コラム

危うし、美術館!(3):ジコチュウ私立美術館の跳梁跋扈

2016年03月01日(火)11時00分
危うし、美術館!(3):ジコチュウ私立美術館の跳梁跋扈

「趣味の良いドナルド・トランプ」と謳われるピーター・ブラントが設立したブラント財団アート研究センター。予約制で美術館の表示もない。Christie's-Youtube

 今日の名門美術館にとって、脅威は検閲や自己規制だけではない。この時代ならではのライバルの出現が、彼らの存在を脅かしている。問題は、美術館の基盤ともいえるコレクションに関わっている。
 
 すでに何度か記した通り、世界的なスーパー富裕層の出現・台頭と、ますます高まる彼らの購買欲によって、現代アート作品の価格はかつてないほどに高騰している。新興の個人コレクターが金にものを言わせて作品を買いまくり、百戦錬磨のディーラーが価格操作を噂されるほどにマーケットを牛耳る中で、1929年以来の歴史を持つニューヨーク近代美術館(MoMA)、1977年に開設されたパリのポンピドゥー・センター、2000年に開館したロンドンのテート・モダンなどに代表される名門現代美術館は、彼らとの戦いに勝てるのだろうか。収集、保存、展示、研究、教育普及が5大ミッションといわれる美術館は、この先とりわけ「収集」面で後れを取ることになるのではないか。だとすれば、彼らの収集品の質と量は相対的に弱まり、したがって権威も低まるのではないか。

 質の高い作品の奪い合いはますます激しくなる。寄付金や公金を主な財源とする美術館は、スーパーコレクターに比べると予算面で圧倒的に不利である。美術館同士の競争もエスカレートしてゆく。どれもその通りであり、実際、2010年にギャラリストからロサンゼルス現代美術館(MOCA)の館長に転じた(そして2013年に辞任した)ジェフリー・ダイチは、2012年のアート・バーゼルで行われた公開対談で以下のようにこぼしている。(レイチェル・コーベット「THE PRIVATE MUSEUM TAKEOVER」。2012年6月18日付アートネット

 「アーティストもコレクターも、私立の財団を保有し、美しく展示することができる億万長者にしか作品を売らない。そんな時代にどのように多数の観客を惹きつけるのかは大きな課題だ」「作家に『名前の付いた財団に作品を売るのと、スペースが限られ、しかも4〜5年に1度しか展示できない美術館に売るのとどちらがいい?』と尋ねたらどんな答が返ってくると思う?」

 なるほど、と(財団を保有する億万長者以外の)心優しき読者は心を痛めるかもしれない。しかし、そんな心配は実は無用である。当時は運営が行き詰まっていたMOCAの館長であっただけに、ダイチが語った言葉は一面の真実を突いてはいる。だが、作品収集の競争相手は増えたとしても、美術館の権威は、高まりはすれども現在以上に下がることはない。歴史的価値が定まった過去の名作はすでに彼らの手中にあり、よほどのことがない限り外部に流出しない。そして今後も、一定量の名作の入手は約束されているのだ。

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ジャクソンホール、欧米中銀トップのメッセ

ビジネス

ドンキホーテHD、ユニー株式の40%を取得 GMS

ビジネス

米ディズニー、「スター・ウォーズ」キャラ捕獲イベン

ビジネス

欧州航空当局、A350のシステム更新を指示 油圧系

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

  • 5

    タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    米財務長官の美人妻、高級ブランド自慢で中間層を敵…

  • 8

    「普通の国」日本の戦争できない未来

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!