コラム

危うし、美術館!(3):ジコチュウ私立美術館の跳梁跋扈

2016年03月01日(火)11時00分
危うし、美術館!(3):ジコチュウ私立美術館の跳梁跋扈

「趣味の良いドナルド・トランプ」と謳われるピーター・ブラントが設立したブラント財団アート研究センター。予約制で美術館の表示もない。Christie's-Youtube

 今日の名門美術館にとって、脅威は検閲や自己規制だけではない。この時代ならではのライバルの出現が、彼らの存在を脅かしている。問題は、美術館の基盤ともいえるコレクションに関わっている。
 
 すでに何度か記した通り、世界的なスーパー富裕層の出現・台頭と、ますます高まる彼らの購買欲によって、現代アート作品の価格はかつてないほどに高騰している。新興の個人コレクターが金にものを言わせて作品を買いまくり、百戦錬磨のディーラーが価格操作を噂されるほどにマーケットを牛耳る中で、1929年以来の歴史を持つニューヨーク近代美術館(MoMA)、1977年に開設されたパリのポンピドゥー・センター、2000年に開館したロンドンのテート・モダンなどに代表される名門現代美術館は、彼らとの戦いに勝てるのだろうか。収集、保存、展示、研究、教育普及が5大ミッションといわれる美術館は、この先とりわけ「収集」面で後れを取ることになるのではないか。だとすれば、彼らの収集品の質と量は相対的に弱まり、したがって権威も低まるのではないか。

 質の高い作品の奪い合いはますます激しくなる。寄付金や公金を主な財源とする美術館は、スーパーコレクターに比べると予算面で圧倒的に不利である。美術館同士の競争もエスカレートしてゆく。どれもその通りであり、実際、2010年にギャラリストからロサンゼルス現代美術館(MOCA)の館長に転じた(そして2013年に辞任した)ジェフリー・ダイチは、2012年のアート・バーゼルで行われた公開対談で以下のようにこぼしている。(レイチェル・コーベット「THE PRIVATE MUSEUM TAKEOVER」。2012年6月18日付アートネット

 「アーティストもコレクターも、私立の財団を保有し、美しく展示することができる億万長者にしか作品を売らない。そんな時代にどのように多数の観客を惹きつけるのかは大きな課題だ」「作家に『名前の付いた財団に作品を売るのと、スペースが限られ、しかも4〜5年に1度しか展示できない美術館に売るのとどちらがいい?』と尋ねたらどんな答が返ってくると思う?」

 なるほど、と(財団を保有する億万長者以外の)心優しき読者は心を痛めるかもしれない。しかし、そんな心配は実は無用である。当時は運営が行き詰まっていたMOCAの館長であっただけに、ダイチが語った言葉は一面の真実を突いてはいる。だが、作品収集の競争相手は増えたとしても、美術館の権威は、高まりはすれども現在以上に下がることはない。歴史的価値が定まった過去の名作はすでに彼らの手中にあり、よほどのことがない限り外部に流出しない。そして今後も、一定量の名作の入手は約束されているのだ。

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場が連日の最高値、S&P500は週間で3

ビジネス

中国などが通貨切り下げ、トランプ氏「為替操縦やめさ

ビジネス

ECBハト派決定でユーロ続落、ドル115円半ばに迫

ビジネス

アングル:格付け事業の外資開放、中国社債市場の魅力

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    【写真特集】ノーベル平和賞「52年間内戦」コロンビアの今

  • 2

    欧米食品メーカー、中国の輸入食品への安全規制強化に反対

  • 3

    韓国国会、朴大統領の弾劾を賛成78%で可決 大統領権限停止へ

  • 4

    黒人を助け、同性愛者の入会もOK? 差別結社KKKの本…

  • 5

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 6

    つらいおなかの悩みを救う「低FODMAP」食事療法って?

  • 7

    トランプとキヤリア社の雇用維持取引は詐欺だ

  • 8

    闇サイトが「トランプ暗殺」の資金を募集

  • 9

    新宿―東京は何線で? 日本の交通案内は分かりやすい…

  • 10

    ファイザーが死刑執行用の薬物の販売を停止

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海…

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    北朝鮮が中国への「大麻」輸出に乗り出す

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 10

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案─…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専門家

  • 3

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 4

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 5

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 6

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 7

    クリントン当選を予想していた世論調査は何を間違え…

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 10

    クリントン敗北認める 支持者にトランプ新大統領へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!