コラム

独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

2016年10月28日(金)14時50分
独りぼっちの五輪 ドーピング疑惑のロシア陸上界からリオ五輪に出場した「美しすぎるジャンパー」

リオ五輪で戦うクリシナ Dylan Martinez-REUTERS

<ロシアの陸上選手でただ1人、リオ五輪に出場を許された女子走り幅跳びのダリア・クリシナにプライベートで話を聞いた>

 国ぐるみのドーピング疑惑で最も汚染していたロシア陸上界はリオデジャネイロ五輪から締め出されました。陸上、重量挙げの2種目は全面排除、水泳、自転車、レスリングなど7種目についても一部選手の参加資格が取り消されました。

 ロシア陸上界から唯一人、リオ五輪への出場を果たしたアスリートがいます。女子走り幅跳びのダリア・クリシナさん、25歳。

 クリシナさんの出場が認められたのは、女子走り幅跳び予選が行われる前日の8月15日でした。スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、リオ五輪への参加資格を取り消した国際陸連の決定を不服としたクリシナさんの訴えを認め、出場を容認する裁定を下しました。

 国際陸連はロシア陸上チームのリオ五輪参加を禁じる一方で、クリシナさんの個人資格での参加は認めていましたが、13日に「ドーピングに関する新たな情報を入手した」として特例措置を取り下げるなど、事態は五輪出場が実現するまで二転三転しました。

 クリシナさんがソーシャルメディアで、個人資格での参加を認めた特例措置について国際陸連とサポーターに感謝の気持ちを綴ったところ、ロシア国内から激しいバッシングを受けました。「裏切り者」「恥さらし」。ロシアの代表選手を排除した国際陸連に感謝するとは何事だという批判でした。

【参考記事】ロシア陸上界から五輪出場を認められたクリシナに「裏切り者」とバッシングの嵐

 クリシナさんは激流の中で何を考えていたのでしょう。来春から新聞記者として働くことになった笹山大志くん(筆者が主宰するつぶやいたろうラボ4期生)は現在、米ニューヨークで英語の勉強をしていますが、語学学校のクラスメートが偶然にもクリシナさんだったのです。大志くんがクリシナさんを直撃します。

               *****


[ニューヨーク=笹山大志]「それはルール違反よ」。授業中のゲームで他の生徒が携帯を使おうとしていた時、彼女はすかさず声を上げる。ゲームで負ければ「何でこれが正解と認められないの」と先生に迫る。

 ゲームが始まれば攻撃的な態度に豹変する彼女を周りの生徒は敬遠した。「たかが授業内のゲームなのに、何でそんなにムキになる必要があるのか」

 その彼女が今回のリオ五輪でロシア陸上界から唯一出場できた女子走り幅跳びのダリア・クリシナ選手とはまったく気づかなかった。留学先のニューヨークの語学学校で知り合ってから2週間経った頃、世界中から注目を浴びた女性ジャンパーだと初めて分かった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

実行計画は最初の一歩、法案成立せねば画餅に=働き方

ビジネス

収益力・市場リスクで「ターゲット考査」、アパート融

ビジネス

非正規待遇差に事業者の説明義務=働き方改革会議「実

ワールド

イラン石油相、協調減産は延長される見通し

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 8

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 9

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!