コラム

フーシ派海賊攻撃と、国際秩序を不安定化させる「3体問題」

2024年01月23日(火)16時57分
フーシ派

米軍(写真)と英軍はイエメン国内のフーシ派拠点を攻撃している US CENTRAL COMMAND HANDOUTーEYEPRESSーREUTERS

<英米のフーシ派攻撃でガザ戦争が中東全体に拡大するのではないかと懸念されているが、フーシ派の動きそのものは国際秩序の大転換を裏付ける一つの実例とも見なせる>

アメリカがイギリスと共に中東イエメンのシーア派武装組織フーシ派の拠点を立て続けに攻撃したことをきっかけに、地域情勢と世界経済への影響を懸念する声が上がっている。昨年10月来のガザ戦争が中東全体に拡大し、物流の混乱により世界経済にも壊滅的な打撃が及ぶのではないか、というのだ。

しかし、注目すべき点はそれだけではない。フーシ派の動きは、国際秩序の大転換を裏付ける一つの実例と見なせる。国際ルールによって国家間の対立を解決するという理想が後退し、さまざまな国や勢力が影響力圏を競い合うようになっているのだ。

イスラエルとパレスチナのイスラム組織ハマスの間で戦闘が始まって以降、フーシ派は紅海を通航する商船への攻撃を繰り返してきた。ガザ地区での「ジェノサイド(大量虐殺)」をイスラエルにやめさせることが攻撃の目的だと称しているが、標的になった商船はイスラエルと無関係の場合も多い。イランから資金と武器の支援を受けているフーシ派の真の狙いは、アメリカの仲介によるサウジアラビアとイスラエルの国交正常化交渉を妨害し、中東におけるイランの影響力を高めることにあるようだ。

これに対して、アメリカは1月に入って、数度にわたりイエメン国内のフーシ派の拠点120カ所以上をミサイルや戦闘機で攻撃している。しかし、フーシ派はアメリカとの対決に突き進んでいるように見える。

紅海は、世界の海上貿易の12%、海上石油輸送の9%が通過する海運の要所だ。紅海を避けてアフリカ南端の喜望峰を迂回する経路に輸送ルートを変更すると、所要期間が10日延び、コストも上昇する。現時点では世界経済への影響はまだ小さいが、中米のパナマ運河(など、ほかの海上輸送の要所も戦争や干ばつにより十分機能していない現状を考えると、今後サプライチェーンが混乱し、世界規模で物価上昇が進む可能性は高い。

フーシ派は中東におけるイランの影響下の勢力の1つにすぎない。イランは地域大国として中東で大きな力を持っている。

最近、イランはパキスタン領にミサイル攻撃を行い、パキスタンも報復としてイラン領にミサイルを撃ち込んだ。インドはフーシ派の商船攻撃を受けて海軍の艦船を派遣したが、商船の通航を守るためのアメリカ主導の有志連合には参加していない。サウジアラビアが有志連合に加わっていないことも目につく。一方、中国は昨年春、サウジアラビアとイランの国交正常化を仲介し、初めて中東で存在感を発揮した。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ、ロシア支配下のルガンスクにミサイル攻撃

ワールド

フーシ派、紅海で米駆逐艦など攻撃 パレスチナとの連

ワールド

ロシアの首都モスクワ郊外でドローン撃墜、破片が民家

ワールド

米テキサス州など4州で21人死亡、竜巻伴う雷雨 一
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 5

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 6

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    台湾を威嚇する中国になぜかべったり、国民党は共産…

  • 9

    トランプ&米共和党、「捕まえて殺す」流儀への謎の執…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story