コラム

習近平とは何者なのか(1)

2011年01月18日(火)18時38分

 本誌1月19日号にも書いたが、ウィキリークスが年末に公表したアメリカ国務省の外交公電に、中国次期トップ習近平の知られざる素顔を暴く証言が含まれていた。「無骨な田舎者」「ビジネス感覚に長けたリーダー」「外国を敵視する危ない人物」――人となりを示す情報やエピソードが少なすぎるせいで、これまで習の素顔をめぐっては、チャイナウォッチャーの間でさまざまな憶測が飛び交っていたが、この証言は論争に終止符を打つかもしれない。それぐらい重要な中身が含まれている。

 公電は駐北京アメリカ大使館から09年11月に発信された。情報源は、アメリカ在住の中国人学者だ。在米中国人の情報が北京を経由し、地球を半周して国務省に戻った理由は定かでないが、そういった不可解さを差し引いても、この学者が語る内容は具体的で生き生きとした習近平のエピソードにあふれている。

 公電によれば、学者は習と同じ1953年に生まれた。習近平と同じく、父親は新中国の建国に貢献した革命第1世代で、毛沢東の出身地である湖南省の別の村で生まれ、初期から中国革命に参加した。学者の説明によれば、父親は「同時に日本と香港でも生活。労働運動のリーダーとして次第に頭角を現し、49年に中国に戻ったあと、初代労働部長(大臣)に就任した」のだという。

 中国の初代労働部長は1920年代に中国共産党を率い、後に失脚した李立三という政治家だが、彼に日本や香港での生活経験という公式記録はない。日本や香港で暮らし、中国革命に参じた人物といえば東京・新宿生まれで早稲田大学卒の華僑、寥承志がまず思い浮かぶが、公電の「父親」とは経歴が異なる。

 おそらくこの学者と接触した米外交官は、ニュースソースを秘匿するため複数の人物の経歴を混ぜ合わせた架空の「父親」をつくりあげ、本国に報告したのだろう。ただニュースソースがあやふやだからといって、この情報の確度が低いということにはならない。むしろ逆で、確度が高く貴重な情報源だからこそ、この外交官は学者を守ろうとしたのだろう(学者という職業も実は真実と違うかもしれない)。

 この学者や習ら革命第1世代の子供たちは、北京市内の一般市民からは隔離された場所で育った。2人は小さい頃には面識がなかったが、ともに文化大革命期に農村に送られ、文革が終わって北京に帰る頃までに個人的な知り合いになった。その関係は15年間にも及び、2人の進む道が在米学者と共産党の政治家に分かれたあとも続いた。

 そして学者は驚くべき習近平の「個人情報」を語り始める――。(続く)

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

習近平とは何者なのか(2)
習近平とは何者なのか(3)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イランがBRICS加盟申請、アルゼンチンも既に申請

ワールド

仏保健相、公共輸送機関などでのマスク着用再開呼びか

ビジネス

バンクマンフリード氏のFTX、ロビンフッド買収可能

ワールド

ロシア・ブラジル大統領、食料安保巡り協議 戦略関係

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 7

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中