ニュース速報

ビジネス

訂正-国内経済のファンダメンタルズは良好=柴山首相補佐官

2016年02月24日(水)17時45分

[東京 24日 ロイター] - 柴山昌彦首相補佐官は24日、都内の講演で「景気の緩やかな回復基調から局面が変わってきているのではないかと、いろいろな人が言っているが、ファンダメンタルズは良好だ」と語った。そのうえで判断に変化があるとは考えていないと指摘した。

具体的には、企業収益、雇用、所得環境の改善は続いているとし、「このところ一部に弱い動きはあるものの、緩やかな回復基調」との判断を政府は示してきたと述べた。

マイナス成長の背景として記録的な暖冬の影響を挙げつつ、10-12月期の企業収益は引き続き高い水準の見込みで、雇用者報酬が前期比プラス0.2%、前年同期でもプラス1.8%、有効求人倍率は1.27倍と24年ぶりの水準となっており、ファンダメンタルズは良好であると指摘した。

そのうえで、政府としての景気判断は、各種の経済指標も含めて今後も慎重に検討する必要があると語った。

*本文の「景気の緩やかな回復基調から局面が変わってきているのではないか」としたコメントを削除し、2段落目と3段落目に追記しました

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英最高裁、EU離脱手続き開始に議会承認が必要と判断

ビジネス

出遅れ内需株に海外勢が関心、消費回復期待も

ワールド

防衛省の通信衛星、1機目を打ち上げ 陸海空の統合運

ワールド

中国国家観光局、代理店にアパホテルのボイコット呼び

MAGAZINE

特集:トランプの読み解き方

2017-1・31号(1/24発売)

第45代米大統領に就任したドナルド・トランプは引き裂かれたアメリカと困惑する世界をどこへ導くか

人気ランキング

  • 1

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

  • 2

    CIAを敵に回せばトランプも危ない

  • 3

    世界初の「海に浮かぶ都市」、仏領ポリネシアが建設合意

  • 4

    日中間の危険な認識ギャップ

  • 5

    銃で撃たれても「自動的に」治療してくれる防弾チョ…

  • 6

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 7

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 8

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 9

    トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

  • 10

    「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」とい…

  • 1

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)

  • 2

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 3

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

  • 4

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 5

    CIAを敵に回せばトランプも危ない

  • 6

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 7

    世界初の「海に浮かぶ都市」、仏領ポリネシアが建設…

  • 8

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 9

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 10

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!