkin, Allegedly in Pursuit of a Selfie」)(同じ事件を報道したアートネット・ニュースによれば、同様の作品は2015年10月のサザビーズ香港のオークションにおいて784,485米ドル(約9400万円)で落札されている)。

Yayoi Kusama - Obsessed with Polka Dots

"Yayoi Kusama: Infinity Mirrors" Exhibition - Hirshhorn Museum Washington DC / 03.18.2017

また、2017年3月6日付のワシントン・ポスト(ペギー・マッグローン「Kusama's mirror rooms attract record crowds to Hirshhorn」は、開幕から1週間の間にハーシュホーン美術館を訪れた観客は32,500人に上り、内14,000人強が草間展を鑑賞したと報じている。美術館によれば、これは同時期の数字としては40年間で最多であるとのことだ。

カボチャの表面にも見られるドット(水玉模様)は、ネット(網目模様)と並んで、いまや多数の善男善女に「カワイイ」と言われる草間の代名詞となっている。だが、世界的なスーパースターアーティストにはもうひとつ代表的なモチーフがある。ファリックシンボル、つまりペニスの象徴だ。草間は1962年、33歳のときに初めてソフトスカルプチュア(柔らかい彫刻)をつくった。それは、詰め物で出来た男根状の突起が、肘掛け椅子と長椅子を隅々まで覆い尽くすものだった。一見ユーモラスだが、よくよく見ると慄然としてくる作品を制作した理由を、本人は以下のように綴っている。


「とにかくセックスが、男根が恐怖だった。押入の中に入って震えるくらいの恐怖だった。それだからこそ、その形をいっぱい、いっぱい作り出すわけ。たくさん作り出して、その恐怖のただ中にいて、自分の心の傷を治していく。少しずつ恐怖から脱していく。私にとって怖いフォルムを、何千、何万と、毎日作りつづけていく。そのことで恐怖感が親近感へと変わっていくのだ」(『無限の網 草間彌生自伝』

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

EU、予算見直し議論へ 英離脱で財源縮小

ビジネス

BMW、「3シリーズ」の電気自動車版でテスラに対抗

ビジネス

NYタイムズ、料理レシピサイトを有料化

ワールド

米国務省、イスラム圏6カ国のビザ希望者に対する指針

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 10

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!