ニュース速報

ビジネス

アングル:カナダの不動産、値ごろ感から外国人投資家が殺到

2016年01月26日(火)14時21分

 1月25日、カナダでは外国人投資家がスキーシャレーなど不動産物件の購入に動いている。過去2年間のカナダドル安で物件が割安となったためだ。昨年6月トロント北部で撮影(2016年 ロイター/Mark Blinch )

[モントリオール/エドモントン 25日 ロイター] - カナダでは外国人投資家がスキーシャレーなど不動産物件の購入に動いている。過去2年間のカナダドル安で物件が割安となったためだ。

カナダドルの対米ドル相場は2013年以来で25%下落。とりわけエネルギー産業が集中する観光地のアルバータ州は原油安の影響で住宅価格が下がり、物件の値ごろ感が強い。

ニューヨークの情報技術(IT)会社のオーナーであるデーブ・スミス氏はアルバータ州で物件を探している。「今カナダの不動産に投資しないのはばかげでいる。値上がりは時間の問題だからだ」と話す。

キャンモアやバンフなどアルバータ州の高地にある風光明媚な都市の不動産業者は、地元の買い手不在を外国人投資家によって穴埋めできるのではないかと期待を寄せている。アルバータ州の失業率は2010年以来の高水準だ。

サザビーズ・インターナショナル・リアルティのクリスチャン・デュボワ氏によると、半年前まで引き合いは皆無だった。今は「問い合わせが入り始め、ものすごい件数だ」という。

最も引き合いが増えたのは米国と英国の顧客で、これほどの盛り上がりは2000年代の半ば以来だという。

外国の富裕層は隣接するブリティッシュコロンビア州でもスキーリゾート地の物件を購入している。同州では、アジアマネーが主要都市バンクーバーの住宅市場を押し上げているとされている。

一部の投資家はカナダの不動産を利回りの低下した債券や値動きの激しい株式に代わる魅力的な投資先と位置付けており、商用不動産にも恩恵が及んでいる。

リアルネットカナダのデータによると、トロントの商用不動産に対する昨年の外国人投資は約11億カナダドル(7億7459万米ドル)と、07年以来の高水準だった。このうち金額が100万カナダドル以上の案件は39件で、全体の90%はカナダドル安が加速した下半期に集中していた。

関係筋によると、バンクーバーでは欧州の富豪であるクラウス・ミハエル・キューネ氏がブルックフィールド・カナダ・オフィス・プロパティーズからオフィスビルのロイヤル・センターを4億2000万カナダドルで購入する。この地域でのオフィスビルの購入金額としては過去最高だという。

キューネ氏の代理人とブルックフィールドの広報担当者はコメントを避けた。

一方、2000年代初頭のカナダドル安時にカナダで休暇用の物件を購入したものの、世界金融危機で手放さざるを得なかった米国の一部の買い手が及び腰なのも確かだ。

湖が点在し富裕層や著名人の大型コテージが集中するトロント北部のマスコーカでは住宅の改装が盛んだ。

不動産代理店を経営するボブ・クラーク氏は「マスコーカに物件を保有する米国人が大規模なリフォームを進めている。カナダドル安が理由だ」と話した。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ECB量的緩和、完全に停止すべきではない=オースト

ビジネス

ドル下落、111円台前半 FOMC声明はハト派的と

ビジネス

米国株式市場は3指数が最高値、金融政策据え置き 好

ビジネス

米FOMC、金利据え置き バランスシート縮小「比較

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀

  • 4

    株価はいつ暴落するのか

  • 5

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 6

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 7

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 10

    ヘンリー王子が語った母の死と英王室(前編)

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!