コラム

独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

2016年10月28日(金)14時50分
独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

リオ五輪で戦うクリシナ Dylan Martinez-REUTERS

<ロシアの陸上選手でただ1人、リオ五輪に出場を許された女子走り幅跳びのダリア・クリシナにプライベートで話を聞いた>

 国ぐるみのドーピング疑惑で最も汚染していたロシア陸上界はリオデジャネイロ五輪から締め出されました。陸上、重量挙げの2種目は全面排除、水泳、自転車、レスリングなど7種目についても一部選手の参加資格が取り消されました。

 ロシア陸上界から唯一人、リオ五輪への出場を果たしたアスリートがいます。女子走り幅跳びのダリア・クリシナさん、25歳。

 クリシナさんの出場が認められたのは、女子走り幅跳び予選が行われる前日の8月15日でした。スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、リオ五輪への参加資格を取り消した国際陸連の決定を不服としたクリシナさんの訴えを認め、出場を容認する裁定を下しました。

 国際陸連はロシア陸上チームのリオ五輪参加を禁じる一方で、クリシナさんの個人資格での参加は認めていましたが、13日に「ドーピングに関する新たな情報を入手した」として特例措置を取り下げるなど、事態は五輪出場が実現するまで二転三転しました。

 クリシナさんがソーシャルメディアで、個人資格での参加を認めた特例措置について国際陸連とサポーターに感謝の気持ちを綴ったところ、ロシア国内から激しいバッシングを受けました。「裏切り者」「恥さらし」。ロシアの代表選手を排除した国際陸連に感謝するとは何事だという批判でした。

【参考記事】ロシア陸上界から五輪出場を認められたクリシナに「裏切り者」とバッシングの嵐

 クリシナさんは激流の中で何を考えていたのでしょう。来春から新聞記者として働くことになった笹山大志くん(筆者が主宰するつぶやいたろうラボ4期生)は現在、米ニューヨークで英語の勉強をしていますが、語学学校のクラスメートが偶然にもクリシナさんだったのです。大志くんがクリシナさんを直撃します。

               *****


[ニューヨーク=笹山大志]「それはルール違反よ」。授業中のゲームで他の生徒が携帯を使おうとしていた時、彼女はすかさず声を上げる。ゲームで負ければ「何でこれが正解と認められないの」と先生に迫る。

 ゲームが始まれば攻撃的な態度に豹変する彼女を周りの生徒は敬遠した。「たかが授業内のゲームなのに、何でそんなにムキになる必要があるのか」

 その彼女が今回のリオ五輪でロシア陸上界から唯一出場できた女子走り幅跳びのダリア・クリシナ選手とはまったく気づかなかった。留学先のニューヨークの語学学校で知り合ってから2週間経った頃、世界中から注目を浴びた女性ジャンパーだと初めて分かった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

焦点:保護主義打ち出したトランプ大統領、不透明感増

ビジネス

アングル:市場で冷めつつあるトランプ熱、政策実行性

ビジネス

「底辺への競争」やドル高がリスク、ダボス会議参加者

ビジネス

HSBC、全世界の投資銀行部門で約100人の削減開

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 2

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利

  • 3

    【式典スケジュール】トランプ新大統領、就任イベント始まる

  • 4

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失…

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 7

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 8

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 9

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 10

    中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 4

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 10

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 9

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

  • 10

    トランプ、ついにトヨタを標的に 「メキシコで製造…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!