コラム

独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

2016年10月28日(金)14時50分
独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

リオ五輪で戦うクリシナ Dylan Martinez-REUTERS

<ロシアの陸上選手でただ1人、リオ五輪に出場を許された女子走り幅跳びのダリア・クリシナにプライベートで話を聞いた>

 国ぐるみのドーピング疑惑で最も汚染していたロシア陸上界はリオデジャネイロ五輪から締め出されました。陸上、重量挙げの2種目は全面排除、水泳、自転車、レスリングなど7種目についても一部選手の参加資格が取り消されました。

 ロシア陸上界から唯一人、リオ五輪への出場を果たしたアスリートがいます。女子走り幅跳びのダリア・クリシナさん、25歳。

 クリシナさんの出場が認められたのは、女子走り幅跳び予選が行われる前日の8月15日でした。スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、リオ五輪への参加資格を取り消した国際陸連の決定を不服としたクリシナさんの訴えを認め、出場を容認する裁定を下しました。

 国際陸連はロシア陸上チームのリオ五輪参加を禁じる一方で、クリシナさんの個人資格での参加は認めていましたが、13日に「ドーピングに関する新たな情報を入手した」として特例措置を取り下げるなど、事態は五輪出場が実現するまで二転三転しました。

 クリシナさんがソーシャルメディアで、個人資格での参加を認めた特例措置について国際陸連とサポーターに感謝の気持ちを綴ったところ、ロシア国内から激しいバッシングを受けました。「裏切り者」「恥さらし」。ロシアの代表選手を排除した国際陸連に感謝するとは何事だという批判でした。

【参考記事】ロシア陸上界から五輪出場を認められたクリシナに「裏切り者」とバッシングの嵐

 クリシナさんは激流の中で何を考えていたのでしょう。来春から新聞記者として働くことになった笹山大志くん(筆者が主宰するつぶやいたろうラボ4期生)は現在、米ニューヨークで英語の勉強をしていますが、語学学校のクラスメートが偶然にもクリシナさんだったのです。大志くんがクリシナさんを直撃します。

               *****


[ニューヨーク=笹山大志]「それはルール違反よ」。授業中のゲームで他の生徒が携帯を使おうとしていた時、彼女はすかさず声を上げる。ゲームで負ければ「何でこれが正解と認められないの」と先生に迫る。

 ゲームが始まれば攻撃的な態度に豹変する彼女を周りの生徒は敬遠した。「たかが授業内のゲームなのに、何でそんなにムキになる必要があるのか」

 その彼女が今回のリオ五輪でロシア陸上界から唯一出場できた女子走り幅跳びのダリア・クリシナ選手とはまったく気づかなかった。留学先のニューヨークの語学学校で知り合ってから2週間経った頃、世界中から注目を浴びた女性ジャンパーだと初めて分かった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

ECBは金融緩和継続すべき、解除は時期尚早=IMF

ビジネス

三菱自、4―6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損

ビジネス

焦点:新日銀委員が現行政策支持、注目されるボードの

ビジネス

日銀新委員は現行政策を評価、片岡氏「量のみ金利のみ

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬食が国際問題に!

  • 4

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 5

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 6

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫…

  • 7

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 8

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!