最新記事

シリーズ日本再発見

強制収容の過ちをアメリカに認めさせた日系人がいた

2022年01月31日(月)15時45分
グレン・カール(本誌コラムニスト)
ジム・タニモト

ADVANCED LABORATORY FOR VISUAL ANTHROPOLOGY

<太平洋戦争時、米政府に「忠誠登録」に署名するよう求められ、ジム・タニモトは拒否した>

当時19歳の日系アメリカ人、ジム・タニモトが歴史の渦にのみ込まれたのは1942年7月9日。

この日、米政府はタニモト一家に20ヘクタールの農場を退去し、カリフォルニア州北部の砂漠にあるトゥールレイク収容所に向かえと命じた。

その5カ月前、フランクリン・ルーズベルト米大統領は、対日戦争の継続中は日本人と日系アメリカ人を収容所に送る大統領令に署名していた。12万人の収容者のほとんどが、住居も生計手段も貯金も失った。

収容所で米政府は、アメリカへの忠誠を証明する「忠誠登録」に署名するよう求めた。その27番目と28番目の質問では米軍に入隊して日本と戦うこと、昭和天皇への忠誠を捨てることが要求された。

タニモトは憤慨した。

「自分はアメリカ市民だ。なぜ自分の憲法上の権利が剝奪されたのか。その質問は侮辱的だ」

彼と35人の仲間は何年もの収監を覚悟して署名を拒否し、そしてアメリカの良心の歴史的担い手になった。

彼は収容所に2年間入れられ、1944年に解放された。故郷の町で彼を待っていたのは「ネズミのジャップは出ていけ」という落書きだった。

米政府が過ちを認めたのは44年後のことだ。ロナルド・レーガン大統領は1988年、戦時中の強制収容に対する賠償を承認し、正式に謝罪した。

タニモトはカリフォルニアで生まれたアメリカ市民だが、日本との強い文化的・家族的紐帯を自覚している。戦後、父親と広島で原爆投下に遭った親戚を訪れたこともある。

現在98歳のタニモトは、これまで30以上の学校で数千人の学生たちに戦時中の経験を語り、その教訓を伝えてきた。

「『そんなこと(強制収容)はアメリカではあり得ない』と人々は言うが、私は経験した」と、彼は言う。「それは今も起きているし、間違いなく今後もまた起きる」

日本にルーツを持つタニモトの闘いに、今ではアメリカ社会が敬意を払っている。

Jim Tanimoto
ジム・タニモト
●元日系人収容所収容者

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中