コラム

フーシ派海賊攻撃と、国際秩序を不安定化させる「3体問題」

2024年01月23日(火)16時57分
フーシ派

米軍(写真)と英軍はイエメン国内のフーシ派拠点を攻撃している US CENTRAL COMMAND HANDOUTーEYEPRESSーREUTERS

<英米のフーシ派攻撃でガザ戦争が中東全体に拡大するのではないかと懸念されているが、フーシ派の動きそのものは国際秩序の大転換を裏付ける一つの実例とも見なせる>

アメリカがイギリスと共に中東イエメンのシーア派武装組織フーシ派の拠点を立て続けに攻撃したことをきっかけに、地域情勢と世界経済への影響を懸念する声が上がっている。昨年10月来のガザ戦争が中東全体に拡大し、物流の混乱により世界経済にも壊滅的な打撃が及ぶのではないか、というのだ。

しかし、注目すべき点はそれだけではない。フーシ派の動きは、国際秩序の大転換を裏付ける一つの実例と見なせる。国際ルールによって国家間の対立を解決するという理想が後退し、さまざまな国や勢力が影響力圏を競い合うようになっているのだ。

イスラエルとパレスチナのイスラム組織ハマスの間で戦闘が始まって以降、フーシ派は紅海を通航する商船への攻撃を繰り返してきた。ガザ地区での「ジェノサイド(大量虐殺)」をイスラエルにやめさせることが攻撃の目的だと称しているが、標的になった商船はイスラエルと無関係の場合も多い。イランから資金と武器の支援を受けているフーシ派の真の狙いは、アメリカの仲介によるサウジアラビアとイスラエルの国交正常化交渉を妨害し、中東におけるイランの影響力を高めることにあるようだ。

これに対して、アメリカは1月に入って、数度にわたりイエメン国内のフーシ派の拠点120カ所以上をミサイルや戦闘機で攻撃している。しかし、フーシ派はアメリカとの対決に突き進んでいるように見える。

紅海は、世界の海上貿易の12%、海上石油輸送の9%が通過する海運の要所だ。紅海を避けてアフリカ南端の喜望峰を迂回する経路に輸送ルートを変更すると、所要期間が10日延び、コストも上昇する。現時点では世界経済への影響はまだ小さいが、中米のパナマ運河(など、ほかの海上輸送の要所も戦争や干ばつにより十分機能していない現状を考えると、今後サプライチェーンが混乱し、世界規模で物価上昇が進む可能性は高い。

フーシ派は中東におけるイランの影響下の勢力の1つにすぎない。イランは地域大国として中東で大きな力を持っている。

最近、イランはパキスタン領にミサイル攻撃を行い、パキスタンも報復としてイラン領にミサイルを撃ち込んだ。インドはフーシ派の商船攻撃を受けて海軍の艦船を派遣したが、商船の通航を守るためのアメリカ主導の有志連合には参加していない。サウジアラビアが有志連合に加わっていないことも目につく。一方、中国は昨年春、サウジアラビアとイランの国交正常化を仲介し、初めて中東で存在感を発揮した。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ポーランド大統領、トランプ氏と私的に会談 NYで

ビジネス

訂正(発表者側の申し出)トヨタ、プリウス生産を当面

ビジネス

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援法案20日にも採
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story