ニュース速報

ワールド

コートジボワールでアルカイダ系組織が銃撃、外国人含む16人死亡

2016年03月14日(月)13時08分

 3月13日、西アフリカ・コートジボワール南部のリゾート地で13日、武装集団が銃を乱射し、外国人を含む16人が死亡した。イスラム過激派を監視する米団体によると、北アフリカで活動するアルカイダ系の「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」が犯行声明を出した。写真はコートジボワールで13日撮影(2016年 ロイター/Luc Gnago)

[グランバッサム(コートジボワール) 13日 ロイター] - 西アフリカ・コートジボワール南部のリゾート地で13日、武装集団が銃を乱射し、外国人を含む16人が死亡した。イスラム過激派を監視する米団体によると、北アフリカで活動するアルカイダ系の「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」が犯行声明を出した。

事件が起こったグランバッサムは、同国最大都市アビジャンから40キロほど東に位置し、欧州などでも人気の行楽地。武装した6人がホテルやビーチで銃を乱射した。

現場を訪れたワタラ大統領によると、死亡したのは海水浴客14人と保安部隊の兵士2人。犠牲者にはフランス人、ドイツ人など欧州出身者4人、さらにブルキナファソ人、マリ人、カメルーン人が含まれていた。

容疑者6人は保安部隊に射殺された。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米史上最大の減税、法人税15%に引き下げへ=財務長

ビジネス

焦点:主要生損保の資産運用、「模索の時代」 17年

ビジネス

新規資金は約1.6兆円、オープン外債と外国株増加=

ビジネス

中国、金融の安全性維持で対策必要━国家主席=新華社

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

    • 3

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 4

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 7

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 8

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 9

      ISISの終わりが見えた

    • 10

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

    • 10

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!