コラム

ヘッジファンドと個人投資家の緊迫の攻防! 映画『ダム・マネー ウォール街を狙え!』

2024年02月02日(金)16時27分
ダム・マネー ウォール街を狙え!

コロナ禍が映し出す市場の変貌...... 『ダム・マネー ウォール街を狙え!』

<ゲームストップ株騒動を軸にウォール街の権力闘争を描く。2021年の市場を震撼させた個人投資家とヘッジファンドの攻防戦を追い、コロナ禍がもたらした経済的・社会的影響と投資アプリの台頭がどのように市場に影響を与えたかを解き明かす......>

2021年1月、アメリカの株式市場で繰り広げられたウォール街の巨人と個人投資家たちの激しい攻防が大きな注目を集めた。実店舗でゲームソフトを販売し、業績が低迷するゲームストップ社にヘッジファンドが空売りを仕掛け、株価が下落する。ところが、ネット掲示板に集う個人投資家たちがそれに対抗して同社の株をこぞって買いまくり、株価が急上昇してヘッジファンドが大損害を被ることになった。


クレイグ・ギレスピー監督の新作『ダム・マネー ウォール街を狙え!』では、まだ記憶に新しい"ゲームストップ株騒動"が描き出される。その構成にはひねりが加えられ、物語は、騒動の発端ではなく、ど真ん中ともいうべき時点から始まる。

ヘッジファンドの緊迫した朝

2021年1月25日、フロリダ州マイアミに豪邸を構えるメルビン・キャピタルの創業者ゲイブ・プロトキンのもとに、ポイント72のCEOで資産家のスティーブ・コーエンから連絡が入り、ゲームストップ社の株価を確かめるよう指示される。スティーブが見ているテレビのニュースは、空売り勢にとって大きな損失になることを伝えている。

私事に気をとられて状況を把握していなかったゲイブは、急いで確認し、株価が100ドルを超えていることを知り青ざめる。そこにシタデルの創業者で資産家のケン・グリフィンからも連絡が入るが、動揺するゲイブには話をする余裕がない。その後、彼はスティーブから、"ローリング・キティ"を名乗る男が買いを主導していると知らされる。

舞台裏の戦略と個人投資家の登場

本作ではまず、ヘッジファンド側の顔ぶれが紹介され、そこから6か月前、ゲームストップ社の株価が3.85ドルの時点にさかのぼり、騒動が発端から描かれていく。そんな構成によって、この騒動は2021年1月25日を分岐点として前半と後半に大きく分けることができる。それがひとつのポイントになる。

ちなみに、別の仕掛けにも触れておくと、本作では、新たに人物が登場してくるたびに、その人物の居住地と推定純資産が表示される。冒頭に登場するゲイブ、スティーブ、ケンの推定純資産は、4億ドル、120億ドル、160億ドルだ。

そんな冒頭からさかのぼって描かれる騒動の前半には、空売り勢に対抗する個人投資家たちが次々に登場してくる。

その中心になるのは、マサチューセッツ州在住で、保険会社の金融アナリストとして働く平凡な男キース・ギル、推定純資産9万7427ドル。彼にはもうひとつの顔があり、ネット掲示板で、赤いハチマキに猫のTシャツがトレードマークの"ローリング・キティ"を名乗り、フォロワー向けに株式投資の動画を発信している。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ノルウェー、パレスチナ国家承認へ

ビジネス

日経平均は続落、注目イベント控え調整ムード 金利上

ビジネス

英CPI上昇率、4月は前年比2.3%に鈍化 予想は

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、弱い入札で売り
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story